« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月25日 (日)

この時期の一ノ倉沢

谷川岳の一ノ倉沢を見に行って来ました。

夏場なら国道291号線で一ノ倉沢大雪渓の前まで車で入れるのですが、さすがにこの時期は積雪のため冬季の通行止になっています。車は谷川岳ロープウェイ乗り場から先は入ることが出来ません。

その国道291号線。 凍りついた道を歩いて行きます。

Dscn0746

一ノ倉沢から見る絶景。

双眼鏡ニコン・モナーク8x36で覗いてみると、山頂近くの稜線を登って行くクライマーを見ることが出来ます。

Dscn0799

Dscn0803

Dscn0806

Dscn0809

Dscn0754

谷川岳山岳資料館

Dscn0933

Dscn0937

Dscn0939

このあと玉原高原、道の駅川場田園プラザ、赤城山麓を廻って帰ることに。

玉原高原の南側に「21世紀の森」があります。ここは天体観測地として時々天文ファンのホームページで紹介されています。
その「21世紀の森」へ行く途中にこんな物を見つけました。小さな天文台です。

Dscn0973

たぶん別荘として使われているようです。

谷川連峰をバックにいい光景ですね。 

天文ファンの夢ですね。 

ここは本当に星が綺麗なようで、こんな看板もあります。

この近くの地名がまた「奈良町」ですって。

Dscn0977

その天体観測地の適地と思われる「21世紀の森」

視界も良いし駐車場も広いし環境抜群で、綺麗な星空が見れそうです。

Dscn0981

このあと道の駅川場田園プラザへと行きます。

この道の駅川場田園プラザは関東でも人気度抜群の道の駅だそうです。

ちょうどおもしろいイベントがありました。アメ車オーナーミーティングです。

Dscn0995

Dscn0989

Dscn0985

2012年11月24日 (土)

40周年ですって

Dscn0691

40周年記念ですって。

恥ずかしながら、ユーミンと私は同い年です。

ユーミンのオリジナルアルバムはすべて買っていて、もう40年にもなるんですね。

ところで、私の人生の記念日は来年で、その時に埼玉での単身赴任も終わる予定だったのですが、なぜか、来月で埼玉での単身赴任生活を終えることになりました。
まあ、サラリーマンですから仕方の無いことですが、埼玉でのやり残している事がまだまだいっぱいあって、少し予定外のような出来事です。家族の待つ我が家に帰れるんですから文句は言えないはずなんですが、いざ帰るとなると埼玉での生活もなかなか良いものだったかなと思ってしまいます。

残り少ない埼玉生活を楽しまなくっちゃ。

引越しの用意も大変ですけれど。

2012年11月11日 (日)

5年目を迎えるスタッドレス

今、履いているスタッドレスタイヤはこの冬で5年目を迎えます。

先日走った志賀高原でその5年目の冬も大丈夫な事が立証されました。

今まで何回かスタッドレスタイヤを更新ですが、何時も4年までで、5年目は乗ったとき乗り心地が硬いと実感できるほどタイヤが硬化していることが分かります。
今回、5年目をむかえて最初の乗り心地がソフトで、これは大丈夫と言う印象でした。実際に志賀高原で問題なく雪道でグリップしてくれています。

スタッドレスタイヤの保管方法は室内保管がベストです、なんて。 
4年間、アパートの中で室内保管でした。 綺麗に洗って積み重ねてテーブルの代わりにしていたのです。

その奥志賀での雪道

Ca3a0128002

この冬も、信州、上州の雪道をドライブしたいのですがね。

なんとなく別の理由で出来なくなりそうな雰囲気です。

2012年11月 4日 (日)

紅葉の秋山郷を訪ねる

紅葉と新雪の秋山郷を訪ねてきました。

秋山郷は新潟県津南町から長野県栄村にまたがり、平家の落人伝説のある秘境です。

関越道で北上して塩沢石打から十二峠を越えて新潟県津南町へ入りました。

写真は、十二峠にある山村。 

Dscn0406_2

ここの十二峠から魚沼スカイラインが延びています。視界のいいスカイラインで天体観測に良さそうなんですが、実現はしませんでした。スカイラインの北の端にはトンネル爆発事故のあった八箇峠があります。新潟は豪雪地帯なんで山越えの道を作るよりもトンネルにしたほうが早くて安全なようなんですが、トンネル作りも大変です。

いよいよ津南町から中津川をさかのぼり秋山郷へ入ります。

昔は秋山郷への道は奥地までで行き止まり、道も難路で大変だったようですが、今は林道の整備で志賀高原へ抜けることができます。今回はその奥志賀へ抜ける雑魚川林道、奥志賀林道で志賀高原、渋峠から草津へと出る予定でした。

その秋山郷の山里と中津川。

Dscn0437_2

Img_6824

Dscn0474

昨晩に降ったと思われる雪が山頂を覆います。

Dscn0484

Img_6839

Dscn0479

秋山郷の最奥地。 切明にある切明発電所。

Dscn0491

Dscn0493

ここから秋山郷に別れを告げていよいよ奥志賀へと。

雑魚川林道、奥志賀林道から見る景色。 絶景が続きます。

Dscn0502

Img_6842

Dscn0515

Img_6855

志賀高原

Dscn0557

Dscn0560

Dscn0591

Img_6871

Dscn0593

Img_6863

渋峠は標高2172m、国道では最高標高地点なんです。

この先、草津へ下る道は積雪のため通行止めでここでUターンです。雪の草津白根山の湯釜を見たかったんですが。

Dscn0577

紅葉と新雪のコントラストのすばらしい、絶景ドライブでした。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »