« 火星最接近 | トップページ | 久しぶりに芋ヶ峠 »

2018年8月10日 (金)

ブルックス カンビウム

ブルックスのカンビウムサドルをトレックのカーボンロードに付けてもらいました。

Dscn2825

ブルックスと言えばランドナー、クラッシックロードには定番のようなサドルです。

実際に私の自転車は、ブルックスしか使わないみたいなところがあります。

ちなみにトレックの整備、部品交換はすべて販売店にお任せしています。なにせ簡単な整備は無料ですし、自分でやるより的確な整備をしてもらえます。

このブルックスカンビウム、皮サドルではなくて、硬化天然ゴムベースで軽量化されていて、ロードバイクにでもスタイルを損なうことなく付けられます。

実際に乗ってみましたが、皮サドルのようにお尻にいい具合にフィットします。

表皮は堅いのですが、座った感触が柔らかい様ないい感じ。

見た目も美しい。

近場を走って、そのブルックスカンビウムを眺めて。

Dscn2827_2

横から見てもステキ。

Dscn2832

後姿がいい。

Dscn2835

英国製ではなくって伊国製ですって。

Dscn2841_2

アルミのリベットがなんともいい。

Dscn2839_2

「BROOKS CAMBIUM C15 Carved」(ブルックス・カンビウムC15カーブド)です。

明日は早朝より走りに出よう。

« 火星最接近 | トップページ | 久しぶりに芋ヶ峠 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2024320/74012738

この記事へのトラックバック一覧です: ブルックス カンビウム:

« 火星最接近 | トップページ | 久しぶりに芋ヶ峠 »