« 千塚古墳のカキツバタ | トップページ | 愛機を手放す »

2018年6月 2日 (土)

林道高原洞川線 吉野大峰線を行く

林道高原洞川線、吉野大峰線を自転車で走って来ました。

林道高原洞川線は台風の災害で長い間通行止めだったのですが昨年から通れるようになりました。

久しぶりに大峰の五番関から深い谷にある高原川を下ります。

吉野山に86をデポして走りだします。

Dscn9371

桜のシーズンでなければ駐車場はガラガラです。

吉野山の黒門。

Dscn9373

下千本~中~上~奥千本と走って金峰神社から吉野大峰林道へと入ります。

Dscn9374

奥千本の金峰神社。

Dscn9377

いよいよ吉野大峰林道です。

Dscn9383

Dscn9384_2

Dscn9385

Dscn9391

この場所で2人のサイクリストにお会いしました。

偶然にも、この春に行われたツイードランでお会いした方々でした。

Dscn9398

林業作業車が林道を行きます。

Dscn9393

昨年の台風21号でしょうか、爪痕はあちこちで見られます。

Dscn9400

Dscn9402

四寸岩山付近の小さな台地です。

20年ほど昔にここでよく天体写真を撮影しました。

南側の視界が抜群です。

オメガ4541も何回かここへ運びました。

Dscn9403

ここから少し登ると標高1000メートル越えのスカイラインに出ます。

Dscn9407

かるいアップダウンしながら西吉野から東吉野へと尾根を越えて。

Dscn9412

大峰奥駆け:道。ハイカーなら山上ヶ岳を目指すところですが。

Dscn9414

広い台地のヘリポート。

Dscn9418

川上村への分岐。ここから高原へは長い間通行止めだったのです。

Dscn9423

すぐには下らずに五番関トンネルに登ります。

途中にある、大天井滝。

Dscn9438

Dscn9443

五番関トンネル。

標高は1100メートルほど。

Dscn9431_2

Dscn9430

いよいよ10数キロの林道高原洞川線を下ります。

途中でカモシカを見ました。熊でなかってよかった。

Dscn9446

高原川の清流。

Dscn9448

相変わらず台風の爪痕。

Dscn9450

ここが一番ひどかったのでしょう。

Dscn9460

Dscn9452

Dscn9454

静寂の林道を下ります。

Dscn9466

水源地を過ぎると人里はもうすぐ。

Dscn9472

高原へ下りてきました。

Dscn9476

丹生川上神社上社でお参りをして。

Dscn9491_2

本当の上神社は大滝ダムの下に水没したのです。

かすかにですが昔の神社の記憶があります。

Dscn9488

神社の下にこんな光景を見たのですが、

砂防ダムの下に幼稚園があります。

Dscn9495

大滝ダム、ダム湖。

Dscn9496

国道を走って吉野山へ戻ります。

車で走るとあまりゆっくりと見れない光景が、磨崖碑です。

大正時代、林業に貢献した人の碑だそうで、さすがにこの地、吉野です。

Dscn9508

東川(うのがわ)経由で吉野川を下って吉野山へ戻ります。

今回はトーエイスポルティーフで走ったのですが、やっぱりランドナーはいいなと思いました。

山岳サイクリング、山里への旅はやっぱりランドナーですね。

今回のルートラボは「こちら

Photo

« 千塚古墳のカキツバタ | トップページ | 愛機を手放す »

自転車」カテゴリの記事

コメント

おお、ええとこ走ってきたんですね。
四寸岩山の観望所は資材置き場になっていたと聞きましたが
広くなってるみたいですね。
撮影できそうですか。
川上村のホテルから五番関トンネル〜洞川はロードでよく走りました。
でも、カモシカには会ったことがありません。

もりやすさん、こんばんは。

四寸岩山は10年ほど前に資材置き場になっていましたね。
今は全く何もなくて、広さも昔と同じです。
充分、観望撮影に使えますよ。

五番関~洞川を良く走ったとは、さすがに、もりやすさんは健脚ですね。
私は10年に一回です。

ところで、天文を廃業することにしました。
機材を本格的に売却します。
私のホームページにUTN参考ページとして載せています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2024320/73612249

この記事へのトラックバック一覧です: 林道高原洞川線 吉野大峰線を行く:

« 千塚古墳のカキツバタ | トップページ | 愛機を手放す »