« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

熊谷から見る星空-2

Img_0145

10mmの広角レンズでオリオン座周辺を狙ってみました。

双眼鏡を向けてみてもそれなりに楽しむことができます。

2011年1月22日 (土)

熊谷から見る星空

このところ熊谷市内からでも透明度が良くて綺麗な星空を見ることが出来ます。

住んでいるアパートのベランダにカメラをセットして撮影してみました。 30秒露出で99コマをフォトショップの比較明で合成しています。

街中から見るオリオン座周辺です。満月近い月が傍にあったのですが良く写っています。

Img_0042

2011年1月18日 (火)

南極老人星を見に-2

また見に行って来ました。 南極老人星を。

2011年1月17日 22時09分から22時27分まで、25秒露出、中断5秒を36コマ撮影
EOS50D 10-22mm 14mmF11で撮影 利根川河川敷

Img_9998

2011年1月16日 (日)

国道17号線

私の住んでいる熊谷の家のすぐ傍を国道17号線が走っています。 東京日本橋から新潟市へと走る国道でが、新潟県へ越えるのに、県境にそびえる谷川岳を主峰とする越後山脈を越えなくてはなりません。 関越自動車道で越えるとなんてことはないのですが、一般国道の17号線の三国峠のこの季節の様子を知りたくてちょっと走ってみました。 

群馬県の猿ヶ京温泉を過ぎるとすっかり雪化粧で、三国トンネルまでもうすぐです。

その三国トンネル。積雪は常に除雪車が走っているのでそれほどでもありません。 

Dscn8723

関西の人間には経験のすることのない雪景色と雪道ドライブです。 

吹雪とまでは行かないが深々と降る雪でなにも見えない。 晴れていれば苗場のスキー場がきれいに見えるのですが、早々に退散しました。

Dscn8731

帰りに群馬県高崎にある自転車屋で部品の物色です。 本当は自転車屋に行くことが国道17号線を北上した目的なんですが、えらく遠くまで寄り道をしてしまいました。

で、バーテープを新調したのですが、寒くて走りに行く気がしません。 部屋の中で一日中自転車いじりです。

Dscn8742

2011年1月11日 (火)

南極老人星を見に

りゅうこつ座のα星、カノープスです。

中国では南極老人星と呼ばれ、めったにお目にかかることがないので一目見ると長生きするといわれています。

この季節、シリウスが南中する頃に地平線ぎりぎりに見ることが出来ます。 埼玉からの地平高度は約1.5度ぐらいにしかならないのですが、透明度の良いこの季節にはよく見ることが出来ます。 

2011年1月10日 22時35分~23時02分まで、30秒露出、中断5秒を47コマ撮影。
EOS50D EF-S10-22mm 16mmF8で撮影  撮影地 利根川河川敷

Img_9942

薄雲が多くて分かりにくいのですが、画面中央、地平線ぎりぎりに見ることができます。双眼鏡では超低空の為にオレンジ色に見えました。 この利根川河川敷、さえぎる物が全く無くて360度低空まで見ることが出来ます。埼玉って空が広い。

2011年1月 9日 (日)

川越クラシックカーの集い

パジャマ雄三さんのブログを拝見していてちょっと行って来ました。 小江戸川越のクラシックカーの集いに。

Dscn8678_2

エンジンルームも見事。

Dscn8672

見事としか思えないような仕上がりのスバル360のエンジンルーム。

Dscn8688

一度はこんな世界に浸ってみたいと思うのですが、宝くじにでも当たらないと出来そうにありませんね。

Dscn8690

夢の世界を後にして、自分の世界へと。

昨日、切り落としたハンドルで近くの公園へ。

Dscn8706

リオタープラットホームも取り付けて。

Dscn8710

新しいハンドルはなかなか 快適です。 前に重心を移してもハンドルから手がズレ落ちることが無くていいです。 登り坂でもグリップ効果が抜群にいいようです。

Dscn8715

2011年1月 8日 (土)

木星と天王星の接近

1月2日木星が天王星まで0度34分に接近しています。

少し日が経っているのですが、まだまだ同視野内に接近して見えてる様子をMT-160で眺めてみました。

2011年1月8日 18時32分 10秒露出
MT-160鏡筒 レデューサー使用 776mmF4.8 EOS50D
撮影地 熊谷市内

Img_9927_2

ST-4も久しぶりに稼動させて動作確認です。

Img_9931_2

オリオン座の大星雲にも望遠鏡を向けてみました。熊谷からでもそこそこ写ります。
ST-4も大幅な暴走することなく追尾しているようです。 時々アベレージが大幅に変動しますが久しぶりに使ったオートガイダーですからこんなもんでしょう。 画像を見ると結構、星が流れています。

MT-160鏡筒 レデューサー使用 776mmF4.8
EOS50D 2分露出を4枚合成 撮影地 熊谷市内

Img_9934  

ギドネットのお遊び

早速、ハンドルバーを切ってみました。

Dscn8664

ハンドルは日東105のドロップバー、幅は420mmでやや広い目の物です。

本来のグリップに替わるところにはバーの上部を握って走れるため、例えば上り坂などで力を込めて握れるためより効果的です。 アウターケーブルの取り回しはご愛嬌です。

2011年1月 7日 (金)

奈良から持って帰ってきたもの

正月休みで奈良へ帰っていて奈良から埼玉へ持って帰ってきたものです。

一つ目は高橋MT-160反射鏡筒。

長い間、使用していなかったのですが久しぶりに撮影でもと思っています。 購入して15年以上経っていますが、鏡面はまだまだ綺麗な状態で、反射率もそれほど落ちていないような。 レデューサーを装着するとF4.8となりシャープな星像を得ることが出来ます。

Dscn8662

このMT-160久しぶりに持ってみると大きい、重いの一言。 作りの良さと信頼性が高橋と言えばそれまでですが本当に大きくって、ミューロン250の方が扱いやすく感じます。
ひとつ便利なことは焦点距離がレデューサー併用、直焦点、コレクター併用、でF4.8、F6、F8と変更でき、撮影する対象によって焦点距離を選べることです。
口径は16cmでそれなりですが、惑星像はすばらしく綺麗で、天文ガイドのお宝鑑定団で紹介されるほどの鏡面です。高橋製作所のよき時代の名機です。

もう一つは、やっぱり自転車部品を持って帰りました。

年末に大阪のイトーサイクルで部品調達をしていろいろと。 その中でイトーサイクルで買った105ドロップバーとコレクションの新品のマハックギドネットでお遊びを。

ハンドルの上半分(下半分かな)を切り落として使います。

Dscn8654

2011年1月 1日 (土)

本年もどうぞヨロシクお願い致します。

201111ajpg_2

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »