« 10月29日の月面 | トップページ | 5年目を迎えるスタッドレス »

2012年11月 4日 (日)

紅葉の秋山郷を訪ねる

紅葉と新雪の秋山郷を訪ねてきました。

秋山郷は新潟県津南町から長野県栄村にまたがり、平家の落人伝説のある秘境です。

関越道で北上して塩沢石打から十二峠を越えて新潟県津南町へ入りました。

写真は、十二峠にある山村。 

Dscn0406_2

ここの十二峠から魚沼スカイラインが延びています。視界のいいスカイラインで天体観測に良さそうなんですが、実現はしませんでした。スカイラインの北の端にはトンネル爆発事故のあった八箇峠があります。新潟は豪雪地帯なんで山越えの道を作るよりもトンネルにしたほうが早くて安全なようなんですが、トンネル作りも大変です。

いよいよ津南町から中津川をさかのぼり秋山郷へ入ります。

昔は秋山郷への道は奥地までで行き止まり、道も難路で大変だったようですが、今は林道の整備で志賀高原へ抜けることができます。今回はその奥志賀へ抜ける雑魚川林道、奥志賀林道で志賀高原、渋峠から草津へと出る予定でした。

その秋山郷の山里と中津川。

Dscn0437_2

Img_6824

Dscn0474

昨晩に降ったと思われる雪が山頂を覆います。

Dscn0484

Img_6839

Dscn0479

秋山郷の最奥地。 切明にある切明発電所。

Dscn0491

Dscn0493

ここから秋山郷に別れを告げていよいよ奥志賀へと。

雑魚川林道、奥志賀林道から見る景色。 絶景が続きます。

Dscn0502

Img_6842

Dscn0515

Img_6855

志賀高原

Dscn0557

Dscn0560

Dscn0591

Img_6871

Dscn0593

Img_6863

渋峠は標高2172m、国道では最高標高地点なんです。

この先、草津へ下る道は積雪のため通行止めでここでUターンです。雪の草津白根山の湯釜を見たかったんですが。

Dscn0577

紅葉と新雪のコントラストのすばらしい、絶景ドライブでした。

« 10月29日の月面 | トップページ | 5年目を迎えるスタッドレス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の秋山郷を訪ねる:

« 10月29日の月面 | トップページ | 5年目を迎えるスタッドレス »