2019年1月14日 (月)

丹生都比売神社まで

和歌山県かつらぎ町の丹生都比売神社までトレックで走りました。

丹生都比売(にうつひめ)神社は高野山西山麓にあり、高野山詣で最初に訪れる重要な神社でもあます。

かつらぎ町大野地区の標高400~500メートルの高原台地を訪れます。コースは国道24号を走り九度山から高野山道路を矢立まで登り、かつらぎ町大野へと入って行きます。

九度山の駅で一休み。相変わらず六文銭の町です。

Dscn2139

九度山から矢立まで高野山道路で登るのですが、車は京奈和でかつらぎ町から国道480号で高野山へ登る車が増えて、九度山から矢立までは車の通行が少なくって自転車向きの走りやすい道になっています。

10キロほど高野山道路を走って矢立の分岐まで行きます。

Dscn2142

国道480号で、昔は険路だった梨子ノ木峠をトンネルで越えます。

Dscn2143

上志賀から真国川をさかのぼって大野の里へと入って行きます。

丹生都比売神社の太鼓橋は凍結のため通れませんでした。

Dscn2155

世界文化遺産の丹生都比売神社。

Dscn2162

立派な本殿です。平成に入ってから改修されたそうです。

Dscn2159

県道志賀三谷線を進んで。

そのピークにある笠松峠。 標高550メートルほど。

Dscn2171

一気に紀の川まで下ります。

Dscn2173

Dscn2175

Dscn2177

紀の川の南山麓には紀の川フルーツラインが部分開通していてそれを走ります。

Dscn2183

九度山で高野山町石道へと入って行きます。

Dscn2191

町石道の始まりの慈尊院。

Dscn2207

この慈尊院は女人高野山としても有名でこんなものもあります。

Dscn2210

乳房型絵馬です。なんともユニークです。

Dscn2214

この後、国道24号で帰路へ。

少し遠出をしましたが、やはり軽量な自転車は走りが軽いです。

今回のルートラボは「こちら

114

2019年1月 8日 (火)

今日は東吉野まで

今日は東吉野まで走りました。

少し距離が長いので、走りの軽いカーボンロードで走ります。

車坂峠を越えて下市へ入り吉野川、高見川へと入って行きます。

Dscn3170

高見川沿いの県道吉野東吉野線にはニホンオオカミ像があります。

明治38年(1905年)この東吉野で捕獲されたのが日本での最後のニホンオオカミだそうで、その記念碑です。

丹生川神社中社でお参りをして。

Dscn3179

神社のすぐ横にある東の滝。

Dscn3194_2

ここから木津峠への道を進んで行きます。

Dscn3203

Dscn3204_2

木津まで来ました。

ここから見る雪の高見山がきれいです。

Dscn3210

帰りは国道166号線をひた走ります。

今日のコースのルートラボは「こちら

201918

2019年1月 6日 (日)

86 10万キロ

今日、和歌山県白崎海岸へのドライブをしていて、

トヨタ86の走行距離が10万キロを越えました。

Dscn2059

納車から5年と3ヶ月です。

Dscn2050

白崎海岸の道の駅、海洋公園は昨年の台風21号で被害を受けて閉鎖されていました。

とても綺麗な公園だったので、とても残念です。

Dscn2052

周りの風景はいつもと同じように思えるのですが。


Dscn2070

トヨタ86、10万キロ越えですが、これからも爆走してもらいます。

2019年1月 4日 (金)

初走りは吉野山へ

初走りは吉野山へ行くことにしました。

最近あまり乗らないトーエイスポルティーフで。

下市から才谷経由で吉野山へ入ります。

Dscn1971

小さな峠を越えて吉野山へ入りました。

Dscn1979

相変わらず、吉野の森はこのところの災害で荒れています。

Dscn1980

金峯山寺 蔵王堂でお参りをして。

Dscn1988

吉野の参道を下っていきます。

Dscn2006

こちらは人の少ない吉野神宮。

Dscn2007

吉野川を下って。

昔、吉野川にはいくつかの渡し船があったようです。

Dscn2011

こちらも椿の渡し。

今は椿橋ですけれど。

Dscn2013

この橋の上から高見山が良く見えます。

Dscn2015

帰りは、大阿太高原から薬水へ下ります。

Dscn2021

薬水の地名の由来の説明がありました。

この井戸の水を飲むと病が治るという弘法大師の井戸から来ている様です。

Dscn2016

そんなことで今年もスタートです。

今年は少し遠出をしてみようと思っているところです。

2019年1月 1日 (火)

20192

2018年12月29日 (土)

紅白歌合戦

オペラの紅白歌合戦です。

Img_20181229_0001

Img_20181229_0004

Img_20181229_0003

       僅差で紅組の勝利でしたが、

       勝敗のつけにくい、レベルの高いコンサートでした。

2018年12月24日 (月)

石川ポタに参加

年末恒例のUG兄さんの石川ポタに参加して来ました。

Dscn1842

柏原市役所の駐車場に集合して石川河川敷のサイクリングロードを走ります。

Dscn1846

Dscn1844_2

道明寺と玉手山の間にかかる玉手橋。

Dscn1853

Dscn1863

参加者26名。

今回は、珍しいオールドトーエイの自転車が何台か走っています。

181224_p060

所々で停まって自転車談義です。

Dscn1867

Dscn1869

Dscn1871

Dscn1872

Dscn1873

Dscn1875

Dscn1876

兵庫県川西の自転車屋の御主人さんもご一緒されていました。

Dscn1877

Dscn1881

Dscn1882

Dscn1883

Dscn1885

Dscn1887

私はアルプススポルティーフで参加しました。

Dscn1889

お昼ご飯は皆さんの料理を目当てにして、

ご自慢のおいしい料理、お鍋、うどん、シュウマイ、肉まん、ほかいろいろと頂いてお腹いっぱいになりました。

Img_45

Dscn1901

お楽しみの抽選会。

私はプログレスさんのプレゼント品とLEDライトをゲット。

Dscn1902_2

オールドトーエイの御主人たち。

Dscn1910

懐かしいNCAPのバッグ。

私も40年前にNCAPのフロントバッグを使っていました。

このパニアバッグ、新品ですって。

Dscn1904

記念写真。

参加26名で、お二人ほどは先に帰られました。

181224_p300

記念写真も終わって柏原まで戻ります。

今回は、

キャンピング車が多かったのですが、

やっぱりシンプルな700Cランドナーがかっこよく思えます。

Dscn1916

Dscn1879

グリーンのアルプスが2台。

お隣さんは、このところよくお会いするNBsanさんです。

Img_40

Dscn1920

Dscn1923

Dscn1924

久しぶりの石川ポタとても楽しい時間でした。

          来年もどうぞよろしくお願い致します。



                                          

                一部写真は、cancanさん、だいすけさんからお借りしました。

Dscn1931_2

2018年12月23日 (日)

やまとたかだの第九

やまとたかだの第九

  昨年から始まって第2回目の演奏会でした。

  無事に終了しました。

Takada9

2018年12月18日 (火)

石川をポタる

久しぶりに石川河川敷をポタってきました。

山麓線から竹ノ内峠を越えて行きます。

竹ノ内街道は昔の雰囲気の残る旧道を行きます。

Dscn1807

国道下の小さなトンネルを越えると峠はもうすぐです。

Dscn1808

太子の町へと入って行きます。

Dscn1811

久しぶりに来た石川河川敷のサイクリングロードです。

Dscn1815

玉手橋

Dscn1816

帰りは大和川沿いに走り、曽我川、高田川のサイクリングロードと楽ちんな道を選んで走ります。

2018年12月15日 (土)

冬の山へ

すっかり冬景色になった多武峰へトレックのカーボンロードで登りました。

奥飛鳥の柏森から下畑~冬野と巡ってハイキングコースで多武峰へ下りて行きます。

下畑へ出るまでの道で。

Dscn1774

泥除けのない自転車で来たことが少し悔やまれます。

Dscn1778

落ち葉の道をザワザワと音を立てながら進んで行きます。

Dscn1780

冬野の景色。

人けの全くない村で、本当に寒そう。

Dscn1784

Dscn1782

冬野からハイキングコースで多武峰へ下ります。

冬野の山里の標高は650メートルほどで、多武峰の県道ピークで520メートルほど、

本当に多武峰へ下りて行く感じです。

Dscn1785

Dscn1787

多武峰の談山神社まで来ましたが、閉まっているお店が多くて、何とも寒そうな雰囲気です。

Dscn1791

すっかり紅葉も終わってしまった談山神社です。

Dscn1797

Dscn1793

下り道は北山林道で下ります。

道は西大門から北山経由で出ています。

Dscn1799

北山林道、

激坂で、ブレーキを握る手がしびれます。

Dscn1802

カーボンロードで走る奥飛鳥と多武峰でしたが、

悪路でも、走りの軽さが快適ですね。

«椿姫から