« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月24日 (土)

熊谷からの星空

下のペルセウス座の写真は、熊谷市内の私の住んでいるアパートの近くから撮影した写真です。

Img_1407

EOS50D 24mmF3.5 
2009年10月22日0時00分から06分まで13秒露出2秒中断を30コマ合成。
感度は1600ですが、20秒以上露出すると真っ白にかぶってしまいます。眼視ではスバルが楽に6個見える程度の星空です。

オリオン座流星群のピークに撮影したのですが、残念なことに飛び込んではきませんでした。どうも暗い流星が多かったようで、眼視でも熊谷からの空ではほんの数個見れただけでした。来月の、しし座流星群、明るい流星なら撮影できそうな雰囲気です。

2009年10月13日 (火)

野辺山宇宙電波観測所からの星空

野辺山宇宙電波観測所からの星空です。

10月10日 1時52分 EOS50D 24mmF8 120秒露出

雲が多くて残念だったのですが、このあと奈良まで車を走らせます。

Img_1308_3

2009年10月 7日 (水)

コペルニクスクレーター

以前に撮影したコペルニクスクレーターとLAC地図を比較して見ました。

星を見れない時の暇つぶしです。

Photo

2009年10月 4日 (日)

お手軽 月面図

やっと送られてきました。SKY&TELESCOPE‘SのFIELD MAP OF THE MOONが。白尾元理さんの「月の地形ウオッチングガイド」に載っていた月面図をインターネット書店に注文したのですが、在庫が無くてなかなか手にすることが出来ませんでした。それが今日やっと送られてきました。

この地図はA.ルークル著のATLAS OF THE MOONを縮小して直径50cmにしたもので野外でもお手軽に使えます。あの地人書館の月面図は地図部分をコピーして野外で使用していたのですが、これが結構つなぎ部分が多くて不便だったんです。

早速にミューロン250を月面に向けたいところですが、このところ夜になると曇りになります。

インターネット書店も便利になったもので洋書でも宅急便屋さんにお金を払うだけで手にすることが出来ます。

Img_1302

この白尾元理さんの「月の地形ウオッチングガイド」に月面に関する海外のホームページが紹介されています。その中で感動的なものに、アポロ以前の月面図の紹介があります。
その紹介されていたLAC地図。 これは、コペルニクスとスタディウスですが、月面図はスケッチ風なものがいいですね。また詳細さにも感動です。

72dpi58_2

荒川のコスモス

荒川のコスモス畑。

Img_1270_3

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »