« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月24日 (日)

金精道路を走る

積雪のため冬季通行止めだった金精道路が開通しました。 

金精道路は栃木県、日光中禅寺湖畔から山越えをし、群馬県、片品村へ出る山岳国道です。

日光いろは坂は車で登る事にして、車を中禅寺湖畔にデポして走り出しました。

途中の戦場ヶ原の湿原は見ものです。

Dscf1297

こちらは戦場ヶ原展望台から。湿原がお花畑になる頃にもう一度来てみたいものですね。

Dscf1302

三本松の駐車場は天体観測の場所としても有名です。視界もよく良いのですが、夜間でも車の進入が多くありそうですね。

Dscf1403

湯ノ湖から見る景色。

山の鞍部分が峠になります。峠まではもう少しです。 

Dscf1325

金精道路の登り。

Dscf1355

振り返れば今登ってきた道が、右端に湯ノ湖が見えます。随分登って来ました。

Dscf1387

金精トンネルを越えて群馬県側へ。 今回は登って来た道をまた下ることにしました。同じ道でも雄大な景色なんで何度見ても飽きることがありません。

Dscf1380

栃木県側の標高は1843mmだそうです。 中禅寺湖畔の標高は1200mmほどですから600mほど登った事になります。

Dscf1366

また、戦場ヶ原へ戻ってきてゆっくりと高原を散策します。

中禅寺湖畔の千手ヶ浜へも散策です。 赤沼茶屋から千手ヶ浜へ入る道は、環境保護のため一般車は進入できませんが自転車は入ることが出来ます。もちろん自転車ではハイキングコースへの進入は禁止されています。

観光センターの担当者の方にお伺いしたのですが、この赤沼茶屋~小田代原~千手ヶ浜のコースには低公害バスが4月26日から運行されます。ちょうど今日はテスト運行の日で、たまたまそのバスの運行に遭遇してしまいました。

そのコース道、小田代原の湿原の横を登って行きます。 時々、野生の鹿の群れを見ることも出来ました。

Dscf1449

コースの中ほどにある弓張峠。なかなか雰囲気のいい峠です。 

Dscf1446 

熊には遭遇しませんでしたけれど、熊に注意とか熊の目撃情報とかの看板はいたるところにあります。 

Dscf1425

Dscf1443

千手ヶ浜から見る中禅寺湖。絶景ですね。

Dscf1432 

2011年4月23日 (土)

FINEPIX S2800HD

今まで使っていたコンデジが不調で、思いにもよらずに新しいカメラを買ってしまった。

ネット販売で型落ち、最安値。

最安値で販売店の信頼性に多少の不安はあったもののとりあえずカメラ本体は問題なく使えています。

一眼デジカメとコンパクトデジカメの間を行くサイズのカメラ。機能満載で使い込むのに時間が掛かりそう。

電源は単三型電池を4本使用するタイプで、サンヨーの充電電池エネループを入れることにして経済的。

Photo_2

天文用にはならないけれど、お安いカメラで結構、お気に入りです。

他人の玄関先の花壇を少し失礼してテスト撮影。

Dscf1223

Dscf1228

2011年4月14日 (木)

華麗なるフランスの旅行車たち

出ました

日本語版が

このところ、お気に入りのグラフィック社です。

Dscn8926_3

2011年4月10日 (日)

やっと満開の杏

Img_1330

Img_1350

2011年4月 2日 (土)

4/2の土星

相変わらず写りの悪い写真ですが、眼視ではそこそこ楽しむことが出来ます。

眼視で愛用しているアイピースはテレビューPL20mmと清原ハイコン15mm。 双眼装置を装着して2倍バローの有る無しで、150倍、200倍、300倍、400倍と変えて楽しんでいます。

2011042

2011年4月 1日 (金)

ヴィンテージパーツ図鑑

知っておきたい

“往年の名パーツ” ですって。

本屋で立ち読みでいいかと思ったら書いてある字が小さくて読めない。

買って帰って老眼鏡を掛けて読む羽目に。

Dscn8913_3

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »