« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月29日 (木)

トヨタ86車検を受ける

トヨタ86、早いもので3年目の定期点検です。 そう車検です。

とりあえず、エンジンオイルとオイルフィルター、ブレーキフルードの交換、点検一式で、
一日であっけなく3年目の車検は終わってしまいました。

現在の走行距離は62000キロ。

0843a_2

この86、スポーツカーなのにエコカーみたいに経済的な車です。 消耗品も意外と少なくて点検整備代も財布にやさしい。 燃費は最初の頃は通勤で11キロ程度でしたが、ここ最近は12キロほど走ってくれます。 決してエコ運転なんかしていなくて、毎日通勤で通る竹ノ内峠を爆走しています。 高速での燃費は普通に走って15キロほど伸びてくれます。 

定期的な消耗品は

エンジンオイル 3ヶ月毎に交換。グレードは経済的な0W-20 フィルターは6ヶ月毎に交換です。

オートマのミッションオイルは5万キロ毎に交換。

デフオイルは2年に一度交換。 エアークリーナーも2年に一度。 

ブレーキパッドの残量は点検ごとに調べてもらっているのですが、今回、残量が7mmほどあり、まだまだ使えそうです。本当はスポーツパッドに交換したいので早く減ってほしいのですが。

良いことばっかりでもなくて、スバルが製造を担当すのこの車、品質に関するトラブルがめちゃくちゃ出ます。今回もパワーウインドレギュレターの不良で2週間後にまた入院です。

今のところすべてクレーム処理で無償で部品交換修理をしてもらっているのですが、これから先、保証が切れると少し不安になってきます。

ちなみに、今まで修理、交換した部品は、

テールランプ左右。これはランプ内に水侵入で交換。

トランク、ウエザーストリップ。これはウエザーストリップの不良でトランク内に雨漏り。

運転席側のドア、ウエザーストリップ不良。これはウエザーストリップの変形で交換。しかも2度も。

ドアのAピラー交換。 窓枠が錆てしまって左右のAピラーを交換。

バッテリーを新車から1年半で交換。86に載っているバッテリーは、軽四に載っている様な軽量なもので、しかも充電制御されていて痛みが早い。BRZに載っているのは寒冷地仕様と同じ大きなものが乗っているのですが、トヨタはフロント荷重を軽くするためのこだわりで軽量バッテリーにしたことが裏目に出ています。立往生をすることはなかったのですが、逝く前に交換しました。

ほかに、トランクからの異音。トランク周辺の鉄板に薄いものが使われていて、そのうえスポット溶接の箇所が少なくて、異音が発生します。これは完全には治っていません。

音に関する不満は多くて、足回りの堅いスポーツカーだから仕方がないと言えばそれまでですが、インパネのビビり、うるさい走行音、足回りからのバタつき音、ブレーキの鳴き。これらは全く治らなくて、あきらめるしかありません。

こんなにクレームの多い車は初めてです。 

とまあ、不満ばかり書いていますが、やっぱリ可愛い86です。 

出来の悪い子ほどかわいいのでしょう。 非日常的な走りのすごさ。信じられないくらいのコーナリング。 一度、峠を走ればそこは現代版イニシャルDの世界です。

今日も、出来の悪い子を洗車をして、好きな峠へと。

2016年9月25日 (日)

NCCR2016 葛城

今年も見てきました。

NCCR2016 葛城

Dscn2516

Dscn2399

Dscn2483

Dscn2390

Dscn2488

Dscn2501

Dscn2522

Dscn2573

Dscn2526

Dscn2508

Dscn2470

Dscn2592

2016年9月17日 (土)

葛城山麓の彼岸花

葛城山麓の彼岸花もきれいに咲いています。

Img_1128

Img_1133

2016年9月10日 (土)

稲渕の案山子道

すっかり稲渕の案山子道は秋の気配です。

Dscn2365

朝風峠には黄色い彼岸花がいっぱい咲いています。

Dscn2358

いつもの石舞台で休憩をして。

Dscn2366

そして、この時期の定番の場所へ。

Dscn2375

本薬師寺跡のホテイアオイです。

Dscn2373

奈良少年刑務所見学

自転車遊びは午前中で終えて、嫁と娘に連れられて、こんなところを見物です。

奈良少年刑務所です。

明治時代に作られた洋風建築の奈良少年刑務所が今年度いっぱいで閉鎖になるようです。

一般公開、施設の見学会は毎年行われているようですが、今回が最後になるようで。

閉鎖の後は観光施設、なんでもホテルになるとか。

Dscn2377

Dscn2382

Dscn2384

中の施設の見学もあったのですが、さすがに中は撮影禁止でして。

明治の遺産がまた一つ消えていくようですね。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »