2017年5月27日 (土)

ツツジの葛城山

久しぶりに葛城山へ登って来ました。

櫛羅の滝コースで。

たまには自転車なしのハイキングもいいものです。

Dscn5117_2

自宅から歩きだして山頂まで3時間弱で、ゆっくりとしたペースでした。

Dscn5123

ヤマツツジの旬は過ぎてしまって、少し色あせていますが、遠目にはきれいに見えています。

Dscn5141_2

Dscn5146

Dscn5150

Dscn5156

本当に、自転車抜きでハイキングもいいものだと。

葛城山って自宅から近いんだと改めて思いました。

Dscn5162

下山もゆっくりと下ります。景色を楽しみながら。

Dscn5165_2

2017年5月21日 (日)

3日目

3日目は自転車遊びはおしまいにして、奈良まで86で爆走です。

早朝なんでやっぱり山がきれいに見えます。

Dscn5049

Dscn5050

Dscn5052

高速道路は使わずに木曽路を往きます。

Dscn5077

南木曽の桃介橋

Dscn5096

Dscn5094_2

今回もバカなお遊びに付き合ってくれる86です。

Dscn5099

霧ヶ峰と美ヶ原を走る-2

2日目の朝。

宿の部屋から北アルプスが一望できます。

早起きして宿の窓から見る景色。朝の5時です。

今日の行先は美ヶ原高原へ。

Dscn4874

今日のデポ地は武石観光センターの駐車場。

ここの標高1050mほど。朝の9時出発。

Dscn4880

目指すは美ヶ原高原美術館。

標高1950mほどで約900mの標高差を休憩も含めて3時間かけて登り切りました。

時間かかりすぎましたが、歩くことなく走れたので良しとしましょう。

上り坂のカーブには、カーブナンバーが書かれていて60番台から始まります。

Dscn4883

カーブナンバー10台になると白樺が綺麗。

Dscn4891_2

Dscn4896

やっと高原美術館に到着。ここには道の駅美ヶ原もあります。

北アルプスを一望。

Dscn4906

浅間の裾野もきれいに見えて、その奥には上州の山々も。

Dscn4907

スカイラインの最高点でしょうか。標高1959m。

Dscn4918

山本小屋で休憩をして。

ここでお蕎麦を頂きます。 普通のお蕎麦ですが、こんな高地で食べるので何ともおいしい。

Dscn4922

さて、ここから美ヶ原高原へと。

ここからは、ハイキングコースで一般車両は通行禁止です。 歩いていくつもりで行きます。

これを見られている方は、自転車で走れるコースだとは思わないでくださいね。

もし行かれても自己責任でお願いします。

で、柵を越えました。

Dscn4925

ここから、自転車と歩く雲上のハイキングです。

Dscn4927

美しの搭。

今は遊歩道が整備されていて道に迷う事は無いのですが、

昔は霧が出ると方向が分からなくなり遭難者が多かったそうで、この鐘で方向を知らせたようです。

Dscn4935

Dscn4937

Dscn4951

王ヶ頭とホテル。

Dscn4966

小さなドームがありましたが、何処の管理かわかりませんでした。

Dscn4975

ホテルでコーヒーを頂きます。

Dscn4979

超人気ホテルで予約状況を聞いたのですが、なかなか取れないようで。

スイートでおひとり3万円とか。

Dscn4980

ホテルを後にして。今日のピークへ。

Dscn4987

王ヶ頭。

標高2034m。

Dscn4993

王ヶ頭から先は絶壁が続きます。

Dscn4999

穂高連峰

Dscn5004

いよいよハイキングもおしまいです。

Dscn5005

美ヶ原、西側の拠点。ビジターセンターへと下ります。

Dscn5006

ビジターセンターの標高は約1900m。

しばらく高原をアップダウンしながら900mほど下ります。

Dscn5012

Dscn5017

Dscn5026

4時頃に、やっと元の武石観光センターに下りてきました。

Dscn5037

今日のお宿は上田のビジネスホテル。

明日はゆっくりと奈良まで、86で走ります。

Dscn5039

2017年5月20日 (土)

霧ヶ峰と美ヶ原を走る

信州の高原 、霧ヶ峰と美ヶ原を走って来ました。

信州までは86にお世話になって。

早朝の4時に自宅を出発。

一日目は霧ヶ峰蓼科高原を走ります。

八島ヶ原湿原の駐車場に86をデポして10時前には出発することが出来ました。

コースはお気軽コースでビーナスラインを東へ走り、車山高原~白樺湖、

女神湖でUターンして、しらかば峠へと登り、また白樺湖へと下りもとのコースへと戻ります。

八島ヶ原湿原の駐車場。平日ですからガラガラです。

Dscn4753

朝から微妙な天気で時折霧雨が降るのですが、晴れていく傾向なんで気にせず走ります。

Dscn4760

Dscn4763_2

白樺湖の展望台。

道は完全にウェットで泥除け付きの自転車で来た事が正解でした。

やっぱり信州は泥除け付きの自転車が良く似合います。

Dscn4771

大門峠到着。下から走って来たのではないのですが、何ともいい感じの峠。

Dscn4774

白樺湖を通過して女神湖へと。 なんとも物静かな女神湖です。平日ですしね。

Dscn4789

女神湖からすずらん峠への道を選んで進みます。

この付近は白樺がきれい。

Dscn4792_2

どんどん標高が上がって景色もいい感じに。

Dscn4797

白樺高原 夕陽の丘。 

Dscn4799

しらかば峠。 標高1760m

ビーナスラインは1600mから1700mくらいのアップダウン、

女神湖で標高1400mですからなんてことはないのですが。

蓼科へは下りずにここでUターンします。

Dscn4807

下りの道も最高の景色を堪能して。

Dscn4818

霧ヶ峰のビーナスラインに戻って。

車山のシンボル、山頂レーダーが見えます。

Dscn4831

Dscn4846

Dscn4847

高原サイクリングを満喫して、

今日のお宿は安曇野 長峰山山麓で。

明日は美ヶ原へと走ります。

Dscn4879_2

2017年5月15日 (月)

津風呂まで

今日は平日ですが仕事を休みにして、津風呂湖まで走って来ました。

飛鳥から芋ヶ峠を越えて津風呂湖、関戸峠から宮奥ダム、大峠トンネルを通って多武峰、飛鳥へと戻って来ました。

新緑の津風呂湖。

Dscn4718

Dscn4723

Dscn4727

三茶屋での自転車スタンド、当たり前ですが今日は一台だけ。

Dscn4731

関戸峠を越えて、ここで五平餅をいただきました。 ここの五平餅は本場信州と同じくらいに美味しいです。しかも250円とお安い。

Dscn4732

お庭もきれいし。

Dscn4735

大峠トンネルは宮奥側からは下りで快適です。

Dscn4736

大峠トンネルを出てすぐに旧道へと入ります。針道と呼ばれる村の中を走ります。

下りの激坂が八井内まで続きます。

Dscn4739

旧道を走ると忘れていた、こんな景色を見れました。

不動延命の滝です。

Dscn4741

その横には破不動。

Dscn4748

刀で切ったように両断された割れ目が見事です。

この後、多武峰から飛鳥へと出て帰路へ。

2017年5月14日 (日)

曽爾クラシック2017

曽爾高原でこんなイベントがありました。

TOYO TIRES第2回スペシャルステージ曽爾クラシック2017です。

Dscn4620

Dscn4567

Dscn4583

Dscn4613

Dscn4622

Dscn4630

Dscn4631

Dscn4639

Dscn4642

Dscn4647_2

Dscn4679

Dscn4700

2017年5月 7日 (日)

花まつり

花まつり  葛城古道の船宿寺

Dscn4545

Dscn4548

Dscn4534

2017年5月 3日 (水)

86で車中泊

9連休のお休みです。

少しばかり、バカなお遊びをと86で車中泊をしてみました。

86にシュラフ、椅子、テーブル、コーヒーが作れる程度の火器を積んで。

行先は南信州。

新東名で奥三河方面から新野峠を越えて長野県へと入りました。

奥三河、飯田線にはこんな駅があります。

Dscn4283

トーエイ駅です。

車で来ても感動は無いのですが、トーエイオーナーですから、ご勘弁を。

無人駅ですが綺麗な駅です。小さな喫茶室があったのですが、今日は定休日で。

Dscn4290

鉄道ファンではないですが、飯田線は大好きです。

で、本日の行先は遠山郷、しらびそ高原。

南信州の秘境の里。南アルプス展望台。  見えるのは聖岳、上河内岳。

Dscn4315_2

Dscn4318

「ハイランドしらびそ」で、たまたま居合わせた86と2ショット。

Dscn4350

今日のお風呂はここ「ハイランドしらびそ」で。

Dscn4351

お風呂は一人で貸し切り状態で、湯船を写真に撮ってみました。湯船からアルプスが見えます。

Dscn4373

今日の車中泊の場所はここ。

天文ファンの聖地。しらびそ高原。

Dscn4379

Dscn4381

私はカメラと双眼鏡の身軽な装備で臨んだのですが、残念なことに薄雲が多くて綺麗な星は見れませんでした。撮影していた人の話では深夜に1時間ほど快晴になったとか。

トヨタ86でもリアーシートを倒すとフラットな空間が出来、シュラフで十分寝る事が出来るのです。

良く寝る事が出来て目覚めたら朝になっていました。

綺麗な夕焼けとか朝焼けを期待していたのですが、寝すぎたようで。

Dscn4386

Dscn4364

しらびそ高原から見る中央アルプス。 伊那谷に雲海が見えます。

Img_1186

大鹿村を通って高遠、杖突峠、茅野、霧ヶ峰、美ヶ原へと。

Dscn4460

86も信州の道が大好きなようで。

Dscn4467

霧ヶ峰からは富士山もきれいで。

Dscn4496

2017年4月24日 (月)

能登を巡るのおまけ

能登半島を巡る前にちょっと立ち寄った砺波平野です。

そう、チューリップ祭り。

Dscn4105

チューリップフェアの会場もよかったのですが、

砺波平野のチューリップ畑もそれ以上に綺麗。

Dscn4154

Dscn4156

2017年4月23日 (日)

能登を巡る

トヨタ86で能登半島を巡って来ました。

Dscn4174

能登半島最先端の禄剛崎です。

能登半島へは「のと里山海道」と言う無料の自動車専用道路があってとても便利に行くことが出来ます。

その「のと里山海道」のパーキングの展望台から見る富山湾。 

まるで一枚の絵の様です。

Dscn4166

輪島では朝市に行き、海産物の買い物をしてきたのですが、輪島にはこんなものもありました。

水芭蕉です。

水芭蕉って信州とか群馬っていうイメージなんですが、能登半島の輪島にも群生地がありました。

たまたま車で通りかかって看板を見つけて訪ねて、その綺麗さに感動ものです。

Dscn4211

結構な山奥で狭い林道を行きます。

Dscn4244

群生地は小さな湿地帯に小川が流れているような所にありました。

標高は300メートルほどの低さです。さすがに能登とはいえ残雪はありません。

Dscn4227

Dscn4213

信州なんかの水芭蕉と比べると小ぶりですが、花の数が多くて結構立派な群生地です。

しかも綺麗に咲いています。

Dscn4220

Dscn4224

こちらは白米(しろよね)千枚田。

海岸からなだらかに続く斜面に小さな棚田が幾重にも連なる千枚田です。

Dscn4192

Dscn4195

「まれ」もいまだに人気です。

Dscn4202

トヨタ86で巡る能登半島、一泊の駆け足旅行でした。

ぐるっと1100キロ、平均燃費はリッターあたり15キロと相変わらず良好。

«山里は花でいっぱい

フォト

アルプススポルティーフ

  • Dscn7278
    私の愛車 アルプススポルティーフです。

トーエイスポルティーフ

  • Dscn9901
    私の愛車 トーエイスポルティーフです

ラレーカールトン

  • Dscn7710
    私の愛車 ラレーカールトンです
無料ブログはココログ