« 稲淵の棚田に | トップページ | 今日の飛鳥 »

2007年9月 2日 (日)

宇宙に輝く特大花火

9月2日、超高層大気を調べるため、リチウムを放出して人工雲を作る日本発の実験が行われました。これは宇宙航空研究開発機構が鹿児島県内之浦の基地(大隈半島の東側)から観測ロケットを打ち上げた物です。
地球と大気の境界の熱圏と呼ばれる領域の大気を調べる目的でリチウム元素を高温蒸気として放出して、その発光領域の動きを調べます。

予定ではロケットの打ち上げは19時20分、上空300kmまで打ち上げ、その後、降下しながら250Km、200km、150kmでリチウムを放出します。
第1回目のリチウム放出 19時26分13秒
第2回目のリチウム放出 19時26分53秒
第3回目のリチウム放出 19時27分34秒

とまあ難しい話は置いておいて、見ました。宇宙花火を。

うちの嫁さんも連れて行ったのですが、発光が起こる前に流れ星にしてはスピードが遅くて暗い物体を見たそうで、もしかしたらロケット本体かもしれません。私はあまり視力が良くないので見えませんでした。 観測場所は風の森峠です。

画面上の明るい星は木星です。バックの星座は、さそり座です。各画像はクリックで大きくなります。
19時26分24秒~露出6秒。 28mmF5.6 EOS10D

Img_2028  

19時26分45秒~6秒露出 85mmF5.6 発光雲の上の星は、さそり座ε星2.3等、その左下の二重星はμ2星3.5等、μ1星3.0等です。

Img_2029

19時27分03秒~6秒露出 85mmF5.6

Img_2030

19時27分33秒~6秒露出 85mmF5.6

Img_2031

19時30分16秒~6秒露出 24mmF5.6

Img_2032

見た感じでは、どうも第1回目の放出の発光だと思われます。肉眼で見ていてめちゃくちゃ明るい宇宙花火でした。

« 稲淵の棚田に | トップページ | 今日の飛鳥 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙に輝く特大花火:

« 稲淵の棚田に | トップページ | 今日の飛鳥 »