« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月25日 (日)

1/25 ルーリン彗星

本当は土曜日の夕方から星見に出掛ける予定だったのですが、あいにく空は曇り空で出掛けるのは止めにして寝てしまいました。明け方、3時に目が覚めて見ると晴れているのでルーリン目的で秩父の堂平山へ。熊谷のアパートから堂平山までは1時間弱で行くことが出来ます。

やっと月明かりの影響のなくなったルーリン彗星です。観望、撮影場所は埼玉県、堂平天文台前の駐車場ですが、東の空の低空は堂平山からでは東京方面を望むため光害がひどくあまり綺麗には見ることが出来ませんでした。70mm双眼鏡ではさそり座の球状星団M4よりも明るい程度です。

2009年1月25日 4時56分から2分間露出を2枚コンポジット。
カメラ EOS50D レンズ ペンタックス100SDUF

Img_0191_2 

上の写真を拡大してみました。それらしく見えます。

Img_01901

その堂平天文台前の駐車場の前からの夜景とさそり座。
ちょうど、さいたま市を望むことになります。

EOS50D 35mmF8 60秒露出

Img_0197

2009年1月18日 (日)

奥秩父の栃本広場

以前、どこかの天体観測地を紹介するホームページで栃本広場の記事が出ていてそれがどうも気になっていていました。奥秩父の秩父湖の上にあるその観測地へ訪れてみました。

その秩父湖です。雪はそれほど残っていませんでした。

Img_0151_2

この秩父湖の栃本には関所跡があります。栃本関跡です。
栃本関は中山道と甲州街道の間道である秩父往還に設けられたものだそうです。それにしてもめちゃくちゃ山の中でここでも標高は765m。

写真はその栃本関跡。

Img_0168_2 

肝心の栃本広場へはここからまだ登ります。

写真は、その栃本広場。
残念ながら視界はそれほど良くなくて、でも空の暗さはかなりの物と思われます。

Img_0157

写真は大滝ダムのループ橋。

Img_0177

今回、少しだけ奥秩父をドライブしてみたのですが、その奥深さにすごく気に入ってしまいました。今度はゆっくりと自転車でも走ってみたいものです。もちろん肝心の星見も。

2009年1月11日 (日)

寄居には

秩父へ行くのには必ず寄居を通るのですが、寄居と言えば気になる会社があります。
ここへ機材のメンテ、修理に直接持っていくことが出来ればいいのですが。

自宅から近くなので、ビアンキミニベロで少しポタって来ました。

Dscn5011

1/11 ルーリン彗星

明るくなりつつあるルーリン彗星ですが、月明かりの影響でしばらくは条件が悪くなります。とりあえず一度、撮影をしてみることにしました。撮影場所は堂平天文台前の駐車場です。
秩父の山は先日からの雪で数センチの積雪がありました。この程度なら、ひ弱なフィットでも問題なく走行することが出来ます。写真はその堂平天文台の雪景色。

Img_0128_2

2009年1月11日 5時24分 30秒露出
カメラ EOS50D  ISO感度800
レンズ ペンタ100SDUF 400mmF4

Img_0139 

西の空に満月があり、空は思いのほか明るく、彗星は思った以上に暗くてよく見ることが出来ませんでした。70mm双眼鏡でも微かにしか見ることが出来ません。

EOS50Dでの撮影は、ライブビュー機能で画像をパソコンで確認しながらピントを調整することが出来ますが、うまく活用するには慣れとコツが必要のようです。

2009年1月 6日 (火)

1/6 ルーリン彗星

早朝、埼玉の自宅の窓から眺めてみました。ルーリン彗星を。

ルーリン(鹿林)彗星は2007年に台湾のルーリン(鹿林)によって発見された彗星で、この2月に4等星まで明るくなると思われる彗星です。

転勤先の熊谷には高い家がなく自宅の窓からでも低空までよく星が見ることが出来ます。幸い、早朝ということもあって透明度も良く綺麗に星が見えました。

ルーリン彗星は、さそり座の爪のβ付近にあり、ニコン70mm18倍の双眼鏡で簡単に見つけることが出来ました。双眼鏡で恒星ではないとすぐに分かるほどの明るさです。

とりあえず窓から撮影も。

Img_0121_3  

2009年1月6日 5時37分 6秒露出
カメラ EOS50D  
レンズ ニコンED180mm F2.8
ISO感度 3200

ニコンED180mmレンズはピントがシビアでなかなかピントがうまく出ないのですがEOS50Dのライブビュー機能で簡単にピントを決めることが出来ます。さそり座のβ星で充分にピントが合います。
感度3200で6秒露出、簡単に撮影が出来、その画像の良さにもこれから期待できるカメラです。

2009年1月 4日 (日)

今朝の富士山

埼玉へ舞い戻ってくるのに御殿場から河口湖まで一般道を走って富士山を眺めてみました。ちょうど薄明が始まっていて刻々と雰囲気の変わる富士を見ることが出来ました。少しだけ河口湖に寄り道してカメラを向ける事にしました。場所は河口湖のオルゴール博物館の横です。

Img_0109

日の出前の逆さ富士ですが、湖面がすこし凍っていて綺麗に映っていません。これから富士山の山頂が日光で赤みを帯びてくるのですが余り時間が取れないのでさっさと車を走らせることにしました。

Img_0112

今回、ミューロン250とペンタ100SDUFを車に積んできました。埼玉での星見をぼちぼちと始める予定です。まずはルーリン(鹿林)彗星の撮影、観望でしょうか。

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年

Img34_2

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »