« 曽爾クラシック2017 | トップページ | 霧ヶ峰と美ヶ原を走る »

2017年5月15日 (月)

津風呂まで

今日は平日ですが仕事を休みにして、津風呂湖まで走って来ました。

飛鳥から芋ヶ峠を越えて津風呂湖、関戸峠から宮奥ダム、大峠トンネルを通って多武峰、飛鳥へと戻って来ました。

新緑の津風呂湖。

Dscn4718

Dscn4723

Dscn4727

三茶屋での自転車スタンド、当たり前ですが今日は一台だけ。

Dscn4731

関戸峠を越えて、ここで五平餅をいただきました。 ここの五平餅は本場信州と同じくらいに美味しいです。しかも250円とお安い。

Dscn4732

お庭もきれいし。

Dscn4735

大峠トンネルは宮奥側からは下りで快適です。

Dscn4736

大峠トンネルを出てすぐに旧道へと入ります。針道と呼ばれる村の中を走ります。

下りの激坂が八井内まで続きます。

Dscn4739

旧道を走ると忘れていた、こんな景色を見れました。

不動延命の滝です。

Dscn4741

その横には破不動。

Dscn4748

刀で切ったように両断された割れ目が見事です。

この後、多武峰から飛鳥へと出て帰路へ。

« 曽爾クラシック2017 | トップページ | 霧ヶ峰と美ヶ原を走る »

自転車」カテゴリの記事

コメント

大峠からの旧道は知りませんでした。
気持ち良さそうですね。

木村さん、こんにちは。

八井内から針道を通って大峠を越える旧道があるのですが、
私も越えたことがありません。たぶん訪れる人がいなくて
廃道寸前でしょうね。

針道の地名ですが、私は、針のように細くて険しい一本道
みたいな事を、勝手に自分で思っているのですが、
地名ってその土地の情景を思わせることがあるので
面白いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津風呂まで:

« 曽爾クラシック2017 | トップページ | 霧ヶ峰と美ヶ原を走る »