« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

ポピーが満開です。

久しぶりに自転車に乗りました。

いつものショートコースで、円良田湖と鉢形城跡へと。

美里の丘陵地にはポピーが満開です。

Dscn0553

Dscn0563

鉢形城跡でお昼にして。

Dscn0566

2012年5月26日 (土)

日食画像をレジスタックスすると

ちょっと遊んでみました。

日食後半の画像をレジスタックスしました。約40枚です。

2012052140a

で、本来の目的、黒点の鮮明化です。 白斑の部分も良く分かります。

2012052140

2012年5月24日 (木)

ベイリービーズの変化

金環食始まりの頃からのベイリービーズの変化を4秒ごとにまとめて見ました。

画像処理方法も少し変更しています。

7時34分01秒から7時34分37秒まで10コマ。

59665984101_3

こちらは金環食後半の
7時34分41秒から7時35分25秒まで12コマ。

5986600812

下の画像はステラナビでのシュミレーションです。時刻は7時34分20秒の頃。

なんとなくイメージが分かります。(赤い横線は赤偉20度のライン)

実際の月面の縁の部分なんて、いつもは意識して見ていないので次の機会に撮影してみたいと思います。

20120521073420

2012年5月22日 (火)

5/21金環日食の画像処理

撮影した画像は約500枚ほどあります。

実際の金環日食も感動の連続でしたが、いまパソコンの画像を確認していてまた感動しています。

その一部を紹介します。

ベイリービーズの変化です。月面のクレーターのシルエットを実感できます。

Photo

こちらはちょっと合成方法の失敗作。

Photo_2

2012年5月21日 (月)

5/21金環日食

いよいよ当日ですが、日食中心線近くの太平洋側は雲が多そうで、埼玉県内も曇るような予想でした。

急遽、観測地点変更することにして候補地は北限界線近くの福島県三春の瀧桜周辺、群馬県水上周辺の道の駅、長野県小諸周辺の道の駅として、天気予報と地図をにらめっこして検討したのですが、やっぱりここは一番場所を知っている信州にすることにしました。

観測場所は上信越道 小諸ICからすぐ近くにある東御市の「道の駅雷電くるみの里」。
ここは浅間山麓の浅間サンラインと言う素敵な道沿いにあります。もちろん視界も環境も抜群です。(書き込んだ限界線は正確ではありません)

Photo

ここは日の出とか浅間山の撮影ポイントになっているようです。

Dscn0503

ちょっとした小観望会です。(画像はぼかしを入れてあります。無断掲載ごめんなさい)

北限界線ですから金環食の時間は僅かで70秒ほどです。金環食が始まるとすぐにベイリービーズがずっと見ることが出来ます。感動の連続です。観望者が輪になって望遠鏡を囲み次々と望遠鏡を覗き込みます。こんなに楽しい観望は久しぶりです。

Dscn0504

観望の後、望遠鏡を覗くことが出来たお礼にと、こんな物を貰いました。ここ雷電くるみの里の名物「雷電わらじ焼き」です。くるみの味噌で美味しゅうございます。有難うございました。

Dscn0524

観測地  長野県 東御市、道の駅「雷電くるみの里」
東経138度23分 北緯36度21分 標高690m

部分食開始  06時20分02秒
金環食始まり 07時34分06秒
金環食最大  07時34分42秒
金環食終了  07時35分18秒
部分食終了  09時01分34秒  (時刻は東御市中心)

機材は撮影用
高橋MT-160反射鏡筒 コレクター使用 f1330mm F26 ND400 2枚重ね EOS50D

眼視用
高橋65mmP型セミアポ鏡筒 バーダー太陽フィルター

6時20分25秒 部分食始まりです。

Img_5750

6時32分20秒

Img_5765

7時06分51秒

Img_5803

7時28分11秒

Img_5829

7時31分01秒

Img_5876

7時32分19秒

Img_5915

7時33分25秒

Img_5948

7時34分07秒 金環食始まり。 ベイリービーズの始まりです。

Img_5969

7時34分19秒

Img_5975

7時34分41秒

Img_5986

7時35分01秒

Img_5996

7時35分19秒

Img_6005_2

7時35分43秒

Img_6017

7時36分11秒

Img_6031

7時36分49秒

Img_6051

7時37分55秒

Img_6083_2

7時47分37秒

Img_6182

8時03分37秒

Img_6199

8時16分37秒

Img_6211

8時44分46秒

Img_6239

8時58分27秒

Img_6252

9時00分27秒

Img_6254

9時02分27秒 部分日食も終わっていつもの太陽表面になりました。

Img_6256

お疲れ様です。 

観望中、日食の進行状態を解説してくれました、元天文クラブの天文ガールさんもお疲れ様でした。 また、どこかでお会いしたいものです。

Dscn0509

2012年5月20日 (日)

明日は金環日食です

明日は金環日食なんですが天気があまり良くないようです。日食中心線の太平洋側は特に雲が多くなりそうです。北部の限界線の長野、群馬あたりがよいのでしょうか。

最終確認のためテスト撮影してみたのですが、今日も雲が多くてピントのピークも良く分からない見え具合です。

2012年5月20日 11時27分 MT-160 f1330mm 1/160秒露出

2012052056915735

2012年5月19日 (土)

あと2日です

いよいよ明後日にせまった金環日食です。少し天気が心配ですが、太平洋側は少し雲が多いようです。内陸に入った方が良いのかもしれません。となると日食中心線で見るよりも北側の限界線に近い方が良いのかもしれません。 今のところ太陽のリングがど真ん中にくる日食中心線の近く茨城県の霞ヶ浦付近で観測するつもりなんですが、ベイリービーズの見える限界線も気になるところです。

予定している霞ヶ浦付近の日食中心線の地図です。(日食線は正確ではありません。)

Photo_2

こちらは今日の月。

明日はもっと細くなって明後日は太陽の上でなくなります、なんて!

2012年5月19日 4時08分 ペンタックスSDUF100 400mmF4 1/20秒露出

Img_5581

2012年5月13日 (日)

金環日食準備-その3

少しでもシャープな像にこだわってMT-160反射鏡筒を使用してみました。

Dscn0492

主鏡全面を覆えるフィルターを用意出来ればよいのですが、今回は68mm径のND400を2枚重ねで、スパイダーにかからないようにセットしてニュートン鏡の無遮蔽光学系にしました。

コレクターを使用して焦点距離1330mm、有効径50mmほどでF26になります。

撮影中は風が強くてシーイングはあまり良くなかったのですが、なかなかシャープな像だと思います。

2012年5月13日 9時53分 露出1/500秒

2012051350185067

肉眼黒点の拡大写真も。

2012年5月13日 11時09分 Or18mm拡大 露出1/40秒

2012051351595208_3

あとは金環日食の当日を待つだけです。晴れることを祈りましょう。

2012年5月12日 (土)

金環日食の準備-その2

もう一週間ほどで金環日食です。準備万端といきたいのですがなかなか進みません。

撮影に使用する鏡筒は高橋65mmP型のセミアポなんですが、イマイチシャープな像ではありません。Fの短い鏡筒でアイピース拡大撮影するので仕方が無いのですがね。

今、ちょうど肉眼黒点が見えているので撮影してみました。40枚ほどをレジスタックスしています。

2012年5月12日 8時44分 高橋65mmP型セミアポ鏡筒 Or25mm拡大 露出1/160秒

2012051248204867

こちらは、その肉眼黒点の拡大写真。 同じ画像からの拡大です。

2012051248204867a

2012年5月 5日 (土)

小熊黒沢林道を走る

一週間の連休でした。
前半は奈良で過ごして後半早々に埼玉に戻って自分の遊びに浸るつもりだったのですが、天気が不順で晴れたのはこの5日だけでした。やっぱり5日「こどもの日」は特異日ですね。 というわけで白馬山麓日帰りサイクリングです。

この林道を、はじめて走ったのは2年前でが、またこの時期に走ってきました。
多くのサイクリストから愛されているこの林道、何回走っても良いものです。

今回は「道の駅 白馬」に車を置きそこから出発です。

まずは青木湖畔の散策から。

Dscn0235

塩の道 千国街道も散策します。

Dscn0249

仁科三湖を巡って小熊黒沢林道の入り口へと。

2年前に来た時は5月の中ごろでしたので、今回は残雪が多くありそうかと期待が持てます。青木湖の佐野坂峠にも結構な雪がありましたのでワクワクしながら林道へ。

Dscn0262

少し登ると白馬連峰がちらほらと見え隠れしてくれて、ぺタリングも軽やかになります。

Dscn0269

絶景ポイントはやっぱりここが一番でしょうか。

Dscn0272

パラグライダーの滑空場でコーヒータイムにして見物です。 

今日は風も無く穏やかで観光客用にタンデム飛行を頻繁にやっていました。

Dscn0291

Dscn0293

Dscn0314

Dscn0321

Dscn0347 Dscn0353

サンアルピナ鹿島槍スキー場ゲレンデにはまだ雪が残っていて、小さな谷には水芭蕉も見られます。

Dscn0382

Dscn0364

下山は中綱湖、簗場へ下りる道を選んで下山。

山麓はこの時期ならではのもので、いろいろな花で目を楽しませてくれます。

Dscn0393

木崎湖畔に戻って来ました。

Dscn0430

白馬の町に流れる姫川。 ここで見る川は源流に近くて穏やかな小さな川なんですが、少し下流に行くと雪解け水で激流に変わりこの時期荒々しい川になってしまいます。このまま姫川に沿って糸魚川まで自転車で下ってしまいたい気もしますが、車のデポ地へ戻っておしまいです。

Dscn0448_2

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »