« 日本天文学会創立100周年記念切手 | トップページ | お花見サイ »

2008年3月22日 (土)

観梅ライド

観梅ライドに参加してきました。
AM9時に近鉄御所駅に集合。賀名生梅林、広橋梅林を目指します。風の森峠を越え、五條から例によって五新線を走ります。

写真は、その五新線。

Dscn4474_2

その五新線ですが、奈良県五條市と和歌山県新宮市とを結ぶ鉄道路線が計画されていたのです。昭和のはじめに計画され太平洋戦争で中断、その後、猿谷ダム湖の坂本までの路線は完成したのですが、鉄道としては使われることは無く、国鉄バス路線として五條~城戸まで運用されることになったのです。現在では、JRも撤退し、奈良交通が朝夕に数本のバス便を出しているだけです。

各進入口には一般車通行禁止の看板が立っています。車での進入は対向が出来ないこともあって絶対に危険です。くれぐれもバス専用道路ですので、危険な真似はしないようにしてください。自転車で走られる方は自己責任で。

賀名生の観梅には、いつもと違う視線で風景を楽しめるので、なかなかいいですよ!

満開の賀名生梅林

Dscn4482

賀名生梅林での観梅は、九度山さんと私は激坂を避け、ゆるい坂を登る事に。児玉さんと若者グループの6名は、激坂を登って行きます。 その後、合流することが出来なくなって、九度山さんと私は先を急ぐことに。五新線に戻って城戸へ。西吉野荘近くの川原で2人で昼ごはんを済ませて、十日市~梨子堂へと。梨子堂へは樺の木峠から新道を登る予定だったのですが、ここの激坂を避けて、少し手前の石堂谷をさか登る事に。石堂谷は緩やかな坂で気持ちの良い小道なんです。その後、梨子堂を登ったところで、無事にメンバーと合流して、広橋峠へ。

広橋梅林への登りで。

Dscn4493

広橋梅林で児玉さんを囲んで自転車談義

Dscn4513

Dscn4515

広橋梅林から下市、壺坂峠、土佐街道、少しだけ飛鳥見物と、私にとっては、結構なハイペースで走ってくれます。さすが若者集団は速い。でも、久しぶりに楽しい1日でした。

« 日本天文学会創立100周年記念切手 | トップページ | お花見サイ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観梅ライド:

« 日本天文学会創立100周年記念切手 | トップページ | お花見サイ »