2019年11月13日 (水)

この時期の橋本院

金剛葛城山麓の高天ヶ原に登ってみました。

Img_6404

金剛葛城山麓の高天ヶ原、標高400メートルの山里です。

高天ヶ原の奥に橋本院があります。

ちょうど紅葉がきれいです。

Img_6381

Img_6400

Img_6384

お庭には桜の木があって、この時期ならではの冬桜が咲いています。

Img_6398

Img_6389

Img_6394

久しぶりに乗るアルプススポルティーフでした。

Img_6371

 

2019年11月 9日 (土)

黒滝村へ2台のスポルティーフで

黒滝村へ下見を兼ねて2台のスポルティーフで行きます。

五條を出発して黒滝村 地蔵峠を目指します。

帰りは城戸から五新線を走りました。

Dscn8381

Dscn8411

Dscn8436

Cimg1422

Dscn8463

Dscn8473

Dscn8489

Cimg1440

Dscn8492

Cimg1496

Dscn8539

Dscn8550

Dscn85641

                         一部写真はK先輩サイクリストさんからお借りしました。

K先輩サイクリストさんの、紅葉の黒滝村・五新線ツーリングは来週の予定です。

2019年11月 6日 (水)

木曽路で五平餅 2日目

今日は86ドライブです。

木曽駒高原の宿を出発して乗鞍高原から安房峠道路を通って岐阜県へ入り岐阜を南下して帰ります。

藪原から境峠を越えて奈川に入り、上高地乗鞍スーパー林道へと。

Dscn8195

Dscn8199

スーパー林道の白樺峠。

Dscn8217

峠を越えると乗鞍が目の前に現れます。

Dscn8235

Dscn8280

乗鞍高原

Dscn8289

白骨温泉への峠道では乗鞍がいっそうに近づきます。

Dscn8310

コロナ観測所のドームが良く分かります。

Dscn8313

安房峠道路で岐阜へと入ります。

安房峠、平湯峠への旧道、乗鞍スカイラインなどはすでに冬季閉鎖に入っています。

高山市内に入って、高山から見る乗鞍。

Dscn8337

岐阜県を南下して、ひるがの高原。

Dscn8345

郡上八幡から少し山に入ると、こんなものがあります。

モネの池です。

Dscn8376

結構な山の中です。

板取の、あじさい街道の小さな神社の前の小さな池です。

Dscn8364

岐阜県を南下して帰路へと。

一泊二日の旅、自転車は65キロほどでしたが、トヨタ86は800キロほど走りました。

 

2019年11月 5日 (火)

木曽路で五平餅

今回は一泊旅行で、

一日目は木曽路で五平餅を食べにトーエイスポルティーフで走ります。

二日目は86でドライブ、乗鞍高原から安房トンネルを越えて岐阜県へと入り、岐阜を南下して帰ります。

 

その一日目、木曽駒高原の古びた宿に車を預けて、

朝の8時から自転車で走ります。

Dscn7838

国道19号線の、「ただいまの気温」は0度、寒い。

でも快晴。

Dscn7844

向かうは木曽路、開田高原へと。

Dscn7875

峠道は冬の感じ。

Dscn7917

峠道の途中にある唐沢の滝。

Dscn7888

滝のそばまで入ってみます。

Dscn7913

標高1335メートルの地蔵峠に到着。

Dscn79251

Dscn7931

地蔵峠展望台からからの御岳山

Dscn7944

Dscn7956

峠からはるか乗鞍が見えます。

Dscn7934

峠からの下り道。

Dscn79411

今はありませんが、開田高原のの森林鉄道。

昭和の初めに作られた森林鉄道で、

上松から、三岳、床並、渡合、古屋敷、小野原、畑福沢を走っていたそうで、

今回走ったコースをそのまま峠手前から上松まで森林鉄道が走ります。

木曽の森林鉄道と言えば、赤沢美林の森林鉄道くらいしか知らない者にとってはびっくりです。

Dscn7976

開田高原 木曽馬の里から。

Dscn7979

Dscn8006

Dscn8015

赤い紅葉の木は、ブルーベリーの木です。

夏のブルーベリー狩り用の、背の低い木が並びます。

Dscn8036

そば屋の庭先。

Dscn8039

九蔵峠からの御岳山

Dscn8045

開田高原を流れる西野川。

Dscn8051

Dscn8055

時おり御岳の噴煙が上がります。

Dscn8058

開田高原から西野川、大滝川の深い谷を下ります。

Dscn8094

道を下って木曽谷に近づくと、

中央アルプス木曽駒ケ岳が見え隠れします。

Dscn8106

福島に戻って町の入り口にある調整ダム。

木曽川の町です。

Dscn8126

旧中山道の宿場町 木曽福島。

Dscn8163

Dscn8175

 

で、肝心の五平餅は、

美味しそうなお店がなかなか無くって、

道の駅で食べましたが、大宇陀の五平餅が美味しいような。

 

でも、でも、

紅葉の開田高原、木曽路を満喫。

 

この後、宿に戻って、明日は86でドライブです。

 

今回のルートラボは「こちら

走行距離 65キロ

最大標高差 598メートル

獲得標高 1281メートル

最大標高 1335メートル (地蔵峠)

2019115

Dscn8100

 

2019年11月 3日 (日)

天川弁財天の喜多郎

こんなのを観に行きました。

奈良県天川村 天川弁財天での、シンセサイザー音楽の第一人者による喜多郎のコンサートです。

 

コンサートは夕方の5時開演で、暗闇迫る7時過ぎまであり、

熱い演奏でしたが、天川村の夜は想像以上に寒かったです。

2019113b

2019113a

 

 

2019年11月 2日 (土)

大宇陀で五平餅

大宇陀 関戸峠の五平餅を頂きます。

コースは飛鳥の芋ヶ峠を越えて吉野に入り三茶屋から関戸峠を越え五平餅を食べて、

宮奥ダムから大峠トンネルで多武峰から飛鳥へ下りてくるコースです。

 

飛鳥から芋ヶ峠への道を進みます。

稲淵では稲刈が始まっています。

稲渕の棚田は日本の棚田百選に選ばれるほどの綺麗な棚田です。

今日は棚田オーナーが集まり、共同稲刈りのようです。

Dscn7617

今日も峠道は太陽光線がいい感じ。

Dscn7625

芋ヶ峠を越えて吉野へ入り三茶屋を過ぎ、

関戸峠を越えて、関戸峠の五平餅へ。

 

その五平餅。

お安くて美味しい。

Dscn7649

味は信州とか飛騨に負けていない。

写真を撮る前に少しかじりました。美味しいです。

Kimg0983

奥の、お庭で頂きました。

Dscn7660

大峠を越えます。

その前に宮奥ダムで、お昼ご飯にして。

Dscn7668

Dscn7671

大峠トンネルを越えます。

Dscn76861

トンネルの長さは1800メートルほどですが、車の通過が少ないので真ん中を堂々と走ります。

記念写真も車を気にせず余裕で。

Dscn7695

談山神社の参道へと、山門です。

Dscn7708

参道は坂がきつくて押しが入ります。

Dscn7714

Dscn7726

紅葉はまだまだってところ。

Dscn7729

少しだけ。

Dscn7747

談山神社

Dscn7750

飛鳥への下りはなるべく村道へと入ります。

Dscn7779

帰り道、こんな光景を見ました。

古墳バーベキューですって。

高取町の与楽古墳群で今日と明日。

Dscn7788

 

五平餅を食べに大宇陀まで走りましたが、本当は信州の五平餅が食べたい。

信州に行きたい。

 

2019年10月31日 (木)

大台ケ原を歩く

大台ケ原を単独行でハイキング。

 

ところがその道中で、お昼ご飯を買おうと思ってコンビニに寄った所、

元会社の先輩と偶然にも鉢合わせをしました。

何処へ行くの、大台ケ原、え大台ケ原、え、大台ケ原へハイキングに、

おんなじやんか、てな事で。

元会社の先輩、三人グループさんと仲良く山登になりました。

先輩とは若い頃、一緒に北アルプスの奥穂高へ登ったことがあります。

 

コースは大台駐車場から定番コースで時計回り、

日出ヶ岳~正木ヶ原~牛石ヶ原~大蛇嵓~シオカラ谷吊り橋、ゆっくり回って5時間コースです。

 

日出ヶ岳を目指します。

Dscn7413a

Dscn7416a

日出ヶ岳 標高1695メートル。

ここからは富士山が見えるとかですが、さすがに見えません。

でも、霞んでいますが間近に太平洋が見えます。

Dscn7419a

山頂展望台から。

Dscn7427a

Dscn7437a

正木ヶ原へ向かいます。

Dscn7441a

正木ヶ原

Dscn7449a

Dscn7467a

Dscn7469a

Dscn7473a

牛石ヶ原

Dscn7502a

大蛇嵓へ向かいます。

Dscn7521a

絶壁の大蛇嵓

Dscn7530a

シオカラ谷吊り橋

Dscn7557a

駐車場へ戻ります。

Dscn7569a

駐車場はもうすぐです。

Dscn7575a

無事に到着。

自転車で登る大台ケ原もいいですが、やっぱり大台は歩いてみないと。

紅葉はいまいちで、もしかしたら台風の影響で葉っぱが落ちたのかもしれませんね。

 

この後、86で爆走です。

Dscn7602a

久しぶりに登った大台ケ原でしたが、やっぱり単独で登るよりグループで登った方がより楽しいですね。

コンビニで先輩に出会ったことが良かったです。

Img_20191101_0002

 

 

今月の走行距離

10月の走行距離です。

 

トーエイスポルティーフ   走行距離 350キロ 走行日数 6日

トレック エモンダ SL-6 走行距離 80キロ 走行日数 2日

 この10月は雨の日が多くてあまり走れませんでした。

 トーエイの後輪が摩耗しているのでタイヤを交換しました。約2年です。

 

トヨタ86 走行距離 1036キロ 平均燃費 13.6キロ/L

 普段はあまり乗らないようにしています。

 なるべく86に乗らないようにするため、今月から詳しく走行距離を記録するようにしました。

 どこまで車の使用を減らせるかみものです。

 ただ車を使わないというのではなくって、普段使いはなるべくやめて、遊びに行くときは

 徹底して遊ぶという事です。

 

2019年10月30日 (水)

今日もホームコースで

今日もホームコースで大阿太を越えて、吉野川を五條まで下って帰って来ます。

帰り道に北宇智に寄って見ました。

JR北宇智駅、和歌山線の金剛山麓 風の森峠の南側にある駅で、

峠の途中にあって、2007年までスイッチバッグで北宇智駅に入っていました。

今は、昔の面影はありません。

Dscn3613

駅からすぐ近くの、

有形文化財の藤岡家住宅。

Dscn3619_20191030181401

なんか、お洒落。

Dscn3622

すぐ隣の、

八幡神社。

Dscn3625

その奥の、

御霊神社。

参道の正面に金剛山が鎮座します。

Dscn3627

山麓線に登って、彼岸花の時に綺麗だった、

伏見の農業用溜池。

Dscn3630

山麓線から下りてくると、柿畑が食べごろのいい色になっています。

Dscn3634

Dscn3636

紅葉まじかな金剛葛城路です。

2019年10月29日 (火)

寒い雨です。

こんな日は、部屋にこもってレコード鑑賞でも。

先月、消費税が上がる前に買ったスピーカーで。

デンマーク生まれの小さな巨人。

DALI MENUET

 

購入からほぼ一カ月が経ってエージングも終わって音がなじんできました。

Dscn7367

今どきのブックシェルフは小さくっても良い音が鳴ります。

お隣の大きいのは、骨とう品のヤマハNS-1000Mで、

40年も経っているのに、負けないで良い音を出しています。

 

«ホームコースで一回り