« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月23日 (土)

満開のポピー

満開になった秩父高原牧場のポピーを見に自転車で走ってきました。

秩父高原牧場へは今回、林道和知場線を登ることにしました。大内沢から二本木峠へ登る林道なんですが、県道に比べアプローチは長い目ですが淡々と上っていく道で車の通行も少なく自転車向きの林道です。

その林道和知場線。 日陰も多くて快適です。

Dscn6127

で、その満開のポピーです。

Dscn6175

このような景色は車で来るより自転車で来たほうが感動が大きい。本当に綺麗。

Dscn6161

Dscn6163

2009年5月10日 (日)

秩父高原牧場のポピー

秩父高原牧場のポピーが咲き始めています。

まだ小ぶりで、見ごろは今月末ごろでしょうか。

Img_0606_2

Img_0588

Img_0601

5月24日には「天空を彩るポピー祭り」が開催されます。

2009年5月 9日 (土)

5/9の土星

5/9の土星です。

今回、デジタル一眼レフで撮影してみました。普段はコンパクトデジカメ ニコン クールピクスP5100で約100コマぐらいを連写、レジスタックスで処理をしているのですが、今回はEOS50Dで撮影です。

EOS50Dにはライブビュー機能があるのでそれでピントを調整するつもりでした。星野写真なんかでペンタ100SDUFでは1等星くらいの星で充分ライブビューでピント調整が出来るのですが、実際に土星ではライブビューでは淡くしか映らなくてピントを調整することは不可能で、面積あたりの光量が土星では極端に少ないからでしょう。
一眼レフではミラーショックが気になるところですが、連写ではミラーアップ撮影が出来ません。ライブビュー撮影ではミラーは跳ね上がったままですが、C-MOSの前にあるシャッター幕は機械式に動いて気になるところです。とりあえずライブビューで土星の位置だけを確認しながら手動で必要枚数を撮影しました。

肝心のピント調整ですが、今回、ライブビューがうまく行かなくてファインダーで見たのですが、フイルム一眼レフなどでファインダーを通してピント調整をすると結構ピントのピークが分かりづらくて苦労するのですが、EOS50Dでのファインダーを通しての調整は意外とよく分かるものです。パソコンなどをそばに置いてモニターしながら撮影したらもっとうまく行きそうです。この夏の木星撮影までにはもう少し工夫をして、いい画像を撮影できるようにしたいものです。

今日は、シーイングはかなりいいのですが、薄雲が多くてあまり良い像を得ることが出来なかったのですが、コンパクトデジカメよりいい像の撮影が期待できそうです。
眼視による土星も双眼装置で、テレビューPL20mmと清原Hict15mmで150倍、200倍、これにバローを入れたり外したりして楽しみました。これから土星の高度が低くなって条件が悪くなるので今が一番楽しめる時期でしょうか。

2009年5月9日 22時03分 露出1秒 EOS50D
ミューロン250 0r9mmリレーレンズ方式 約50枚を処理

20070509sss

明日は母の日ですが

明日、5月10日は母の日です。

父の日は来月なんですが、先日、奈良へ帰ったときに子供から少し早いけど父の日のプレゼントを貰いました。「大人の科学」のピンホールプラネタリウムです。埼玉へ持ち帰って早速に作ってみました。

天井に映し出してみて結構楽しめます。

Img_0498

出来上がったら子供が見せてくれと頼まれているので、こんど奈良へ帰るときに持って帰らなくてはなりません。

2009年5月 6日 (水)

佐久バルーンフェスタ

ゴールデンウィークは5連休で、奈良へ帰っていました。

埼玉へ戻るのに、渋滞を避けて信州回りで戻ってきたのですが、高速を小諸から佐久方面を走っていて山裾に熱気球を発見。高速のパーキングで佐久バルーンフェスタなるポスターを見たのを思い出して急遽、佐久で高速を降りて見物に行くことにしました。

Img_0440b  

会場がなかなか見つからずに、田んぼ道、千曲川沿いの小道を走ることに。

会場は千曲川沿いの川原で、ホンダが主催のようで、ホンダ車などの展示もあったりして人と車だらけ。

Img_0469

Img_0475

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »