« 台風の被害で奈良の道路が | トップページ | 通行止めの芋ヶ峠を行きます »

2017年10月27日 (金)

黒滝村の地蔵峠を目指す

災害で道路の通行止めを心配する中、

トーエイスポルティーフで、黒滝村の地蔵峠を目指して自宅から走って来ました。

少し前からギャーの歯飛びが発生していたトーエイでしたが、スプロケットとチェーンの交換を終えて快適に走ります。

自宅から下市に出て、才谷~地蔵峠~道の駅黒滝~広橋梅林~下市~車坂峠で戻ってくるコースです。

下市温泉付近の秋野川です。水量は結構多いのですが水は澄んでいます。

Img_0824

ここに少し朽ちかけたつり橋があったのですが流されて残骸だけが残っていました。

Img_0825

こちらは、一年前に撮影したつり橋の写真です。

Dscn5350

地蔵峠への道。

何ともいい感じの峠道です。

所々、道の上に山からの水が流れているのですが、そんなこともいい感じです。

こんな時は泥除け付きのランドナーがいいですね。

Img_0835

鳥住の山里。

Img_0840

Img_0844

Img_0853

地蔵峠のお堂。

峠の標高は553メートル。

Img_0863

切り通しの雰囲気のいい峠です。

Img_0868

あまり活用はされていないようですが、いつもきれいに手入れされた、

森のこもれびホール。

Img_0886

Img_0901

Img_0903

黒滝森物語。

Img_0910

Img_0912

移築された黒滝旧役場。

Img_0917_2

黒滝道の駅を過ぎ、途中にある丹生川上神社でお参りして。

Img_0930

境内は紅葉も始まっています。

Img_0927

旧道で広橋峠へと向かいます。

ここまでは道も快適で気持ち良く走れて、

峠からの景色が何とも綺麗で、台風の被害なんて忘れそうですが。

Img_0943

広橋峠の登り口が通行止めとは知っていたのですが、

状況が分からないのでとりあえず旧道を下ることにしました。

ほぼ下りきったところで、大変な光景を目にすることになりました。

Img_0945

通行止めの標識もなく快適に下ってるといきなりの光景です。

峠道の旧道、その下の国道を塞いでいます。落差は50メートル以上あります。

場所は峠道の下の方で、旧道、国道が十字に交差する場所から少し登ったところです。

国道からの迂回路は下の旧道へ回れます。

自転車はこの崩落現場から、里山ハイキングコースで峠道下まで下ることが出来ました。

Img_0948

広橋梅林には里山ハイキングコースが整備されていて、観梅の頃は良いコースなんですが、大変なことになっていました。

一日も早い復旧で、いつもの大和路に戻ってほしてものです。

« 台風の被害で奈良の道路が | トップページ | 通行止めの芋ヶ峠を行きます »

自転車」カテゴリの記事

コメント

奈良、和歌山で台風の傷跡、崩落地区はCanCanさんのブログでも見ましたがかなりの箇所に見られるようですね。
広橋の崩落も記載されていたんでしょうね。

ハイキングコースで迂回出来たので良かったけど、でなければ大変なとこでしたね。
山方面は当分情報入手が必要ですね。

モゼールさん、こんばんは。

今日の台風、あまりひどくならなくってよかったですが、被災地は大変でしょうね。

被災地も、はやく、紅葉の綺麗な山里に戻ってほしいものです。

ずっと天気が悪かったので、どこか旅に出たいのですがね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒滝村の地蔵峠を目指す:

« 台風の被害で奈良の道路が | トップページ | 通行止めの芋ヶ峠を行きます »