« 奥飛鳥から多武峰へ | トップページ | その後の芋へ »

2017年11月19日 (日)

鈴鹿サウンドオブエンジン2017

30数年ぶりに鈴鹿サーキットへ行ってきました。

少し前にカーグラフックTVで、このサウンドオブエンジンを紹介していて一度は行ってみたいと思っていました。

それに、先日の自転車での飛鳥紅葉ポタで、だいすけさんがその話をしていて。 

本当はその日は吊るし柿ポタに行こうと思っていたのですがね。

Dscn7616

SUZUKA Sound of ENGINE 2017

その名の通りいろんな車のエンジンサウンドを直に感じ取れるイベントです。

2015年から始まって今年で3年目。

  60年台レーシングマシーン

  ヒストリック フォーミュラー

  2輪のレース

  リシャール ミル パレード

  パガーニとマクラーレン

  レジェンド オブ フォーミュラー1

  グループC

  ビンテージカーの展示 トークショー

午前中はプラクティス、午後からはデモレースと盛りだくさんで、見ている方も休む暇がないほどです。

60年台レーシング マシーン

Img_2198

ヒストリック フォーミュラー

1968年 ロータス51A 1600CC

Img_2150

1969年 ブラバムBT28 1600CC

Img_2294

1968年 ブラバムBT21B 1594CC

Img_2145

Img_2291

2輪のレースは興味が無いので良く分からん、けれど速いのなんのって。

Img_1780

パガーニとマクラーレン。

Img_1804

パガーニ ゾンダR

伊のスーパーカーで、AMG製の6000CCでV12気筒 800馬力

これがすごいスピードで走って行きます。公道を走れるF1みたいにサウンドも半端なくいい。

Img_1847

Img_1797

マクラーレン P1 LM

F1チームのマクラーレン 3800CCのV8ツインターボ ハイブリッドエンジンで1000馬力

ハイブリッドらしく、パガーニに比べると大人しい走りでした。

Img_1834_2

Img_1813

レジェンド オブ フォーミュラー1

Img_2000_2

マールポロカラーの1976年 マクラーレンM23-フォード   

JPSカラーの1983年 ロータス92-フォード

Img_1921

1976年 ペンスキーPC4-フォード

Img_1928

ベネトンカラーの1983年 ティレル012-フォード

Img_1955

Img_2139

グループC

1991年 マツダ787B JSPC  4ローターのルマン24でも活躍したマシーン

Img_2010

1985年 トヨタTOM‘S 85C-L   1991年 ニッサンR90CK

Img_2011_2

Img_2043

トラブルもあって。

午前中のプラクティスの時、

最終コーナーでスピンしてピット入口側壁でクラッシュ。

Dscn7624

スピンを目撃してクラッシュ、撤去作業も一部始終見ていたのですが手際よく処理していました。

Img_1749

エンジントラブルでしょうか。けん引されるマツダ787B。

Img_2546

ピット内の様子。

Img_1696

Img_2122

Img_1638

Img_2726

Img_2711

最後はフィナーレ パレード。

Img_2734

Img_2770

Img_2749

本当に時間を忘れて最後まで見ていました。夕闇迫るコースでヘッドライトがいい感じでした。

来年も行くことにします。

« 奥飛鳥から多武峰へ | トップページ | その後の芋へ »

トヨタ86」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿サウンドオブエンジン2017:

« 奥飛鳥から多武峰へ | トップページ | その後の芋へ »