« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

ルーリン彗星観望会に参加

この観望会は残念なことに曇り空で中止になってしまいました。

観望会は堂平天文台の91cm反射望遠鏡で今接近中のルーリン彗星を見ようと言うもので、50名限定の予約制の観望会でした。天気予報では晴れ間も期待できるような予報だったので、とりあえず撮影機材も積んで出掛けることにしましたが、堂平山に着いた頃にはすっかり空は曇ってしまいました。天文台の門は閉まっていたのですがスタッフさんの好意で中を見せてもらう事が出来ました。

Dscn5466

(旧)東京大学東京天文台付属の堂平山天文台は日本光学の昭和37年製です。今は観測、研究からは退いて、ときがわ村の観光天文台として活躍しています。この望遠鏡は、今のようなコンピュータ制御ではなくて、機械仕掛けのシステムで今でもその精度はかなり優秀なようです。主鏡はF5なんですが優秀な鏡面だそうです。91cmF5の主焦点での観測、撮影はプライムフォーカスで、眼視観測のときは鏡筒の先頭から頭を突っ込むそうです。スタッフさんの勧めで、はしごを使って鏡筒の先頭まで上がったのですが、暗闇でこんなことをするとかなり怖いそうです。安全面を考えて一般観望ではカセグレ焦点で見せているようです。鏡筒には3本の日本光学製のアクロマート屈折鏡筒が同架されいてるのですが、かなりシャープな像を結ぶようで当時の五藤光学よりも優秀だそうです。

ここの天文台の庭には、小さなスライディングルーフがあり、そこにはユーハン工業の電動架台に載ったオメガ4541がありました。そういえば以前そんな話をK光器から聞いたような。

曇り空をいいことに、結構長い時間お話を聞くことが出来、スタッフさんに感謝、感謝です。

2009年2月23日 (月)

ルーリン彗星の最接近

まもなくルーリン彗星が地球に最接近します。

距離は約6000万キロ。

先日の妙義山での画像を恒星像コンポジット、強調処理をして再処理してみました。

2009年2月21日 23時52分から4分露出を4枚合成

Img_028302864

2009年2月22日 (日)

2/21 ルーリン彗星

ルーリン彗星の地球最接近は2月24日に0.4天文単位までに接近します。その様子を群馬県の妙義山麓で撮影、観望してきました。場所は観光駐車場の横にある大きな空き地です。
ここは天文屋の人気スポットのようで10数人の方がすでに撮影、観望をされていました。中には、30cmのドブもあり、少しそのパワーを見せてもらうことにしました。ボンセットマウントにイーソス13mmの豪華版です。やっぱりドブは良いなとつくづく感動。
そのルーリン彗星は肉眼でも見ることが出来、ミューロン250でテレビューPL55mmで倍率54倍、視野いっぱいに広がるルーリン彗星を見ることが出来ました。尾の存在もよく分かります。

2009年2月21日 23時52分から4分露出を4枚合成。
ペンタ100SDUF 400mmF4 EOS50D

028302864ru_2 

ここ妙義山麓の空の状態はいつも行く堂平山に比べ格段に暗くてよく見えます。東京、埼玉方面の南東の空もそれほど不満はありません。南天も視界良くそこそこ暗いし、妙義の山塊は北側に広がるので全く不満はないのですが、大きな欠点が一つ、ドリフト族がめちゃくちゃ多い。一晩中走り回っています。

写真は10分露出を6コマ、photoshopの比較(明) で合成した妙義山の日周運動。

Img_0305

異様な山塊をバックに観望の様子。

Img_0296

昇る、さそり座。

Img_0306

妙義山、お気に入りの観望地になりそうです。

2009年2月15日 (日)

小春日和

今日は、暖かい日でした。

八ヶ岳の雪もすっかり解けています。

Img_0239

Img_0249

2月半ばにして景色は春の気配です。

Img_0265

八ヶ岳高原ラインにも雪は全くなくて快適なドライブでした。

Img_0230

星空も早くも、はくちょう座、こと座が綺麗に見ることが出来ました。

2009年2月 8日 (日)

今年は土星環の消失の年

土星の環の消失は15年ごとに起こります。今年の9月4日に地球から見て真横になってしまい環が見えなくなってしまいます。環はそれほどに薄いようです。
残念ながら土星の合が9月19日で、しし座からおとめ座付近にあり太陽に近くて見ることが出来ません。今は、南半球が見やすくなっていたのですが、合のあと北半球が見えることになります。

ここ最近の土星の写真を集めてみました。ミューロン250を使用してこんな物しか撮影できないのですが、シーイングが悪いのだと思ってください。

一番上 2009年2月7日
二番目 2008年2月28日
三番目 2007年2月8日
四番目 2006年1月12日
五番目 2005年2月21日

20052009st

2009年2月 7日 (土)

2/7 ルーリン彗星

月明かりに影響されずにルーリン彗星を見るのにはこの週末を逃がすとしばらくはありません。明るくなりつつあるルーリン彗星を見に行くことにしました。場所は相変わらず、秩父の堂平天文台前の駐車場です。今日は結構、暖かいのか何組のアベックが深夜ドライブに来ていました。どうもここは、夜景を楽しむポイントのようです。

月没は4時38分。薄明開始が5時11分。それまで、土星を観望、撮影して楽しむことに。

2009年2月7日 2時55分から59分まで約150枚をレジスタックスで処理
ミューロン250 Or9mm カメラ、ニコンP5100 コリメート撮影

20092751205278

ルーリン彗星はあまり明るくなっていないような感じです。尾も眼視では確認できません。ミューロン250にテレビューPL55mmで54倍で見ましたが、あまり見栄えはしません。
再接近する今月末にはもう少し立派な尾を見せて欲しい物です。

2009年2月7日 4時51分から4時57分まで120秒露出を3枚コンポジット。
ペンタックス100SDUF 400mmF4

Img_02240226

明るい星はてんびん座のα星。

2009年2月 2日 (月)

2/2 ルーリン彗星

熊谷の街中から撮影してみました。

2009年2月2日 4時27分から60秒露出を4枚コンポジット
カメラ EOS50D レンズ ペンタ100SDUF

Img_0210_3 

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »