« 震災 | トップページ | 春をもとめて-2 »

2011年3月20日 (日)

春をもとめて

春を求めて円良田湖まで走ってみました。

Img_0718_2

円良田湖畔は「あんずの里」として有名なんですが、あんずの花は、まだ、つぼみのようで、はやく暖かくなって咲いてほしいものです。

Img_0726

円良田湖からはハイキングコースで鐘撞堂山へと登ります。
出かける前に地図ソフトで調べたのですが、鐘撞堂山は標高330mの低い山で、山頂の近くまで林道が続いているようです。自転車でも快適なハイキングコースで担ぎ上げることもなくゆっくりと自転車を押しながら、愛車と共にハイキングです。

Dscn8874

今回のお供はフルカンパの1975年ラレーカールトンで、地道なんかを走る自転車ではないのですが、軽量のロードでゆっくりと自転車を押しながら行くのもいいものです。

Dscn8873

その鐘撞堂山、山頂です。ハイカーたちの憩いの場所です。

山頂からは熊谷、寄居の町並みが一望できます。

Dscn8872

Dscn8869

この鐘撞堂山、戦国時代に鉢形城の見張り場として北条氏が建造した物だそうです。その後、秀吉の軍勢、前田利家、本多忠勝らにより取り去られたとあります。この近くには陣見山などもあり、なんかその時代のことが偲ばれます。今度は不動山、陣見山、鐘撞堂山、そして鉢形城と走ればおもしろそうです。

Dscn8867

自転車なんかに乗って遊んでいる場合ではないのですが、気持ちをリフレッシュ、ストレス解消、体力保持の為に春を求めて少しだけ走ってみました。

大変な時期ですが、被災地にも早く春が訪れますように。

« 震災 | トップページ | 春をもとめて-2 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春をもとめて:

« 震災 | トップページ | 春をもとめて-2 »