« 初走りは | トップページ | 歌劇 魔笛 »

2017年1月28日 (土)

芋と壺阪の峠を

ぶらっと芋ヶ峠と壺阪峠を越えてきました。

稲渕の棚田を過ぎて芋ヶ峠の道へと。

Dscn3276

いつもは皆さん走っていて、私を追い越していくのですが、今日はそんなこともなく峠に到着。

Dscn3277

千股でお昼にして吉野川に出て椿橋へ。

橋の上から高見山が良く見えます。

Dscn3279

ほんのり雪の高見山。

Dscn3280

壺阪へ登る道で迎えてくれるのは、安産の滝。

この年では縁の無い滝ですが、孫が出来るような様子もないし。

Dscn3284

でも、やっぱり気になる滝です。

ちゃんと脱衣場まであって。

Dscn3285_2

ひっそりした峠を越えて。

Dscn3294_2

壺阪へ

Dscn3295_2

« 初走りは | トップページ | 歌劇 魔笛 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ

ちょっと忙しくてご無沙汰してました。
今年も乗られてますね。
高見山は意外と雪が積もってないのは例年通りなんですか。
霧氷で有名だったはずなので、積もっているのか
と思ってました。

おはようございます。

今年は寒くなったり暖かくなったりの寒暖の差が大きいので、
雪の量も日によって変化が激しいようです。
高見山も綺麗な富士山みたいな日と普通の山に見える日とありますね。
この日は峠越えをすると汗ばむようないい天気で。

数日前に高野山に86で行ったのですが、高野龍神スカイラインには積雪はありませんでした。
その一週間前は大雪で、
86では坂道を登ることが出来なくてUターンして帰って来ました。

大雪の高野龍神を楽しみたかったのですが、残念。
FRの雪道の弱さを実感して帰って来ました。

ところで、もりやすさんのブログ、お洒落になりましたね。

一週間で雪がなくなるもんなんですね。
北近畿はなかなかなくなりませんが
山とはいえ南近畿は結構早くなるなるのですか。
雪があると四駆はそこそこ安定して走ってくれます。

うちのブログはまだ実験中なんですが
こちらに変えていこうと思っています。
星関係は当分そのままですけど。

紀伊山地は和歌山ですから結構、暖かいのかも。
雪の状態はかなり変わりやすいですね。

昔から四駆には憧れますけれど、まだ乗ったことがありません。

新しいブログ、楽しみにしておきます。ミニベロの製作記事を!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芋と壺阪の峠を:

« 初走りは | トップページ | 歌劇 魔笛 »