2018年5月11日 (金)

ツツジの葛城山へ

年に一度、この時期ならではの山登りです。

標高959mのツツジの葛城山へ。

葛城山麓の自宅から往復全行程を歩きます。

Img_4975

この時期の葛城山は、山頂から南側に広がる高原台地にツツジの群落を見ることが出来、多くの観光客が訪れます。

ロープウエイでも気軽に登ることも出来るのですが、今日はハイキングコースで、自宅のある山麓から歩きます。

その、登山道は昨年の台風の災害で一部通行止めになったりしていたのが、この春から一部復旧しました。

登りは北尾根コース、下りは櫛羅の滝コースを往きます。

Img_4977

Img_4993

Img_4985_2

Img_4995

Img_4998

Img_5004

下山は櫛羅の滝コースを下ります。

昨年の台風で一部通行止めだったのが、この春から迂回コースが出来て通れるようになりました。

迂回コースは南側の深い谷を迂回して行くのですが、急な坂の泥んこ道です。

その通行止めになった登山道。かなり悲惨な状態です。

Img_5022_2

Img_5020

櫛羅の滝まで下りて来たのですが、櫛羅の滝周辺も景色が変わってしまっていて悲惨な状態です。

石畳の登山道、滝の下のベンチなど、完全に土砂で埋もれてしまいました。

Img_5031

この下の砂防ダムで土石流は止まったみたいで、下流には被害が出ていないようです。

Img_5030

台風の傷跡の残る登山道でしたが、この時期の葛城山はやっぱりいいですね。

2018年5月 4日 (金)

華の池

Dscn9159

ここは、飛鳥 岡寺。

Dscn9105

Dscn9133

Dscn9113_2

2018年4月28日 (土)

アルプス展望街道

86で一泊ドライブです。

いつもの信州へ。

信州へは北陸回りで、糸魚川から姫川をさかのぼり長野県へ入ります。

富山の雨晴海岸で、富山湾越しの立山連峰を見ます。

残念ながら雲が多くてほとんど見れませんどした。

Dscn8902

糸魚川から姫川をさかのぼり国道を走るのですが、トンネル、スノーシェッドが多くて景色が見えません。

旧国道は大糸線の駅、温泉の町などを眺めながら情緒ある景色とフォッサマグナの深い渓谷を見れたように思います。

数キロも続く現国道のスノーシェッド。

何キロもトンネルの中で景色を見ることが出来ません。

Img_4810

なるべく旧国道を走って、

姫川の景色。

Img_4822

Img_4824

この時期の水量は半端じゃない。

Img_4857

Img_4846

JR大糸線。

ディーゼルなのがいいですね。電柱、架線がなくって。

Img_4784

Img_4843

旧国道も立派なスノーシェッドがありますが、通る車はほとんどありません。

Img_4853

40年ほど前の国鉄時代に急行北国 青森行きで糸魚川で下車して、糸魚川から小谷~乙見山峠を自転車で越えたことがあり、ここを走っているのですがあまり覚えていません。

上のスノーシェッドが現国道で下が旧国道です。

Img_4868

白馬山麓をうろうろして、鬼無里街道へ入ります。

Img_4881

Img_4888

鬼無里街道への入り口にある、大出公園。 

絶景です。 

これぞ里山の景色とアルプス。

Img_4897_2


Img_4909

サイクリスト憧れの峠。 

残念ながら今日は86、自転車はたまたま居合わせたローディーの物。

Dscn8976

何人もロードバイクで訪れていましたが、ランドナーのサイクリストは皆無です。

Dscn8999

小川村、信州新町はアルプス展望街道が。

Img_4946

Dscn9025

こちらは、高原 菜の花です。

Dscn9048

Dscn9037

帰路は木曽路を南下して、今日もご機嫌な86でした。

2018年4月22日 (日)

86オフ 伊吹山

86オフ 伊吹山 2018.04.22に参加して来ました。

トヨタ86発売以来 毎年恒例になっている伊吹山ドライブウェー開通記念に合わせて行われる86オフ会です。

某掲示板で告知のあった愛知組、滋賀組、岐阜組のオフ会で、私はいつも御世話になっている岐阜組にお邪魔して来ました。

岐阜県内の某道の駅に24台の86が集合して伊吹山を目指します。

私の車は一番手前にあるやつで、相変わらずのどノーマルです。

Dscn8761




Dscn8765

Dscn8774

山頂駐車場には86オフ会専用の駐車場所が約100台分確保されていて次々に入って来ます。

Dscn8791

Dscn8837

空いた時間で山頂までハイキング。

Dscn8809

Dscn8810

Dscn8803

高山植物もちらほらと綺麗。

Dscn8798

Dscn8797

Dscn8813

この写真は午前中でしたから、午後からはもっと台数が増えて86だけでも100台越えです。

Dscn8820

ロードスターのオフ会も。

Dscn8882

Dscn8874

すみっこで、地味にポルシェも。

Dscn8853

下界に下りてきて皆さんでお茶をして解散でした。

お茶をしたこの店の御自慢で「耳たぶケーキ」ですって。

Dscn8895

2018年4月20日 (金)

地蔵峠を越えて

今日は黒滝村の地蔵峠を越えて丹生川を五條まで下ります。

峠への道端にはシャガが咲いています。

Dscn8693

地蔵峠への旧道はトンネルの前から始まります。

Dscn8697

おなじみの鳥住の山里。

Dscn8699

Dscn8707

Dscn8702

Dscn8706

切り通しの地蔵峠。標高553メートル

Dscn8714

峠を越えて黒滝村へ。

この峠から五條の吉野川まで出るのに約35キロほどあります。

五條まで、緩やかな快適な下りの道が続きます。

黒滝の森物語て゛。

Dscn8716

移築した黒滝村の旧役場。

Dscn8715

丹生川上神社下社でお参りをして。

Dscn8719

廃校になった旧丹生川小学校。

Dscn8728

Dscn8731

Dscn8735_2

丹生川沿いの道。

Dscn8744

Dscn8745

八ツ川のトンネルを越えると樺の木峠から下市へ出ますが、反対の城戸へ下ります。

Dscn8746

Dscn8749

城戸へ出て国道168号線を走りますが、気になる秘密の道を少しだけ寄り道して。

Dscn8753

Dscn8758_2


五條の吉野川には早くも鯉のぼりが泳いでいます。

Dscn8760

今回のルートラボは「こちら」です。

Photo

2018年4月16日 (月)

桜が終わって

桜が終わって、また色とりどりに。

Kimg0463

Kimg0460

Kimg0461

2018年4月13日 (金)

和束 童仙房を行く

今日もJR木津駅前に86をデポして自転車で走ります。

木津~和束~信楽~多羅尾~童仙房~大河原~笠置~加茂、と走ります。

多羅尾、童仙房は標高400~600メートルの高原台地。伊賀の街並み大和高原が一望できます。

また、三国越林道から木津川の大河原への豪快なダウンヒルも楽しみの一つです。



加茂で木津川から離れて、和束の宇治茶の産地へと入って行きます。

Dscn8588

和束隧道、湯舟隧道を越えて。

Dscn8591

Dscn8593

このトンネルも昔のままでした。

こちらのコンクリート橋も昔のままです。

Dscn8601

和束は「日本で最も美しい村」連合ですって。

Dscn8607

信楽に入って小峠を越えて多羅尾へと入って行きます。

戦国時代に湯舟とか多羅尾とかは甲賀伊賀忍者の隠れ里でした。

今でも代官所跡、山城跡やらあって当時を偲ばせます。

本能寺の変で家康の伊賀越えで有名になった地でもあります。

Dscn8616

多羅尾から三国越林道へと入って行きます。

滋賀県、三重県、京都府の3県の県境を東西に走る林道です。

ピークは標高600メートルほど。

そのピークに三国越え展望台があります。

Dscn8629

Dscn8621

展望台から大和高原、高山ダム、伊賀の街並みが展望できます。

その高山ダム。

Dscn8624

月ヶ瀬の町と道の駅。

Dscn8623

アップダウンを繰り返しながら童仙房の山里に入ります。

Dscn8634

童仙房の野殿

Dscn8644

この後、木津川の大河原へと豪快なダウンヒルが続きます。

Dscn8649

Dscn8652

木津川まで下りてきました。

JR大河原駅。駅前の沈下橋。

Dscn8666

Dscn8675

この後、ゆっくりと木津川沿いの国道を走ります。


今回のルートラボは「こちら」を見てください。

Photo

2018年4月12日 (木)

大仏鉄道ポタ

幻の大仏鉄道の遺構をポタってきました。

今から120年ほど昔、加茂から奈良まで約10キロほどを走っていた鉄道が大仏鉄道です。

このコースには急坂の難所があり、新しく平坦な加茂~木津~奈良ルートに替わり、

この大仏鉄道は約9年で廃線になりました。

そんなわけで詳しいことはあまり分かっていなくて、「幻の大仏鉄道」と呼ばれるそうです。

廃線跡には、今でも隧道や橋台などの遺構が残ってその姿を少しだけ見ることが出来ます。




JR木津駅に86をデポして加茂から奈良までの廃線跡を自転車で走ります。

写真はJR加茂駅で、近代的な駅に替わってしまっています。

Img_4669

加茂駅の横にあるランプ小屋。 

Img_4670

小学校の横あるC57

Img_4676

観音寺橋台跡。

手前が遺構で奥が現行の関西本線。

Img_4694

梶ケ谷隧道。

Img_4712

Img_4710

赤橋。

Img_4715

梅谷口にある梅谷区公民館。

じつは、23歳から35歳まで大和郡山に住んでいて、このコースは良く自転車で走っていたのです。

加茂から竹林を通って梅谷に出てドリームランドの前を通って奈良の町中へ出るコースは、木津を回るよりも近道なんです。

この梅谷区公民館もたぶん昔のままです。今は梅谷カフェですって。

Img_4723

以前はあまり気にもせずにレンガ造りの橋やトンネルを見ていたのですが、

改めて、大仏鉄道の遺構として見ると、当時の面影をしのぶことが出来ます。

梅谷からは住宅地に入って行き、国境食堂、ドリームランド、鴻ノ池運動公園となじみの景色になります。

最後は佐保川にある大仏鉄道記念公園でおしまいです。

Img_4729

帰りは奈良公園、奈良坂から木津へと戻ります。

Img_4743

奈良坂の景色

Img_4745

Img_4747

Img_4752

Img_4753

86をデポしてある木津に戻って今回はおしまい。

明日も木津からスタートして、和束、信楽、童仙房を巡ります。

2018年4月 4日 (水)

吉野山へ

今日も自転車で吉野山の桜を見に行きます。

コースは下市から県道才谷吉野山線で吉野山に入ります。

吉野山では中千本~上千本と登り西回りのドライブウエイで金峰神社まで行って、

激坂を下って高城山、花矢倉展望台と桜見物のメインコースを下りてきます。

途中の才谷で才谷稲荷神社の稲荷桜を見に山里に入りました。

村の入り口で、こんなものが迎えてくれます。

Dscn8417

今回、カーボンロードにフロントバックを付けました。

ブルックスのサドルバックをフロントに付けています。



その稲荷桜です。

Dscn8430

才谷の山里の一番高い場所にありました。見事に大きな老木です。

Dscn8436

かなり散り始めていて少し残念でしたが満開なら見事なものでしょう。

ここから才谷の山里が見渡せます。

Dscn8432

県道からはその村の全貌が分からなかったのですが、ここからなら良く分かります。

結構な戸数の家があることが分かりますが、住んでいない家屋が多いようです。

廃校になった小学校の建物がありました。才谷小学校みたいです。

Dscn8437

ここの運動場に咲く桜がまた見事で。

Dscn8425

Dscn8427

才谷を後にして小さな峠を越えて吉野山に入ります。

Dscn8439

平日だからとそれほど混んでいないだろうと思っていたのですが、

大きな間違いでした。 

狭い山道は他府県ナンバーの車で大渋滞、一部歩行者天国、

自転車で来るような場所ではないですね。

Dscn8451

Dscn8443_2

Dscn8459_2

Dscn8477

Dscn8489

人と車で大混雑の吉野でしたが、やっぱり吉野山はいいですね。

2018年4月 2日 (月)

又兵衛桜

飽きもせずに今日も桜ロードを走ります。

今日は津風呂湖の桜と大宇陀の又兵衛桜を見に行きます。

吉野へは芋ヶ峠を越えます。

飛鳥川 川原寺付近の桜。

Dscn8355

芋ヶ峠への道は、通行止めのままで荒れ放題。

Dscn8259

吉野側の崩落現場もそのままです。

Dscn8269_2

津風呂湖のみかえり橋

Dscn8271

津風呂湖畔を廻って。

Dscn8283

津風呂湖畔の桜。

Dscn8291

津風呂湖の入野(しおの)の桜並木。

Dscn8301

お昼はこんなところで頂きました。

Dscn8323

Dscn8319

又兵衛桜です。

Dscn8331

Dscn8382

Dscn8369

Dscn8363

天益寺の桜

Dscn8346

大宇陀 松山街道。

Dscn8350

帰りは女寄峠を行きます。

トンネルになってしまって、ほとんど通る車がなくなった寂しい峠です。

Dscn8354

次は吉野山へ行こう。

«桜ロードポタ