« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

7月最後のお休みですが

7月に入ってから土日が出勤になって木金が休みになっています。今日は7月最後の休みなんですがあいにくの雨です。

アパートの部屋で自転車を弄って自転車の雑誌をめくって時間を過ごしているのですが、その自転車雑誌、ここ半年くらいの間に買ったものはすべてグラフィック社出版のものばかりです。

すごい勢いで編集者さんの熱意が伝わってくるのですが、あまりにも発行のペースが早すぎて次の企画はどうするの、来年は何を出すのと心配してしまいます。ロードレーサーでガンガンと走るのではなくてCYCLO TOURISTですから周りの景色を楽しみながらもう少しゆっくりと走りましょう、なんてね。

Dscf0393_2

どの本も浅間山麓自転車屋(仮名です)の影響力が強くて、気候がよくなったら信州の山々を走りたくなりますね。

雨のち曇り

昼から雨が上がって路面も乾いてきたので少しだけ走ってきました。

Dscn8954

熊谷のアパートからほんの少し西に走ると田園風景とこんな{トトロの森』のようなところに出会うことが出来ます。

2011年7月15日 (金)

7/15の木星

この夏はじめて木星を撮影しました。

梅雨明け以来、猛暑が続いていて夕方には雷雨もあるのですが、明け方の空は良く晴れていてシーイングもいいようです。

2011年7月15日 3時06分
ミューロン250 Or9mm EOS50D 1/10秒露出 約100枚を処理

2011071516341792b 

2011年7月15日 3時49分

2011071521602346a

2011年7月14日 (木)

続-野反湖まで

満開になったニッコウキスゲを見に行って来ました。

梅雨も明けたことだし最初の予定では、自転車で長野原~野反湖~草津温泉と走るつもりだったのですが、このところの猛暑で自転車で走るのは無理と判断してまた車で走ってきました。

野反湖畔のニッコウキスゲは絶景です。

Img_1539

Img_1552

登山道の砂地ではコマクサも自生しています。

Dscf0372

Img_1563

2011年7月 7日 (木)

カンパピラーを磨く

先日、チューブラーリムを磨いた時の耐水ペーパーがまだ残っていたので、ラレーカルトンのカンパサドルピラーを磨いてみることにしました。

Img_1486

カンパピラーのやぐら部分は磨きが入っていなくて梨地状態です。ここを磨きます。

耐水ペーパーの800番、1000番、1500番とだんだんに細かく磨いていき最後にバフを掛けるのですが結構大変です。
おまけに梨地のためか面がデコボコで結構雑なつくりなんです。

完成するまでにまだ少し時間が掛かりますが、梅雨があけるまでには何とかピカピカに光らせたいものです。下の写真はほんの少しだけ磨いてみたカンパピラーです。

Img_1531

カンパピラーの磨きが完成するまでの間の代わりのピラーは古いシマノデュラエースにしました。長い間、部品箱で眠っていた物を引っ張り出してきました。

Img_1535

2011年7月 3日 (日)

野反湖まで

群馬県吾妻郡六合村の野反湖へとドライブです。

Img_1515_2

野反湖は群馬県北西部の標高1500mの高地ある人造湖です。人造湖なんですが深い谷に造られたダム湖ではなくて、景色の良い高原に造られているのでダム湖といったイメージはまったく無くてまるで自然湖のように美しい景色を楽しむことが出来ます。
野反ダムから下流はすぐ長野県になり中津川に流れ込みます。そして平家の落人伝説の「秋山郷」へと流れます。群馬県にある湖ですが最後は信濃川から日本海へと出るんです。

湖畔には高山植物でいっぱいです。ノゾリキスゲ(ニッコウキスゲの現地名だそうです)ももうすぐ満開になりそうです。

Img_1514

Img_1520

Dscf0317

今日は時おり激しい雨が降ったので、あまり散策が出来なかったのですが、また、来て見たいものです。秘境中の秘境、自転車でも星見にでも最高の場所になりそうです。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »