« 通行止めの芋ヶ峠を行きます | トップページ | 葛城古道の紅葉 »

2017年11月 5日 (日)

吹屋往来とと道と大山

岡山の山里に「吹屋往来とと道」と言う素敵な道があります。

トヨタ86でその道を走って来ました。

吹屋への道中に素掘りの洞窟トンネルを車で走れるはずだったのですが、

残念なことにこの素敵な道は落石で通行止めでした。今回は一部だけ走っておしまい。

その吹屋へ通じる吹屋往来とと道の紹介は「こちらを見てください

Img_1044

Img_1046

「吹屋往来とと道」の吹屋は顔料として使われる弁柄の産地です。

街中は弁柄色です。

Img_1051

Img_1057

この吹屋に立派な庄屋の家がありました。

広兼邸で鉱山と弁柄で富を得たようです。

どこかで見たことのある屋敷だと思っていたのですが、映画「八つ墓村」のロケに使われたようです。

Img_1063

こちらは満奇洞と言う鍾乳洞です。

ここも映画「八つ墓村」のロケに使われたそうです。

映画「八つ墓村」の誕生についても詳しく説明がされています。

Img_1095

鍾乳洞の中はカラフルなLED照明で今風。

Img_1101

2日目は大山蒜山へ向かいます。

Img_1118

Img_1147

Img_1180

紅葉の綺麗な大山蒜山でしたが、

大山蒜山環状道路の渋滞が半端ではなくクタクタになるドライブでした。

Img_1188

« 通行止めの芋ヶ峠を行きます | トップページ | 葛城古道の紅葉 »

トヨタ86」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吹屋往来とと道と大山:

« 通行止めの芋ヶ峠を行きます | トップページ | 葛城古道の紅葉 »