« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月17日 (木)

マックノート彗星6/17

マックノート彗星(C/2009R1)はもう見ることが出来ないと思っていたのですが、梅雨に入ってすぐに梅雨の晴れ間です。

撮影は東秩父の定峰峠の南側からです。薄雲が多くて眼視では尾は確認できませんでしたけれど、とにかく明るい彗星核を見ることが出来ました。

2010年6月17日 2時28分
ペンタックス100SDUF 400mmF4 EOS50D 30秒露出

Img_4491_2

薄雲が多く画像が揃わなくて彗星核コンポジットが出来無かったのですが、一枚の画像からでも尾がV字型に伸びていることが分かります。

2010年6月14日 (月)

マックノート彗星は惨敗

マックノート彗星は惨敗に終わりました。もう梅雨に入りましたしね。

車には機材を積みっぱなしにして機会を狙っていたのですが結局、6月2日に自宅近くの場所から見た以外は一度も見ることが出来ませんでした。

6月12日(土)の夕方からは晴れ間も出てきたので少し遠出もしてみたのですがこれも結局惨敗。
その遠出の場所ですが、新潟県魚沼市、枝折峠(しおり)。
国道352号線の峠で標高1000mほどの峠ですが、峠付近は稜線を走り展望はバッグンです。この国道、魚沼の小出から福島県の檜枝岐村に出る道です。峠を越えると奥只見湖から尾瀬の福島県側登山口にも出ることが出来、まさに秘境を走る事になるルートです。この峠の下には奥只見シルバーライン(総延長20数キロのトンネルです)も走っていて一段と秘境な雰囲気を盛り上げます。

写真はその枝折峠です。写真は昨年秋に下見をしたときのものです。

Img_1452

峠は越後駒ケ岳への登山口になっていて数十台車を止めることの出来る駐車場がありますが、星見に利用出来るのは、雪解けで道が通れるようになった今の時期だけかもしれません。夏から秋は登山客の車でいっぱいになるようです。

峠の少し下からはその越後駒ケ岳を見ることが出来ます。この写真も昨年秋に撮影したもので、右の山が越後駒ケ岳です。

Img_1455

で、今回の星見、一晩中、薄雲の中から星が見えたり隠れたりで全くダメで、おまけに体調も悪くなって散々でした。
峠にはもう一人撮影に来られていた方が居たのですが、その方のお話によるとここから見る星空はとても素晴らしいようです。 もう一度、ここ枝折峠から見る星空を挑戦したいものです。

2010年6月 2日 (水)

マックノート彗星 6/2

マックノート彗星 C/2009R1が明け方の空に見え始めています。

熊谷の街中からでもニコン70mm双眼鏡で充分見ることが出来ます。

2010年6月2日 3時16分 EOS50D ニコン105mmF1.8 絞りF4 4秒露出

Img_4432

久しぶりにミューロン250、ペンタ100SDUFを近日中に出動の予定です。

木星の縞模様一本消失も気になるところですし。

Img_4428

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »