« 月面、惑星の撮影方法 | トップページ | 9/10の木星 »

2010年9月 5日 (日)

越後山脈の浅草岳ネズモチ平へ

先日、胎内星まつりの時に下見をしてきた越後山脈の浅草岳登山口ネズモチ平へ行って来ました。 関越自動車道を利用して熊谷から200キロの道のりを約3時間で行くことが出来ました。

今回、機材はペンタ100SDUFとST-4のガイドシステム、ミューロン250のセットです。100Vを使えるようにしてパソコンも用意。カメラの電源も100Vから供給して一晩中稼動できました。

Img_7333

夕暮れ時から薄雲が多くて、また浅草岳の山頂は厚い雲に覆われていたのですが、20時過ぎには快晴になりました。 

南から東方向は山並みで15度から20度くらいは視界が妨げられますが、それ以外は概ね良好です。
空の暗さはなんとなく明るいような気がしましたが、天頂付近の天の川の濃度は半端ではないくらいに濃いです。たぶん本当は相当暗いのでしょう。 わし座からはくちょう座、カシオペア、ペルセと濃い天の川が流れます。 はくちょう座からカシオペア座の間の目立たないケフェウス、トカゲ座の天の川がめちゃくちゃ濃いです。

Img_7337

Img_7339_2

Img_7358

いて座からペルセウス座の天の川。 
レンズEF-S 10-22mmF3.5-4.5USM を使用。
上から22mm3分露出 、中 10mm3分露出、下 10mm5分露出 絞りはF6.3
このEOSのレンズ周辺部までシャープです。

北アメリカ星雲 
EOS50D ニコンED180mmF2.8 絞りF4 5分露出

Img_7349_2

網状星雲
EOS50D ニコンED180mmF2.8 絞りF4 5分露出

Img_7343

52番星の網状星雲
EOS50D ペンタックス100SDUF 400mmF4 5分露出

Img_7362

アンドロメダ星雲
EOS50D ペンタックス100SDUF 400mmF4 5分露出

Img_7368

私の機材。撮影用のペンタックス100SDUFとガイド鏡の高橋65mmP型セミアポ鏡筒。

Dscn8006

ミューロン250 
透明度は抜群で綺麗な星空を見ることが出来ましたが惑星、月面はシーイングが悪く全くダメでした。

Img_7376

私以外に2名の方が天体写真を撮っておられましたが、登山客は皆無です。

駐車場の様子

Dscn8014

見えている小屋はトイレです。電気は来ていないようで外灯なんかもありません。

今回、始めて来たのですが大いに気に入りました。またここで星を見ることにします。

« 月面、惑星の撮影方法 | トップページ | 9/10の木星 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 越後山脈の浅草岳ネズモチ平へ:

« 月面、惑星の撮影方法 | トップページ | 9/10の木星 »