« 古い天文ガイドから | トップページ | 日本天文学会創立100周年記念切手 »

2008年3月15日 (土)

町家のひなめぐり

アルプススポルティーフのレストア(単に部品交換)がひとまず終わったので、その調子を見に走ってみました。先週も少し行って見たのですが、高取、土佐街道の町家のひなめぐりと、飛鳥をぶらりと走ってみました。

土佐街道は日本一の山城、高取城の城下町として多くの人が往来した街道です。
その街道の町家で、玄関先に雛人形が飾られています。

店先の酒樽の上に並べられた雛人形。

Dscn4444

Dscn4457

こちらは先週に訪れた時の写真。

Dscn4429

土佐街道を後にして、飛鳥へ。高松塚から案山子道の朝風峠へと走ります。

部品交換を終えて少し綺麗になったアルプススポルティーフです。
交換部品は、サドルをブルックス、チームプロに。ハンドルを日東ランドナーバーB136-420mmに。ステムはクラシカルな日東ハイクラウン90mm。フロント変速機は、錆びたユーレイ・ジュビリーを新品に。変速レバーは、サクセスからユーレイ・ジュビリーの新型に。

Dscn4468

ハンドルとステムを大きい目の物にしたのでギドネットレバーからのアウターケーブルの取り回しが良くなりました。ハンドルの使用感もそれほど大きさを感じません。
変速機の調子もまずまずで、変速レバーの感触もいいようです。

朝風峠で一休みしたのですが、ここには「つくし」が出ていました。春ですね!

Dscn4460

« 古い天文ガイドから | トップページ | 日本天文学会創立100周年記念切手 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町家のひなめぐり:

« 古い天文ガイドから | トップページ | 日本天文学会創立100周年記念切手 »