« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月23日 (土)

花の寺とレンゲ草

花まつりの季節になりました。

Dscn1278

半袖のシャツでちょうどいいような季節になって、花も次々に咲いて。

Dscn1274

田んぼにはレンゲが満開。

Dscn1282


Dscn1294

Dscn1304

2016年4月19日 (火)

おまけ画像

先日の伊吹山からの帰り道、名神高速のPAでの写真。

トイレに行ってコーヒーを飲んで帰ってきたら、4台のロータスエリーゼに囲まれてしまった。

こんな車を見るとトヨタ86がガキっぽく感じます。 

嬉しがって写真なんかを撮ったりしてほんとガキです。

Dscn1253

Dscn1249

Dscn1246

もう一枚、おまけ。

こちらは伊吹山でのスバルレガシーの軍団。 遠慮して端に停まっていました。

Dscn1235

2016年4月17日 (日)

伊吹山走り初め

某掲示板で告知のあった伊吹山走り初めに参加して来ました。

伊吹山は冬季閉鎖の為通行止めだったのが、昨日16日に開通したばかりです。

岐阜県の某道の駅に集合して伊吹山へと向かいます。その道の駅で。 天気は雨。

Dscn1085

私は岐阜県グループに加えてもらいました。 その岐阜グループ。

私はカメラマンでしたので写っていません。なんか年配の方が多いようにも。

Dscn1115_2

Dscn1120

Dscn1131

いよいよ伊吹山へとヒルクライム

通常通行料金は3000円ですが、開通記念で半額に。 

岐阜グループだけでも30台弱ありますから料金所も混雑。

Dscn2266

Dscn2264

Dscn2281

だんだん霧が濃くなって、ほとんど視界0。

Dscn2284

Dscn2285

山頂も霧の中。

Dscn1189_2

Dscn1152

Dscn1188

時間とともに霧も晴れて青空も見えてきて。

Dscn1154

岐阜組、愛知組、滋賀組などを合わせると約110台のトヨタ86が参加。

TOYOTA GAZOO Racingの取材などもあって。

Dscn1190

Dscn1234

で、私の愛車も記念写真を。

Dscn1224

2016年4月 9日 (土)

室生から曽爾を走る

久しぶりに86に自転車を積んで走って来ました。

今回の86のデポ地は室生寺ちかくで、

ここから室生ダム湖を廻り仏隆寺へ。新しくできた唐戸峠へ出る林道を通り室生寺へ。

室生から黒岩へ出る林道を走り屏風岩公苑へ。

曽爾、香落渓、青蓮寺ダムから国道を出て戻るコースです。

その室生のデポ地、室生もみじ公園の駐車場です。

Dscn0962

いつも駐車している車を見かけない駐車場なんで、なんか不安。

で、室生湖畔走ります。

Dscn0970

Dscn0973

内牧川を上り仏隆寺へ。

1000年桜の老木ですが、まだまだ綺麗に咲いています。

Dscn0978

唐戸峠へは新しい林道で越えます。

まだ林道が開通していない10年ほど昔に室生古道で峠まで登ったことがあるのですが、古道は劇坂でした。

仏隆寺がはるか下に見えますが峠まではまだまだです。

Dscn0985

林道のピークにある唐戸峠。室生古道の頃のままです。

Dscn0993

少し下ると室生寺側から走ってる人と出会いました。ソロもいいけれどね、やっぱりいい。

Dscn0995

Dscn0998


林道にはこんなゲートがあります。獣害対策なんですけれど大変。

Dscn1001

今回の一番の楽しみである、室生の里山の桜。

Dscn1004

Dscn1011

西光寺の枝垂れ桜。

Dscn1019

室生寺の門前で室生名物、ヨモギの回転焼きを買って今日のおやつにして、屏風岩への林道へと入ります。劇坂のアップダウンの多いコースになります。

そして屏風岩へと。

Dscn1044


桜はまだつぼみの奴が多いみたいで、見ごろは来週だそうです。

Dscn1043


Dscn1049


この後、曽爾の香落渓から名張へ出て帰途へ。

Dscn1054

Dscn1066

Dscn1074

2016年4月 3日 (日)

懐かしのP-2型

宇陀の室生にあるcafeで、こんなものを見つけました。

Kimg0062

30年ほど昔の高橋製作所のMT100反射望遠鏡とP-2型の赤道儀です。

鏡面はカビていますが、赤道儀は今でも立派に役に立ちそうです。

話によると、知り合いから譲り受けたそうですが、古くとも立派な風格です。

さすがは高橋って感じ。

ここのcafeは料理もおいしいし、お値段も手ごろ、ログハウスのお家もいい感じです。

もうひとつ最高なのは裏庭にある愛車、ホンダのS660です。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »