« いつもの葛城古道へ | トップページ | 連休前の飛鳥 »

2008年4月26日 (土)

クールピクスP5100

ニコン・クールピクスP5100ですが、少し工夫すれば、天体写真用にも使えそうなんです。

最近のコンパクトデジカメはズームレンズが収納式でフィルターネジが付いていないとか、リモコンレリーズが使えないとか、いろいろと問題があるのですが、少し手を加えてやれば、月面、惑星用のカメラとして使えそうです。

カメラアダプターの取り付けネジは、ボデー本体のコンバーターレンズ用のアダプター取り付けネジを利用できます。最初はそのコンバーター・アダプターリングを改造しょうと思ったのですが、いろいろと適当なスリーブを合わせてみるとネジ径が合うのがありました。笠井の50.8mmアイピース用延長スリーブです。ネジ径がぴったりでガタツキもありません。

レリーズは適当な金具を取り付けてケーブルレリーズを付けました。

フード状の物が笠井の2インチスリーブ。48mmフィルターネジの内側に内面反射防止のネジが切ってあって、それにピッタリと合います。

Dscn4734

今回、用意した部品です。製作費用は金具代の200円ほど。
我ながら、シンプルでよく出来ていると思うのですが、いかがでしょうか。

Dscn0214

6年ほど使ってきたニコン・クールピクス995の調子が悪くて、リモコンレリーズは接触不良がよく起こるし、連写を繰り返すとすぐにカメラがフリーズするし、今年に入ってから、土星の写真はほとんど撮影して無かったので、このクールピクスP5100に期待が持てます。

写真はミューロン250に取り付けた様子です。明日にでも晴れてくれたら、早速、撮影です。

Dscn4745

« いつもの葛城古道へ | トップページ | 連休前の飛鳥 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クールピクスP5100:

« いつもの葛城古道へ | トップページ | 連休前の飛鳥 »