2018年9月24日 (月)

九品寺の彼岸花

一番綺麗な彼岸花はやっぱりここでしょうか。

葛城山麓の九品寺、駐車場横の小さな丘です。

すぐ横には番水の時計なんかもあったりします。

Kimg0629

飛鳥稲淵の棚田の彼岸花も有名できれいなんですが、今年は棚田がイノシシに荒らされて花の数が少ないようです。

今年の葛城山麓はとても綺麗だと思います。観光客もカメラマンも多くて大変ですが。

Kimg0630

2018年9月23日 (日)

5年目の86

トヨタ86、5年目の車検が先日、終わりました。

今回、交換した部品の中で、ディクセルのブレーキローターとパッドがあります。

純正ではなく社外品です。

ディクセルのローター タイプPD。

ディクセルのパッド タイプM。

ともにストリート用です。

フロント

Img_5433

リャー

Img_5441

新品はやっぱり綺麗。

慣らし走行が必要で、しばらくは、おとなしく走らなくてはなりません。

トヨタ86のGTグレードのブレーキは、ブレーキペダルを深く踏み込んでブレーキを掛けるタイプなので、

やや効きが悪い感じがするのですが、今回の交換で少し改善されるかもしれません。

今回、ケミカル製品もいくつか使用しています。

その一つ、吸気系クリーニングで、ワコーズのRECS施工をしました。

エンジンシリンダー、バルブの洗浄剤をエンジンを回したまま、

洗浄剤を点滴を入れるように僅かづつ入れて、洗浄して燃焼させ排気ガスで追い出します。

ガソリン添加剤もGRガレージのお勧め品を入れることにしました。

トヨタ86 5年目、走行距離10万キロ弱、少しくたびれかけた車をリフレッシュして、これからも安全運転で爆走します。

2018年9月22日 (土)

君と歩いた青春

Kimg0624

今年も来てしまった「君と歩いた青春」

大阪城ホールに集まるお客は、年寄りばかり、老人向けのコンサートです。

皆さん40年も50年も昔の若者ですから。

Img_20180921_0002

今年で、この「君と歩いた青春」のコンサートも10周年だそうで、

今日のゲストは常連みたいな押尾コータロ―、姫野達也、

それと終わり際に顔を出してくれた北山修。

堀内孝雄はいつの間にかレギュラーになっているし、老人パワー炸裂の愉しいコンサートでした。


会場は空席が無く満員。

Kimg0621

2018年9月19日 (水)

満開の彼岸花

葛城古道と飛鳥を少しだけ巡って来ました。

お彼岸すぎると色褪せて行くので、今頃が一番の見ごろでしょう。

葛城古道、一言さんの参道は満開です。

Dscn0326

Dscn0323

こちらは飛鳥、稲渕の棚田、案山子道。

Dscn0343

今年は西郷ドンです。

Dscn0352

私の中では、案山子も少し飽きてきたような気もしますが、

いまだに人気があるようで、今日も遠足の子供たち、年寄のカメラマンでいっぱいです。

まあ、人のことは言えないけれどね。

Dscn0344

白の彼岸花も綺麗。

Dscn0339_2

2018年9月16日 (日)

すっかり秋の気配

葛城山麓はすっかり秋の気配です。

Img_5410

船宿寺近くの小道では白い彼岸花が見られます。

Dscn0316

家の近くを廻って来ただけなので、葛城山麓、飛鳥をゆっくりと廻ってみたいものです。

2018年9月15日 (土)

軽量ペダル

トレック カーボンロードに使用しているペダルの軽量化。

カーボンロードでも野山を歩くみたいなハイキング的な走りをすることがあって、

ビンディングペダルはSPDを使用しているのですが、今までの奴はあまり好きではなくって。

Dscn0308

ネットを見ていたら新しいペダルが出ていました。

軽そう。小さい。値段もお手頃。

使っていたペダル片面フラットなペダルは両面踏むことが出来て便利なんですが、

デザインがイマイチなのであまり好きではありませんでした。

約100グラムの軽量化になりますし、少しだけスタイリッシュに。

欠点は8ミリの六角レンチで取り付け取り外しをするため、力を入れにくいことでしょうか。


ブルックスカンビウムを付けたことで少し重くなった自転車だったのですが、これでチャラです。

2018年9月11日 (火)

5年目の車検

早いもので、トヨタ86、来週に5年目の車検を受けることになりました。

今日は、車検の時の消耗品、交換部品などの確認のための前検査をしてもらいました。

5年目、走行距離は約9万6000キロで、

今回の交換部品は、

スパークプラグ、

ブレーキローター、ブレーキパット、

改良ボルト、

油脂関係は、

エンジンオイル、フィルター、

ブレーキフルード、ラジエター冷却液、デフオイル、オートマATF、

と、点検整備が入ります。

スバルの水平対向エンジンを積む86のプラグ交換は大変なようです。

エンジンヘッドはホイールハウスの際まで来ていて、ほんのわずかしか隙間がありません。

隙間が狭くて、プラグヘッドが見えない、プラグレンチを入れることが難しいんです。

スバルの整備工場では慣れているのか、周辺部品を外して、隙間からプラグレンチを入れるのですが、それでもプラグの穴を見ることは出来なくて、手探りで作業をするとか。 

トヨタでは、そんな無理な作業は好まないようで、エンジン本体を少し傾けて、確実にレンチを入れて交換をするようです。エンジンを傾ける作業は大変な作業ですが、確実な方法で交換するようです。そんなわけでトヨタでは、プラグ交換にかかる工賃は2万円と高額です。

改良ボルトとは、2014年のマイナーチェンジの時に、フロントサスペンションメンバーとリャーダンパー取り付けボルトが変更されたのがそれです。ボルトのフランジの厚さがアップされて剛性が向上するといったものです。今更ですが、低価格でグレードアップできます。

今回、車検をする整備工場は、車を買ったところの店ではなくって、トヨタのGRガレージですることにしました。スポーツカーに精通したトヨタの整備士が的確な整備をしてくれます。

ブレーキローター、ブレーキパッドも、お店お勧めの社外品でディクセルのストリート用をチョイスしました。

Gr_garage

5年目を迎える86、走行距離10万キロ弱、車検は来週、出来上がりが楽しみです。

2018年9月 1日 (土)

らるえっと vol.5

らるえっと vol.5

Photo_2

2018年8月30日 (木)

魔笛~

魔笛~パパゲーノの冒険

Photo

2018年8月26日 (日)

静岡まで望遠鏡を配達

この春から天文機材を売却しているのですが、ついに最後の機材を手放すことになってしまいました。

その機材、高橋のEM-200赤道儀とMT-160反射望遠鏡のセットで、

写真のセット一式です。

Dscn0870

引き取ってくれた方は静岡県の天文をこよなく愛しておられる私より3っ年上の方です。

今日はその方のご自宅まで望遠鏡を届けに行ってきました。

もちろん86のトランクにこれらの機材を積んで爆走です。



無事に引き渡しも終わって静岡県内をうろうろとして、

今夜は大井川上流の接阻峡の奥にある井川湖畔で宿を取りました。

こちらは、

大井川の下流の牧之原と島田を繋ぐ木造の橋、蓬莱橋です。

Dscn0015

時代劇に出てきそうな橋ですが、ここは越すに越されぬ大井川で、橋が完成したのは明治になってからだそうです。

全長897メートル、幅2.4メートル、通行料は100円です。

橋を往復して約1時間ほどの散歩です。

Dscn0052

ここから千頭に行くのですが大井川をさかのぼらないで、静岡市内に一度入って国道362号線で北上します。

狭い峠道を北上して千頭へ。

千頭の街並み。

Dscn0066

千頭、大井川鉄道本線の終点と大井川鉄道井川線の出発点です。

最近ではトーマス号の機関車が人気とか、夏休みでチビッ子がいっぱい。

Dscn0081

Dscn0093

近鉄電車も走ります。金谷~千頭の急行ですって。

Dscn0080

やっぱりSLはC11でしょう。

Dscn0083

Dscn0114

電気機関車もしぶい。

Dscn0115

千頭を後にして大井川をさかのぼって接阻峡へと入って行きます。

道は先日からの台風の影響で路面が悪くて86向きのコースではないのですが、安全運転で。

Dscn0128

ときおり、渓谷を走るトロッコを見ることが出来ました。

Dscn0120

レインボーブリッジを渡るトロッコ。

Dscn0174_2

奥大井湖上駅とレインボーブリッジ。

この撮影ポイントへ徒歩で行くのが大変でした。

Dscn0177

Dscn0259

Dscn0184

今日の宿は井川湖畔で。

Dscn0216

宿の晩御飯。

鹿の刺身と串焼きにしたもの、熊の肉の鍋、イワナ、山菜の天ぷら、山菜の酢漬け、地元で採れた食材ばかりで頂きます。

Kimg0605

翌日は寸又峡、川根を経て国道362号線で西へ天竜川方面へ出ました。

Dscn0262

寸又峡にはこんなものがありました。

Dscn0263

南アルプス山岳図書館ですって。

Dscn0265

なかなか立派です。

Dscn0266

早朝の林道は気持ちがいいですね。

Dscn0224

大井川を下っているとトーマスの機関車が走っていました。

Dscn0273_2

川根は静岡県のお茶の産地、道の駅「フォーレなかかわね茶茗舘」でお茶を頂きます。

Dscn0267

茶室に案内されて川根茶を頂きました。

Dscn0268

これで300円、コーヒーを飲むつもりで入ったら静岡のお茶ですって。

Dscn0269

その川根茶の産地、天空の茶畑です。

Dscn0282

国道362号線を爆走して天竜二股、浜松へ下りて行きます。

途中で秋葉神社下社で交通安全を願って。

Dscn0289

秋葉神社上社はかの有名な天竜スーパー林道の秋葉山山頂にあり、

自転車のヒルクライムコースで有名です。

もちろん86の峠コースとしても有名です。

その天竜スーパー林道の詳しくは「こちら」

井川湖については「こちら」

望遠鏡を引き渡しに行った静岡旅行でしたが86ドライブでご機嫌な2日間でした。

«醒ヶ井の梅花藻