« カーボンロード納車 | トップページ | 近場のコースへと »

2018年2月 9日 (金)

カーボンロードを走らせに

やっと暖かくなって、今日はカーボンロードを走らせてきました。

行先は五條、下市方面へ。

山麓線を五條方面へ登って五万人の森へ。

Img_3909

山麓線のピークは標高350mほどで結構きつい坂なのですが、車体の軽さで意外と楽に登ることが出来ました。

下りも快適で自然とスピードが上がります。

Img_3889

五條五万人の森で一休みです。

ここで、トレック エモンダ SL6を紹介しておきます。

車体重量は実測 7.4kg(ペダルなし)、 メインコンポはアルテグラR8000シリーズ。

Img_3899

ハンドル、ステムはボントレガー製で、ハンドルは400ミリとやや幅広。

トーエイは350ミリ、アルプスは380ミリ、ラレーは375ミリ、それからするとかなり広いハンドルです。

ステムは80ミリと短めの物を選び、少しでもハンドル位置を高くするために、上向きに取り付けています。

デュアルコントロールレバーはアルテグラです。

ダウンチューブのダブルレバーしか知らない者にとっては素早い変速が出来てとても快適です。

Img_3898

ブレーキはボントレガー製 ダイレクトマウントブレーキ。

アーチワイヤーを持たないセンタープル形式。

シマノに比べるとマイルドな効きですが、急な坂道でも制動力に不満は無いです。

また、長いダウンヒルにはギッドネットが最高だと思っていたのすが、このセットなら何ら不満はありません。

Img_3893

クランク、フロントギャー、変速機はアルテグラです。

歯数は50x34 クランクは170ミリ。

黒のチェーンリングと太いクランクは無骨で、私の好みでは無いですね。

ペダルはシマノの片面フラットなSPDペダルで、これは7~8年ほど昔の物で数回使っただけでしまい込んであったものです。

本当はビンディングペダルは苦手なんです。

Img_3891_2

リャーデレイラー、スプロケットはアルテグラ。11~28の11速。

Img_3890

ホイールは完組のボントレガー製。

タイヤもボントレガー製。700x25。 

パターンはスリックタイヤ風で、実測幅は26.5ミリのやや太めです。

軽く転がるような走りですが、ゴロゴロとロードノイズが多いです。

Img_3895

サドルもボントレガー製。

ブルックスの皮サドルになれたお尻にはやや痛いです。なれの問題でしようか。

Img_3903

Img_3906

太いトップチューブ、ダウンチューブですが、曲線が綺麗。

ワイヤー類はすべて内蔵です。

Img_3910

シートチューブ、シートピラーはカーボン製です。

シートピンは締め付けトルクを指定されていて、専用のトルクレンチが付属します。

*

***

五條から吉野川を走ります。

途中、五條の町中で86と遭遇。

Img_3917

吉野川のモンベルに寄り道して。

Img_3926

吉野川沿いを走って下市へ。

Img_3927

今まで、今風のロードバイクなんかに全く興味がなくって、自分でもなんで買ってしまったのか良く分からないところがあるのですが、実際にその性能を体験すると最新の自転車は凄いと感心されられます。 

できることなら、カーボンフレームでランドナー風にオーダーなんか出来たら面白いと思います。

« カーボンロード納車 | トップページ | 近場のコースへと »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーボンロードを走らせに:

« カーボンロード納車 | トップページ | 近場のコースへと »