2019年9月16日 (月)

小学校カフェーで

嫁さんと下北山村の温泉に行った道中で見かけた、

かわいらしいカフェーです。

台風被害で被災し取り壊す寸前だった小学校をリノベしてカフェーに生まれ変わったそうです。

Dscn5757

Dscn5723

Dscn5724

Dscn5736

Dscn5733

廊下の向こうはパン工房。

Dscn5739

Dscn5742

Dscn5745

 

2019年9月15日 (日)

かかし道と芋ヶ峠

かかし道と芋ヶ峠を往きます。

飛鳥 高松塚古墳公園を抜けて朝風峠へ。

Dscn5528

稲渕の棚田の見える峠から。

Dscn5578

稲渕の村の入り口には、

3日前にはまだ工事中だった新築のトイレと休憩所、この連休にオープンしたようです。

Dscn5595

今年の案山子の数はなんか少なそうです。

Dscn5593

早咲きの白と黄の彼岸花は満開ですが、

このところの猛暑のせいでしょうか、赤い彼岸花はまだ咲いていません。

Dscn5586

Dscn5592

稲渕、柏森の山里を抜けて峠道へと入って行きます。

Dscn5597

Dscn5606

峠を越えて千股へ下りてきました。

Dscn5609

上市から五條まで吉野川を下ります。

Dscn5616

Dscn5611

Dscn5613

Dscn5617

五條のモンベル近くにはこんな光景が見れますが、もう夏の水遊びも終わりでしょうか。

Dscn5618

Dscn5627

五條から重坂峠を越えて帰路へと。

2019年9月12日 (木)

40年前の名機

サエクからとんでもないアナログレコードプレーヤーのトーンアームが発売されています。

Saec1

 

40年前に生産されたアームの改良進化版なんですが、驚きはそのお値段です。

 

Saec

40年前に発売されたサエクWE-407/23を原器として現代風に改良したものだそうですが、

値段がすごいことになっていて、119万円とか。

最初にこの記事を見た時は11万9000円かと思っていたのですが、とんでもなく間違いで桁が違いました。

 

こんなトーンアーム誰が買うのでしょうね。

ちなみに40年前のサエクWE-407/23のお値段は6万7000円です。

その40年前の6万7000円です。

Img_6214

 

2019年9月 2日 (月)

案山子道とホテイアオイ

明日香村 稲渕の案山子道を往きます。

Dscn3528

案山子もぼちぼち並んでいて、少し秋の気配です。

Dscn3533

朝風峠を越えて。

Dscn3538

Dscn3537

この後、畝傍御陵前の本薬師寺跡へ。

満開になったホテイアオイを見に行きます。

Dscn3540

Dscn3547

Dscn3544

今日は新調したフロントバッグで来ています。

以前の物より少し大きなフロントバッグで、

お弁当とコーヒーを作れる火器とおやつが余裕で収まって、

これからの秋のシーズンに活躍してくれそうです。

Dscn3554

Dscn3549

Dscn3551

Dscn3548

2019年9月 1日 (日)

マイクロ自転車

マイクロの場所にマイクロな自転車がやって来た。

Img_6205

Img_6212

エアロベースのマイクロ自転車です。

 

2019年8月31日 (土)

今月の走行距離

8月の走行距離です。

 

トーエイスポルティーフ   走行距離 0キロ 

アルプススポルティーフ   走行距離 44キロ 走行日数 2日

トレック エモンダ SL-6 走行距離 338キロ 走行日数 9日

 早朝に走ることが多かったです。

 暑くて遠出はしていなくて、いつものホームコースばかりを走っていました。

 

トヨタ86 走行距離 1175キロ 平均燃費 13キロ/L

 一泊で北陸の温泉旅行へ行ったので走行距離がのびてしまいました。

 来月は6年目の12ヶ月点検を受けます。

 

2019年8月26日 (月)

高野山へ避暑に

標高1000メートルにもなる高野山へ、トレックのロードで避暑サイクリングに行きます。

奥の院の駐車場に86を停めて出発です。

Dscn5439

コースは県道高野天川線で桜峠から天狗木峠、高野辻と東側の尾根道スカイラインを走り野迫川村役場へ。

県道川津高野線で北股、大股、桧股から林道桧股線で方峠からスカイラインへ出て奥の院までスカイラインで戻ります。

奥の院駐車場を朝の7時に出発して桜峠、天狗木峠へと。

標高が高いこともあってとても涼しいスタートです。

Dscn5443

天狗木峠で。

Dscn5446

通行止めの看板が嫌な予感がします。

Dscn5448

高野辻で一休み。

Dscn5449

Dscn5453

この付近、雲海を見るポイントとして有名です。

Dscn5460

荒神口から池津川へ下る高野辻堂線は通行止めです。

Dscn5463

野迫川村役場前まで下ってくると思いもよらない看板が。

県道川津高野線が通行止めです。

野迫川温泉から林道桧股線でスカイラインへ出る予定だったのですが、先へ進めません。

この道、野迫川村を南下するメインストリート的な道なんですが、一週間ほど前に崩れたみたいです。

Dscn5465

大幅予定変更でとりあえず鶴姫へと。

野迫川口からスカイラインへと走ります。

Dscn5469

スカイラインにある熊野古道、水ヶ峰へと入る道。

Dscn5473

おなじみの鶴姫。

Dscn5478

Dscn5479

展望台へと登ります。

Dscn5488

Dscn5490_20190827093901

展望台からのパノラマ。

Turuhime

Dscn5492

Dscn5484

Dscn5494

鶴姫前から出ている林道タイノ原線はながらく通行止めのままで、復旧のめどもないようです。

Dscn5504

高野龍神スカイライン下ります。

下りきると御殿川と並走します。なかなかの清流で、有田川の源流域です。

Dscn5512

最近出来たバイパスで大門前まで行きます。

Dscn5515

車の通行量も少なくって気持ちのいい道です。

この道、トンネルが4本連続しています。

Dscn5519

大門前まで帰って来ました。

Dscn5524

高野山の町へ戻って、ゆっくりと高野山の町を散策しながら奥の院へと戻ります。

 

予定していたコースを走れませんでしたが、久しぶりに行った鶴姫など、高原避暑地サイクリングなかなか良かったです。

 

2019年8月25日 (日)

フロントバックを新調

フロントバックを新調しました。

Dscn5429

名古屋にあるカバン屋さんで、一カ月前にお店まで行ってオーダーして来たのです。

それが今日届きました。

スタンダードなタイプ8のカバンから、高さは自転車合わせで、前後幅を20ミリ長く、

後ろ開きの蓋を前開きに変更して、前のポケットを20ミリ長く、後ろポケット省略、

ハンドルにつけるベルトの位置をギッドネットに合わせて調整、などといろいろと文句を付けて。

その結果、

トーエイスポルティーフに合わせてピッタリに仕上がっています。

 

以前作ったのはタイプ5で少し小ぶりでしたので、少しだけ大きなものをと。

Dscn5432

これから秋のツーリングシーズンが楽しくなりそうです。

Img_6182

 

2019年8月24日 (土)

ヘッドライト磨きで

6年目を迎えるトヨタ86ですけれど、

ヘッドライトに曇りが出始めていて、黄ばみも少し出ています。

安物のヘッドライト磨きで磨いてみました。

ピカールを薄めたような液体で、ごしごしと。

ところが、あんまりきれいになりません。

Dscn5427

 

そうだ、これでレコードプレーヤ―のダストカバーを磨いてみようと。

38年物のプレーヤーのカバー、結構キズも多くて曇りも。

Dscn5423

めちゃくちきれいになりました。

車と違って普通のアクリルですから材質が柔らかいのでしょう。

アクリルのカバーに付いた曇りキズが取れて、

まるで新品みたいです。

もうすぐ40歳を迎えるアナログレコードプレーヤーですが新車みたい。

86はきれいにならなかったけれどね。

2019年8月22日 (木)

今日も朝からいつものコースで

今日も早朝から走ります。

葛城古道へ

九品寺の参道を上がって行きます。

Dscn3516

九品寺横の番水の時計。

はやいもので、来月には彼岸花でにぎわうところです。

Dscn3519

Kimg0924

番水の時計

葛城山から流れてくる水を見守っている時計です。

決められた時間が来ると水路の門を調整して、どこの水路へ水を流すかを決めています。

 

風の森峠への旧道で。

Dscn3520

Dscn3521

この後、

船宿寺から風の森峠を越えて重坂へ出る小さな峠を越えて、

重坂、吉野口へと廻ります。

 

«今日も早朝から