« 釜伏峠へ | トップページ | 新装 東京駅舎 »

2012年10月 9日 (火)

近いようで遠い東北

それとも、遠いようで近い東北でしょうか。

宮城山形県境の蔵王。

Dscn0078

Dscn0109

Dscn0088

山形市 山寺

Dscn0157

岩手県 平泉で「わんこそば」を頂きます。

Dscn0201_2

ここ平泉の「わんこそば」は盛り出し式そばで、給仕さんが入れてくれてテンポよくだべるのではなくて、自分で一口ずつ食べるんです。
「わんこ」は24杯あって、鮪の山かけ、なめこおろし、筋子、鰹節、のり、ネギ等の薬味が出され、最初はシンプルに食べて、いろいろと薬味を追加していきその変化を味をいます。その変化が絶妙に美味しいです。

花巻 宮沢賢治イーハトーブ館

Dscn0211

「銀河鉄道の夜」のモデルになった釜石線(岩手軽便鉄道)の「めがね橋」

Dscn0230

花巻から遠野への途中で見た、南部曲り家形式の古民家。

Dscn0222

囲炉裏の前でまったりと

Dscn0225

遠野の「かっぱ淵」

Dscn0246

« 釜伏峠へ | トップページ | 新装 東京駅舎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近いようで遠い東北:

« 釜伏峠へ | トップページ | 新装 東京駅舎 »