« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月29日 (月)

宇治天体精機の見学会に参加

宇治天体精機、新工場の見学会に参加してきました。

Dscn33271

2007年1月14日 (日)

マックノート彗星

1月14(日)に初めてマックノート彗星を見ることが出来ました。1月12日に近日点通過をした直後の最大光度のマックノート彗星でした。

場所は南河内のグリーンロードの最高地点(太子温泉近く)からです。 4時ごろからこの場所に陣取り、風景を楽しみながら日没を待っていたのですが、雲が多くてなかなか確認することが出来ませんでした。

Img_1847

日没後も雲が多くてなかなか見えません。

透明度は良くて遠くまで見ることが出来、明石海峡大橋も見えます。

Img_1857_1

雲が多くてもうだめかと思ったのですが、17時15分ごろから超低空で、何とか双眼鏡で捉えることが出来ました。うす雲の中でも、かなり明るい核と、はっきりした尾が見えました。薄明と薄雲の中でも大変明るく、大型彗星であることがわかります。写真撮影もしてみたのですが、短いカメラレンズしか用意していなかったので写りの悪い写真しか得ることが出来ませんでした。

写りの悪い写真ですが、実際には夕焼けの中で見える彗星、感動ものでした。
2007年1月14日 17h18m 
EOS10D ニコンED180mmF2.8絞りF4 1/125秒露出

Img_1860

2007年1月13日 (土)

ちょっと飛鳥へ

今年の初走りは飛鳥へ。
この正月に網掛け神事で稲淵の男綱が新しくなったので見に行くことにしました。

Dscn3300

このあと飛鳥から冬野、多武峰へと落ち葉の道を走ります。

Dscn3307

途中に立ち寄った飛鳥展望台です。西側の視界が抜群でマックノート彗星でも観測出来そうな視界の良さです。

Dscn3321

飛鳥展望台から見る景色、葛城山系が見えています。右に二上山、畝傍山が見えます。

今、話題になっているマックノート彗星も見えそうな視界の良さです。実際は、もう少し南側、画面の左側で日没後に見えます。
ただ、この日も雲が多くてマックノート彗星は見ることが出来ませんでした。数日前から、夕方の空を注意してみているのですが、残念なことに雲が多くて見ることが出来ていません。もう日本からは見ることが出来そうになくて、本当に残念です。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »