お知らせ ブログの引っ越し

2021年3月から、ブログの引っ越しをします。

引っ越しの先はfc2のブログになります。

 

このniftyブログは2005年から開設し16年目に入ります。

一度はnifty会員サイトからnifty無料サイトに引っ越したのですが、

容量が相変わらず小さくって、もうすでにディスク容量が一杯になっています。

ディスク容量の大きな無料サイトを探していて、よく使われているfc2にすることにしました。

 

以前の記事の引っ越しはほとんど終わっていて、2021年3月からfc2ブログで記事を書くことにします。

なお、このniftyブログはこのまま残すことにします。

 

fc2ブログはこちら「アルプスと86part2」です。

 

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

 

 

2021年11月30日 (火)

11月から ちょっとお遊び

テールランプをさりげなく隠します。

Pb290110

Pb290115

Pb280009

 

 

2021年10月30日 (土)

10月の走行から

十津川村、玉置山へ登る。

Pa280014

玉置山から瀞峡へと。

Pa280100

Pa280101

 

 

2021年10月 3日 (日)

9月の走行から

高野山野迫川村を行く

P9100033

彼岸花の乱

P9200283

2021年9月 2日 (木)

近況報告 2021/9

新しい自転車が増えました。

トーエイスポルティーフです。

ラグレスのスタンダードフレームにセンタープル直付け、軽量完組ホイール、

ワイドギャー、デュアルコントロールレバーを装備した快適快速700Cランドナーです。

P8280298

 

2021年2月28日 (日)

今月の走行距離

2月の走行距離です。

 

トーエイスポルティーフ   走行距離 324キロ  走行日数 6日

アルプススポルティーフ   走行距離   0キロ  走行日数 0日   

トレックエモンダSL6   走行距離 100キロ  走行日数 2日 

 

 

トヨタ86         走行距離 254キロ 燃費 10.4キロ/L 

 86の走行距離は異例に少なかったです。

 走行のほとんどがバッテリーとエンジンの保守のために3日にいちど30キロ前後の距離を走らせることだけでした。

 たとえば、行きは無料の高速道路を走らせて、帰り道は峠道を走って帰ってくるような走りなんですが、これが結構楽しくって。

 

 

 

2021年2月23日 (火)

芋ヶ峠から津風呂湖へと

芋ヶ峠から津風呂湖へとカーボンロードで行きます。

カーボンロードに乗るのは1ヶ月半ぶりです。

 

いつもの石舞台古墳前で休憩をして。

P2230106

稲淵から柏森へと入って行きます。

P2230110

芋ヶ峠道。

P2230114

P2230116

芋ヶ峠を越えて津風呂湖へと。

P2230119

P2230125

P2230133

津風呂ダムから下流へと下りて吉野川沿いに五條まで下ります。

P2230147

吉野川沿いに河津桜が咲いていました。

P2230154

P2230157

五條からは重坂峠で帰り道へと。

吉野口付近の近鉄電車。

P2230165

帰り道で見たきれいな真丸しだれ梅。

P2230176

芋ヶ峠から津風呂湖と、ぐるっと回って75キロほど、カーボンロードなら快適なツーリングです。

 

 

 

2021年2月20日 (土)

今日も五新線を

2週間前に続き今日も五新線を走ります。

コースは五新線を城戸まで走り抜け、西吉野の津越の福寿草を見て、

十日市~丹生~広橋峠を越えて帰ります。

 

その五新線、白梅も咲き始めています。

P2200008

P2200009

P2200010

トンネルを越えて賀名生へと。賀名生梅林はまだまだこれからです。

P2200013

P2200015

賀名生から少し行ったところの、しだれ梅。満開はあと一週間ほどでしょうか。

P2200016

P2200026

城戸で五新線を後にして、陰地から津越へと坂道を登っていきます。

P2200029

津越、称名寺のしだれ梅。

P2200051

この家のお婆さんと少しだけ世間話をして。

P2200052

2週間ほど前にも来ましたが、満開に。

雪の中の福寿草を少し期待していたのですが雪は解けていました。

P2200037

P2200035

P2200044

津越を後にして激坂を下っていきます。

土砂崩れで木がなぎ倒されたのでしょうか、災害の爪痕。

P2200055

県道赤滝五條線で、十日市から丹生へと。

なんとも静かでとてもいい道です。

P2200057

P2200061

P2200062

旧丹生小学校。

P2200065

P2200068

ここでお昼ご飯を頂きます。

P2200073

丹生から旧道で広橋峠へと。

P2200082

紅梅は綺麗ですが白梅はこれからです。

P2200086

峠道、3年前の災害跡、やっと通れるようになりました。

P2200090

下市から車坂峠を越えて吉野口からJR和歌山線に沿って帰ります。

P2200094

 

賀名生の梅林、広橋峠の梅林は、これからが見頃です。

また走りに行くことにします。

 

 

2021年2月10日 (水)

吉野山 金峯神社まで

吉野山の奥千本にある金峯神社まで行きます。

車坂峠から下市~才谷経由で吉野山まで登って一番奥の奥千本金峯神社へと。

 

才谷から吉野山への県道。通る車の少ない静かな峠路です。

P2100003

中千本から西側のルートで登っていきます。

だんだんと雪が見えてきます。

P2100007

金峯神社への最後のヘアピンカーブは完全に凍結しています。

P2100014

奥千本口の神社前は日当たりがいいので雪が少ないです。

P2100015

少しだけ林道吉野大峰線を入っていきます。

P2100018

展望台、義経隠塔、金峯神社へと雪道を歩いて登っていきます。

P2100020

展望台から。

P2100032

このあたりの標高は720メートル。

北東方向の展望、龍門岳(左側)大宇陀の山並みです。

P2100028

義経が隠れた義経隠塔。

P2100052bb

金峯神社。

P2100051

さすがに坂道では乗車は出来ません。歩きます。

P2100058

 

P2100056

激坂を下って、水分神社をお参りして。

P2100071

花矢倉展望台からの絶景。

P2100077

金峯山寺蔵王堂でお参りして帰ります。

P2100095bb

P2100092

 

あと2か月もすれば桜でにぎわう吉野山ですが、まだまだ冬の山でした。

 

今回のコース Ride with GPSは「こちら

2021210

 

 

 

 

 

2021年2月 7日 (日)

春の気配の峠路

今日は春の気配の峠路でした。

いつもの峠路へと。

P2070498

峠に行く時に、いつも立ち寄るお寺です。

花のお寺として有名な船宿寺です。

P2070492

P2070495

P2070489

いつもの風の森峠へと。

今年になって、この峠に立つのは8回目です。

P2070500a

P2070505

P2070501

風の森 いい響きです。

 

 

«今年初めての五新線

フォト

facebook

アルプススポルティーフ

  • Dscn7278
    私の愛車 アルプススポルティーフです。

トーエイスポルティーフ

  • Dscn9901
    私の愛車 トーエイスポルティーフです

ラレーカールトン

  • Dscn7710
    私の愛車 ラレーカールトンです  (2020年10月に手放すことになりました。)

トレック

  • Img_3889
    私の愛車  トレック エモンダ SL6です。

トヨタ86

  • Img_3497
    私の愛車 トヨタ86です
無料ブログはココログ