« 熊谷から見る星空-2 | トップページ | 私が愛した... »

2011年2月 5日 (土)

陣見山ビューラインへ

今年になってから、寒くて寒さに負けて、ほとんど走っていなかったのですが、立春を過ぎ少しだけ暖かくなったのを機に走って来ました。コースはいつもの陣見山ビューラインですが、少しだけアレンジして、不動山を越え出牛峠~県道44号線(秩父児玉線)で児玉へと戻ってきます。

それほど寒くはないのですが、凍結している間瀬ダム。

Dscn8753

間瀬峠から不動山へは視界が悪くて長瀞の景色を望むことは出来ませんが、糠掃峠を過ぎると長瀞の町を一望できます。

Dscn8755

Dscn8757

糠掃峠を過ぎると、木を切り出して山が丸裸になっていました。

Dscn8758

児玉から熊谷方面へ戻って、 いつもの公園で一息。

レオター・プラットホームですが、やっぱりランドナー向きでしょうか。ラレーに付けたカンパのペタルなら普通の靴でもカチッとした一体感を感じるのですが、フラットホームはペタル面が平らなため、強い目にストラップを締めこまないと安定しません。ラフな踏み応えもまた良いのですが。ともあれスタイルはお気に入りなんで、やっぱりこれが良いようです。写真はいつもの公園で愛車のトーエイスポルティーフ。

Dscn8764_2

プラットホームには三ヶ島のクリップ Lサイズを付けているのですが泥除けに干渉してしまいます。ペタル座面が長いようでMサイズにしておけばよかった様です。また、ほんの少しですがシャフトからペタル座面までが高いようです。シートピラーを再調整をするほどではないのですが、クリップが地面と干渉しやすくなりました。

Dscn8767

グラフィック社から発売される「私が愛した自転車パーツ」、近所の本屋に注文しました。発売は2月上旬とあったのですが、中ごろになるような返事でした。 私の愛した自転車パーツ、出来の悪いリオタープラットホームですが、私の青春時代に愛用したペタル、やっぱり私のお気に入りです。 

« 熊谷から見る星空-2 | トップページ | 私が愛した... »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陣見山ビューラインへ:

« 熊谷から見る星空-2 | トップページ | 私が愛した... »