« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

スーレコのチェーンホイール 2

新しくしたチェーンホイールを付けて近場を走ってきました。

Dscn7702

古さを感じさせないデザインです。

Dscn7710

2010年5月29日 (土)

スーパーレコのチェーンホイール

ラレーのチェーンホイールのインナーを42枚にするついでにスーパーレコードのチェーンホイールにしてしまいました。 極細のギャーで違和感を感じるほどスマートです。

まずは、クランクを抜くのですが、カンパのクランク抜きって手に入りそうに無いのでシマノのクランク抜きで抜きます。

シマノの現行のクランク抜きTL-FC10です。

Dscn7686_2

少し心配したのですが、何の問題も無く抜くことが出来ました。

でも、高価な部品なんでスパナで力を入れるときに緊張しますね。

Dscn7689

で、スーパーレコードの52、42、のチェーンホイールに。

これが35年も昔のデザインとは思えないくらいに美しい。

Dscn7692

ほんの少しだけ峠越えが楽しくなりそう。

2010年5月23日 (日)

ポピーの季節

秩父高原牧場のポピーが満開になっています。

今日は天気が下り坂、雨が降る前に早朝から少し見てきました。

Img_4400

Img_4405

2010年5月22日 (土)

円良田湖までぶらりと

円良田湖までぶらりと走ってきました。

私の住んでいる熊谷からでは美里の山麓がとてもお手軽で良く走りに行きます。

今回も円良田湖までぶらりと。 

Ca3a0065

帰りは秩父鉄道沿いに走るのですが、カメラを持った人が線路のあちらこちらにいます。 こんな時は私もカメラを構えることに。 しばらくすると例の物が汽笛と共に現れます。

Ca3a0066_2

2010年5月16日 (日)

安曇野と小熊黒沢林道を行く

安曇野と小熊黒沢林道を走ってきました。

小熊黒沢林道は、信濃大町の北側にある木崎湖畔から北上し、小熊山山麓のサンアルピナ鹿島槍スキー場まで登る林道です。もちろん冬季は積雪のため通行止めで、この季節、雪解けが始まる今頃が一番景色が良くて楽しめる林道です。

車は安曇野の道の駅「池田」にデポして走り出しました。まずは北上して大町を目指します。

安曇野の田んぼに映るアルプスがとても綺麗。

Dscn7532

大町の町外れからすぐに木崎湖に入り湖畔を一回り。

Dscn7543

林道への入り口は案内板ですぐに分かります。

Dscn7538

最初のピークを過ぎると、眼下に木崎湖が広がります。

ここはパラグライダーの離陸地点になっているようです。目の前で、あっという間に空に舞い上がっていきました。

Dscn7573

Dscn7577

Dscn7579

林道の雰囲気はバッグンです。

Dscn7575

Dscn7585_2 

林道の向こう側に北アルプスの山々が広がります。

Dscn7558

Dscn7594

残雪の爺ガ岳、鹿島槍、五龍遠見の名峰が目の前に広がります。

Dscn7601

林道の終点はサンアルピナ鹿島槍のスキー場です。

Dscn7604

Dscn7598

スキー場の下の沢には小さな水芭蕉の群生地がありました。

ほんの少しですが、カタクリの花もまだ咲いています。

Dscn7622

下山は鹿島川を下るのですが途中の道が通行止めだったのですが、自転車なら全く問題なく通れました。鹿島川を下って大町へと。大町から安曇野へと。

国道は避けて通り、安曇野の景色を楽しみます。

Dscn7654

Dscn7644

今、りんごの花も満開です。

Dscn7658

翌日は信州を気ままにドライブ。

Dscn7681

Img_4352

月と金星の接近

夕方から自転車を掃除と簡単な整備をして、近くのスーパーに買い物に行って、帰り道にふと空を見上げると細い月。

月と金星の接近を思い出しました。

早速、見物です。

2010516m

2010年5月16日

左から19時07分、19時21分、19時45分 露出は1/25、1/15、1/10秒

EOS50D ペンタ100SDUF 400mmF4

短時間でも移動が良く分かります。月の移動スピードの速さを実感です。

東南アジアでは、掩蔽になったようです。 そう言えば10数年前に綺麗な金星食を見たことがあります。

2010年5月 5日 (水)

熊谷は30℃

熊谷は最高気温は30度 たまりませんね。

でも、連休中に一度くらいは走っておかないと。

近場を少し流しただけですけど。

Ca3a0056

2010年5月 4日 (火)

連休の過ごし方

この連休は一人で自転車に乗って信州でも走りに行く予定だったのですが、やっぱりそんなわけにも行かず、家の用事があって奈良に帰ることになってしまいました。

でも、どうしても信州の遅い春を見てみたくて奈良での予定を繰り上げて、信州を少しだけ楽しむことを。ただ車でですけれど。

今回のお目当ては、30数年前に自転車で訪れたことのある鬼無里、奥裾花の水芭蕉です。

ここ奥裾花の水芭蕉は尾瀬と並ぶ日本一の大群生地です。

Dscn7491_2

車は随分手前にある駐車場に置いてそこからはバスで公園前まで移動します。昔は水芭蕉の群生地のすぐそばまで車で入れたのですが、いまは環境保護のため一般車進入が規制されています。

バスを降りて少しだけ林道を歩くと公園に入ります。まだ雪が深くて、持ってきた長靴が役に立ちます。

Dscn7507_2

奥裾花自然園・今池湿原

Img_4190_2

Img_4220_4

Img_4209_2

Img_4238_2

Img_4214_2

今回は車でしたけど、やっぱり、信州は自転車でゆっくりと走りたいものですね。

流れる景色、風の味わいが、自転車ではいっそう新鮮に感じるので。

走りに出たい!

信州はまだ遅い春です。

Dscn7412

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »