« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

1/30の火星

1月28日に最接近を迎えた直後の火星です。 相変わらずシーイングはよくなりませんが。

1月30日 23時22分 ミューロン250 Or9mmリレーレンズ方式

EOS50D 1/15秒露出

27442837

おまけで月面も。

危難の海の向こうにはスミス海、縁の海、が見えるのですが、綺麗な中央火山を持つクレータはーはネーピアでしょうか。

26842740

2010年1月30日 (土)

冬の御荷鉾林道へ

御荷鉾林道を走ってきました。

御荷鉾(みかぼ)林道は群馬県南西部を東西に走る関東一距離の長い林道です。しかもほとんど稜線上を走るため景色も良くコース取りを考えると下り基調のコースを取ることも出来ます。今回走ったのはコースの東側の完全舗装のコースです。

道の駅「上州おにし」で車をデポして、 下久保ダムから神流湖畔を走ります。

Dscn6777_2

神流湖畔の道は適度にアップダウンを繰り返しながら奥へと入って行き、県道46号で塩沢川を遡ります。今回の一番の難所は塩沢峠。標高1073m

Dscn6783

Dscn6785

塩沢峠を越えるともう稜線上に出て後は快適なコースになります。林道は稜線の南側を走るので奥秩父の山並みを見ることが出来ます。でも時おり浅間山、上州北部の雪を被った山並みも見えます。快適な下りが鬼石街中まで続きます。(神流湖まで下る予定だったのですが、道を間違えて鬼石まで下る道に入ってしまいました。山の中では道を間違えるととんでもないところへ出てしまいます。このコースは一度、車で走って下見をしていたのでろくに地図を持たずに走ってしまったのが間違いの元です。)

Dscn6792

2010年1月25日 (月)

火星の最接近

1月28日に火星が最接近を迎えます。 と言っても視直径14秒ですが。

1月24日 22時03分 ミューロン250 Or9mmリレーレンズ方式 
EOS50D 露出1/25秒 レジスタックスで約80枚を処理

241624961_2

北極冠が大きく見えています。2003年の時は南極冠が見えていたので少し感じが違いますが、大きな三角はシルチスでしょうか。視直径14秒にしては良く見えていますがシーイングはよくありませんでした。

火星を待つ間に月を眺めていました。シーイングが悪くてイマイチですが、リムの薄いクレーター、ゲーリッケ、パリ、フラマウロ、などが見えています。Or18mmで拡大画像。

22632305

ミューロン250での直焦点での画像。

21262197_2

Rr_2

2010年1月23日 (土)

深夜ドライブ 富士山麓

また今回も深夜ドライブです。 少し足を延ばして富士山麓へ。

金曜日の23時に埼玉のアパートを出発して、中央高速の河口湖に高速代1000円で降て、富士五湖を巡りながら星を見ることにしました。

河口湖からの星空。 河口湖大橋がひときわ明るいです。
1月23日 2時14分 EOS50D 24mmF8 2分露出

Img_1989

河口湖西側からでは富士山頂に、ちょうど南中した星座を見ることが出来ます。
河口湖西側は町から少し離れていて意外に空は暗くて結構楽しめます。今回もカメラと双眼鏡だけの気軽な星見です。
1月23日 2時48分 EOS50D 70mmF8 9分露出

Img_1995

本栖湖から昇る、さそり座の三ツ星とアンタレス。
1月23日 4時14分 EOS50D 52mm F8 5分露出

Img_1998

本栖湖の夜明け

Img_2018   

最後に山中湖に廻ったのですが、湖畔には白鳥と鴨が。 荒川の白鳥とは少し違うような、こちらのほうが大きい。

Img_2068_2

Img_2039

Img_2043

Img_2056

Img_2044

Dscn67701_3

何度来ても飽きない富士山で、いつも新しい発見があります。

暖かくなったら自転車で走ることに。 

2010年1月17日 (日)

クラブランに参加

某サイクリングクラブのクラブラン「埼玉の隠れた魅力」に参加してきました。

北浦和にある倶楽部ハウスを出発して埼玉中心部を走ったのですが、意外にもダートがあったり田舎道だったりで。

でも、どこを走っているのかサッパリ分からない。

Dscn6728_2

Dscn6743

Dscn6729

で、いつまでもゲスト参加と言う訳にもいかなくて某サイクリング倶楽部の会員になることに。

2010年1月16日 (土)

川本町の白鳥

私の住んでいる埼玉のアパートから南へ4キロほど行ったところに白鳥の飛来地があります。
国道に白鳥飛来地の看板があったのは随分前から知っていたのですが、こんなにも近くにあるとは知りませんでした。

川本町の荒川の河川敷に毎年100羽前後のコハクチョウがシベリアからやって来て降り立つようです。

Img_1981a

Img_1967

シベリアに戻る3月ごろまで自転車での散歩コースに入れることにします。

2010年1月10日 (日)

妙義山へ

妙義山へ初出撃です。機材はペンタ100SDUFとミューロン250です。デルコボイジャー105で100Vを出力できるようにしてノートブックパソコンも用意して、狭いホンダフィットの車内は荷物でいっぱいになりました。
夜半のうちは薄雲が多いながらも何とか晴れていたのですが、0時廻る頃には完璧に曇り空に変わってしまいました。そんなわけで早くも0時には撤収することになってしまいました。

薄雲の中のオリオン大星雲。ペンタ100SDUF 5分露出 EOS50D

Img_1603

0時に撤収して山を下りたのですが、下界は良く晴れています。帰り道で土星と火星をとりあえず撮影することにしましたが、シーイングはイマイチでこれもパットしません。

16921757_3

18921961

共にミューロン250 Or9mmのリレーレンズ方式の撮影です。

1月31日に小接近を迎える火星の視直径は13秒ほど2003年の大接近からすると約半分で、今回の接近は中でも一番小さい小接近です。

2010年1月 4日 (月)

走り初めは陣見山へ

走り初めは近場の陣見山へと行くことにしました。

陣見山へは11月にクラブランに参加させてもらった時に一度行っているのですが、自宅から一番近場の山で道も良く分かっているので行くことにしました。美里町児玉から上ったのですが、クラブランで走った時は簡単に越えたように思った間瀬峠も一人で走ると結構な距離があるように感じました。間瀬峠陣見山ビューラインも一人で走ると前とは違った良い印象です。

その間瀬峠陣見山ビューラインから見る群馬側の山。中央から少し右に奥日光の男体山が見えます。

Dscn6705

熊谷中心部の景色。

Dscn6713

奈良の自宅からだと飛鳥芋ヶ峠、葛城山麓の風の森峠が定番のコースなんですが、こちらの埼玉では陣見山が定番のコースになりそうです。3~4時間で気軽に走れるコースで景色も抜群です。今日は良く晴れていて浅間山、榛名山、赤城山、男体山までよく見ることが出来ました。

2010年1月 3日 (日)

埼玉へ帰還

2日の22時に奈良の家を出発して一路埼玉へ。東名阪、伊勢湾岸は相変わらず渋滞しているようで、京都から京滋バイパスで名神へ入ることにしました。小牧から中央高速、長野道、上越、関越と走りました。おかげで渋滞は全く無くて快適なドライブとなるはずだったのですが、道は名神、米原を過ぎたあたりから雪景色。長野道では積雪しているのですが、皆さん100キロ近いスピードで走っていきます。

また、今年も埼玉生活の始まりです。

写真は姨捨山付近の高速道路。 昔、姨捨、聖高原を自転車で走ったことがあるのですが、今は、この地を転勤の為に車で走ることになるとは。

Dscn6704

2010年1月 1日 (金)

新年おめでとうございます。本年もどうぞよろしく。

Dscn6700

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »