« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月26日 (土)

五番関、小南隧道へ

久しぶりに自転車で、吉野大峰林道を走り、五番関トンネル、洞川から小南隧道を越え、吉野大峰の山々を満喫してきました。
道の駅吉野路黒滝に車をデポして、そこから走り出しました。吉野大峰林道へは脇川沿いを登る林道吉野槙尾線を進みました。昨日からの雨で林道はまだ濡れているところが多くて、それが涼しさを感じさせてくれます。
この吉野大峰林道は少し前まで天体写真撮影に何度か来たことがあったのですが、最近はぜんぜん来ていないので、その後その場所がどうなっているのかも知りたくて走ってみることにしました。

Dscn3740

吉野大峰林道の上り坂を進むと最初に出てくる、南側に面した小さな台地です。以前は良くここで撮影をしたものです。小さな台地は昔のままで全く変わっていませんでした。一時期、柵がしてあり入れない事があったのですが、そんなことも無いようです。ここからは南側の視界がバッグンでオメガ星団、カノープスなんかも良く見れます。

Dscn3752

吉野大峰林道を進み川上村側にある大きな空き地です。たぶん林業用のヘリポートにもなっているようです。ここは少し整備され、休憩小屋が新設され、古道も整備されています。広い空き地は昔のままです。視界はそれほど良くはないのですが、この広さと環境は充分、星見の場所として使えます。

Dscn3769

林道高原洞川線で途中にある大天井滝を見物して、五番関トンネルを目指します。洞川から小南隧道を越え車をデポした黒滝へと。写真は小南隧道への道。

結構、ハードなコースかなと思ったのですが、黒滝に車をデポした事で意外に楽なコースでした。やっぱり吉野大峰山を巡る林道は景色、コースとも最高に楽しめます。
こんどは、星を見に来ることにしましょう。

2007年5月20日 (日)

大江山へ

5/19に恒例の「大江山で星を見る会」が開催され、久しぶりに参加してきました。
会場には4時半ごろに到着したのですが、空模様は雨で、その雨の中、K光器のSさんと大江山の主みたいなTさんが早々とタープを設営していたのですが、皆来るのかなと不安そう。 その後、雨が上がり青空もちらりと見えたのですが。

Img_1971_1

Dscn3696_3

日が暮れる頃にはまた雨が、そのあと霧雨と本降りの雨が朝まで。
その雨の中、いつもと変わらないぐらいの車の数。私も含めて皆さん物好きな。

霧雨の中、太鼓の音が。 

Img_1977

秋の大江山も楽しみです。もちろん晴れてくれないと面白くありませんね。

2007年5月 5日 (土)

プロダイ・パターンレス

昨日、西吉野、銀峯山(標高614m)へ自転車で登ってきました。この周辺には視界の良い柿畑がいっぱいあって、星を見るのにも結構いいのです。ただ問題はやたら道が狭いことと、道が迷路のように入り組んでいて、アップダウンも相当な物で、自転車で走るには楽しめますが、星を見るにはそれなりの覚悟がいります。もちろん今回は自転車のみで。
コースは下市から原谷、梨子堂の山村を巡り、八ッ川から銀峯山へと登ります。銀峯山の山頂には立派な神社、波宝神社があります。銀峯山からはセメント舗装の狭い迷路のような急な下り坂を楽しめました。

Dscn3696_2

写真は、ケルビムランドナーに付けてあった物で、30年ほど昔に作った、自作のプロダイパターンレスのギヤーです。右のギヤーは途中で作るのを中断した未完成品です(たぶん今後も未完成のままだと思います)。
近いうちに、左側のトリプルギヤーを使うつもりで、ケルビムから外して少し磨いてみました。
耐水ペーパーの800番と1200番で磨いてから、コンパウンドで仕上げてみました。30数年たっても自分で作った物だから、輝きが甦ると感動ものです
このギヤーは2枚作ってあり、1枚はこのケルビム用、1枚はアルプス用です。

      

今日は、こどもの日でした。写真はうちの末っ子。

Dscn3706_1

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »