« 吉野山へ | トップページ | 和束 童仙房を行く »

2018年4月12日 (木)

大仏鉄道ポタ

幻の大仏鉄道の遺構をポタってきました。

今から120年ほど昔、加茂から奈良まで約10キロほどを走っていた鉄道が大仏鉄道です。

このコースには急坂の難所があり、新しく平坦な加茂~木津~奈良ルートに替わり、

この大仏鉄道は約9年で廃線になりました。

そんなわけで詳しいことはあまり分かっていなくて、「幻の大仏鉄道」と呼ばれるそうです。

廃線跡には、今でも隧道や橋台などの遺構が残ってその姿を少しだけ見ることが出来ます。




JR木津駅に86をデポして加茂から奈良までの廃線跡を自転車で走ります。

写真はJR加茂駅で、近代的な駅に替わってしまっています。

Img_4669

加茂駅の横にあるランプ小屋。 

Img_4670

小学校の横あるC57

Img_4676

観音寺橋台跡。

手前が遺構で奥が現行の関西本線。

Img_4694

梶ケ谷隧道。

Img_4712

Img_4710

赤橋。

Img_4715

梅谷口にある梅谷区公民館。

じつは、23歳から35歳まで大和郡山に住んでいて、このコースは良く自転車で走っていたのです。

加茂から竹林を通って梅谷に出てドリームランドの前を通って奈良の町中へ出るコースは、木津を回るよりも近道なんです。

この梅谷区公民館もたぶん昔のままです。今は梅谷カフェですって。

Img_4723

以前はあまり気にもせずにレンガ造りの橋やトンネルを見ていたのですが、

改めて、大仏鉄道の遺構として見ると、当時の面影をしのぶことが出来ます。

梅谷からは住宅地に入って行き、国境食堂、ドリームランド、鴻ノ池運動公園となじみの景色になります。

最後は佐保川にある大仏鉄道記念公園でおしまいです。

Img_4729

帰りは奈良公園、奈良坂から木津へと戻ります。

Img_4743

奈良坂の景色

Img_4745

Img_4747

Img_4752

Img_4753

86をデポしてある木津に戻って今回はおしまい。

明日も木津からスタートして、和束、信楽、童仙房を巡ります。

« 吉野山へ | トップページ | 和束 童仙房を行く »

自転車」カテゴリの記事

コメント

北野さん、こんにちは。
はじめて和束から信楽を走った時、距離感が不安だったので加茂まで輪行して
帰路は自走でした。
のんびり走っていたら、地元の方に信楽は日が落ちると冷えて暗くなるのも早いので
早めに帰った方が良いとアドバイスをしてくれました。

木村さん、こんにちは。

30年ぶりに加茂界隈を走って来ました。

今度は、浄瑠璃寺、岩船寺、柳生を走ってみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大仏鉄道ポタ:

« 吉野山へ | トップページ | 和束 童仙房を行く »