« 早朝ポタ | トップページ | 火星最接近 »

2018年8月 3日 (金)

北信濃へ

この時期恒例、信州へ高原野菜買い物ドライブです。

今回は北信濃へ。 高速を降りたのは上信越道小布施。

Dscn9670

小布施と言えば栗と北斎と花の町。

フローラルガーデン小布施でいろんな種類の果物を買って、

お洒落な喫茶店で、大きめのモンブランとコーヒーで一休み。

Dscn9665

街並みもいい感じで、以前来た時に見たことのある車がありました。

なんかいいですね。

こんな民家とお洒落なガレージが欲しい。

Dscn9660

Dscn9658

北斎ゆかりのお寺を訪ねて。北斎晩年の作の天井画がある岩松院。

Dscn9672

今日のお宿は飯山、北竜湖畔にあるこちらで。

Dscn9704

小さな峠を北側に越えると野沢温泉街、南側に越えると小菅の集落。

宿の前にある北竜湖。

Dscn9686

早朝に散歩して。

Dscn9712

Dscn9708

Dscn9717

宿から南側へ小さな峠を越えると小菅の集落。 

今はひっそりしていますが、ここは昔、戸隠や飯縄と並ぶ北信濃の修験道の地なんです。

仁王門。

Dscn9747

戸隠奥の院的な小菅神社奥院への参道。

Dscn9740_2

参道は1.2キロほどあって:険しそうな道が続きます。

今回は、ハイキングさん一行を見送っただけですけれど。

Dscn9738

飯山にはこんなものも有名なんですって。

高橋まゆみ人形館ですって。

Dscn9766

Img_20180804_0001

画像はパンフレットから拝借しましたが、こんな微笑ましい人形がいっぱいいます。

このパンフレットの案内文から。

      奥信濃の冬は深い

 春を待ちわびた村人達の体はうずき出し

 ふきんと(蕗のとう)やつくしが顔を出す頃

     彼らの季節がやってくる

     鼻をつくような肥しの匂い

 田耕しの機械の音 雲ひとつない青空

 汗を流し土まみれ自然に体をゆだねて行く

     ゆうやけこやけの畦道

  採れすぎたスイカを置きざりにして

      収穫の秋を迎える

 稲のにおい風のにおいをたらふく吸い込み

   なんども通りすぎた草の道を

 今日も歩く ゆっくりと笑顔を見せながら

   そんなくり返しの日々が過ぎてゆく

    あしたもまた歩きましょうか

     定年のない農道を

   わらべ唄でも口ずさみながら


人形館の前をJR飯山線が走っていて、いい感じです。

Dscn9768

飯山を後にして、信濃町へ。

信濃町にはモロコシ街道っていうのがあって人気とか。

Dscn9773_2

このモロコシ街道、JR黒姫駅から戸隠へ行く道沿いにあります。

この道は昔、自転車で2度ほど走ったことがあり、もちろん車でも何回も走っているのですが、今まで気がつきませんでした。

戸隠を後にして今度は滝を求めて走ります。

妙高高原へ登る道の近くにある苗名滝です。

Dscn9796

落差55メートル、柱状節理からなる玄武岩の断層から流れ落ちています。

Dscn9799

苗名滝の上流は妙高高原の笹ヶ峰高原。その奥には乙見山峠があります。

こちらは高山村にある雷滝。

Dscn9821_3

小布施から山の中へ入り山田温泉を過ぎるとこの雷滝あります。

もう少し奥へ行くと万座温泉とか草津白根山がありますが、たぶん今は噴火の災害で通行止めだと思われます。

この雷滝、裏見の滝とも呼ばれていて滝の裏側に入ることが出来ます。

Dscn9830

Dscn9836_2

滝の裏側から見る光景。

手を伸ばすと滝に触ることが出来ますがビショビショに。

Dscn9832

今回も86爆走、二日で1200キロでした。

平均燃費は15キロと快調な走りです。

嫁さんも高原野菜と果物買い物に夢中でした。

« 早朝ポタ | トップページ | 火星最接近 »

トヨタ86」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北信濃へ:

« 早朝ポタ | トップページ | 火星最接近 »