« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

北関東の峠を走る 2日目

渋川の宿を出て今日は赤城山、奥日光を目指します。

その赤城道路を登っていきます。下の方の紅葉は今が盛りですが登るにつれて冬景色になります。

Dscn1027

赤城山にはうっすらと雪が積もっています。

周辺の山も冬の色に替わっています。

Dscn1030_2

赤城山頂には大小3つの湖があります。

その、大沼と覚満淵。

Dscn1036

赤城ロープウェー跡にあるお店でコーヒーを頂きますが、ここから東京都心の景色がきれいに見えます。

Dscn1045

東京都心まで見えます。

東京スカイツリーまで直線距離で115キロ、ハッキリと見えます。

手前の光る筋は利根川でしょうか、群馬県太田、埼玉県熊谷付近だと思います。

Dscn1040_3

赤城山については「こちら

赤城山からの下山は北側山麓を走り沼田街道で金精峠を目指します。

赤城から北へ下るとすぐ薗原ダムがあります。紅葉がすごく綺麗です。

Img_5579_2

Img_5586

こちらは沼田街道の白根温泉の紅葉。

Img_5588

金精トンネルに近づくと雪がちらついて来ました。 路面には雪はありませんが山肌はうっすら雪が積もっています。

Img_5594

金精峠は沼田街道で、群馬県沼田から片品村を通り栃木県奥日光へと抜ける峠道です。

標高1843メートルの山岳国道の峠です。

金精峠については「こちら

Img_5601

奥日光戦場ヶ原を散策します。

Img_5609

時おり雪がちらつきました。

Img_5674

Img_5610

龍頭の滝ですが、すっかり暗くなってしまって、それに

紅葉はもう終わっていてあまり綺麗ではありません。

Img_5702

Img_5690

Img_5696

今日の宿は、中禅寺湖畔で。

明日はいろは坂を下って渡良瀬渓谷を南下、埼玉へ入ります。

2018年10月30日 (火)

北関東の峠を走る 1日目

北関東の峠道を86で走って来ました。

特に行先、日程など、予定は決めずに出発して、

まずは木曽路を走り塩尻峠を越えて諏訪へ。

最初は北八ヶ岳を軽登山でもと思っていて登山靴と簡単な装備を用意していたのですが、

何となく気が変わって、今回は単身赴任で4年間居た埼玉と、その頃良く走りに行っていた北関東のコースを懐かしんで行くことにしました。

そんなわけで今日の目的地は榛名山へと。宿泊は渋川近くの宿を取りました。

木曽路~塩尻~和田峠~霧ヶ峰へと走ります。

いつものビーナスラインの白樺湖を見下ろすことの出来る場所から。

蓼科山には初雪でしょうか、うっすらと冠雪しています。

Dscn0927

車山ではお気に入りの喫茶店へ。

まあ喫茶店ではないのですが、お気に入りの「ころぼっくる ひゅって」です。

Dscn0906

Dscn0910

このあと佐久平へと。

佐久へ下りるといつも寄ることにしている道の駅「ぽっとぱーく浅科」

残念なことに道の駅はお休みでしたが、ここからは浅間山がきれいに見えます。

Dscn0943

群馬県へ抜ける峠道は、中軽井沢から北軽へ出て二度上峠を目指します。

軽井沢ですが紅葉がすごく綺麗なんですが、写真がありません。

その二度上峠へと登る峠道から見る浅間山。

Dscn0947

二度上峠は今まで走ったことが無くって。

長野県から群馬へ抜ける峠道はいくつか知っていて、

南から、ぶどう峠、十石峠、田口峠(峠は長野県ですが)、内山トンネル、、入山峠(バイパス)、碓氷峠、地蔵峠、鳥居峠、渋峠、と走破済みで、唯一、二度上峠が抜けているのです。

標高1370メートル、その二度上峠です。 詳しくは「こちら

Dscn0954

峠道。地味に紅葉しています。

Dscn0960

途中に見えた奇妙な岩山。

Dscn0964

峠道を下れば群馬県高崎で、榛名山へは南山麓から上ります。

榛名神社の横の紅葉。

Dscn0968

榛名富士

Dscn0981

榛名湖畔

Dscn0986

高崎から榛名神社を経て榛名山のコースは「こちら」。

伊香保温泉を通るコースは「こちら

榛名湖から伊香保温泉を通り、水沢うどんのお店の前を過ぎると、今日のお宿はもうすぐです。

今回のドライブは「イニシャルD」をかなり意識して走っています。

イニシャルDを知ったのは86を買ってからなんですが、ほとんどの峠道はその前から走っていました。

明日は赤城、いろは坂です。

2018年10月28日 (日)

こんなものがありました

なんばパークスでこんなものがありました。

Photo

南海電車難波駅のなんばパークス。

Dscn0861

ポスターもあちこちに見られます。

Dscn0863

で、そのハロウィンコンサートの様子。

Nanbap1_2

Nanbap3_2

2018年10月27日 (土)

これだけは外せない3台

車のレースがそれほど好きでもなく、よく見に行くわけでもないのですが、

これだけは外せない3台、なんか買ってしまった。

トヨタガズーレーシングTS050ハイブリッド

マツダ 787B

ポルシェ 956

ルマン24で活躍した3台です。

Dscn08542

トヨタガズーレーシングTS050ハイブリッド

  モデルになっているのは2017年ですが、今年のルマン24で優勝した車両です。

  マツダ787Bに次ぐ快挙ですが、今年の優勝記事が書かれていないのは残念です。

マツダ 787B

  1991年に日本車として初めてルマンで優勝した車です。しかもロータリーエンジンで。

ポルシェ 956

  向かうところ敵なしのポルシェです。



来月、鈴鹿サーキットで「サウンドオブエンジン」が開催されます。

マツダ787Bとアドバンポルシェは出場が決まっているようですが、気になるところです。

ただ、この日、11月18日は服部緑地のシクロジャンブル開催日なんです。

どうしょうかなと悩むところです。

2018年10月25日 (木)

大台ケ原へ

カーボンロードで紅葉の大台ケ原を走ります。

今回も86を道の駅にデポして走り出します。

Dscn0851

デポ地は道の駅「杉の湯川上」です。

Dscn0702

ここから大台ヶ原駐車場まで往復で76キロ。

出発地は標高330メートル、大台ケ原の駐車場は1570メートル。標高差1200メートルもあります。

Dscn0704

道の駅から大迫ダム手前までは平坦で快適な道が続きます。

Dscn0842

Dscn0840

Dscn0846

大迫ダム手前にある屏風岩。車で走るとつい見逃してしまう景色です。

Dscn0834

大迫ダム。

Dscn0713

Dscn0714

大迫ダムを過ぎると絶景を楽しめる伯母谷に架かるループ橋へと。

Dscn0724

Dscn0725

車で走るとつい見逃してしまう光景なんですが、何ともいい景色です。

これからあそこまで登って、ループ橋を一周して一段上の道へと上り詰めます。

こんなのは車で走っていたのでは楽しめない事です。

Dscn0738

Dscn0735

ループ橋の前後には4本のトンネルがあり、その最後のトンネルの間にある滝。

大曲滝です。

道は滝のある沢を一周していて、同じ沢の滝を2度見ることが出来ます。

下の滝の方が立派です。

車では一旦停車とか駐車とかの出来る道ではないので、自転車ならではのものです。

Dscn0828_2

昔は、伯母谷の道は狭くて急坂で、交互通行の信号機があったり大変だったのですが、

今は高速道路みたいな快適な道です。

86で爆走するととんでもないスピードだったりします。

ループ橋を過ぎるとすぐに国道から別れ、小さな沢を渡ると大台ケ原ドライブウェーの本格的な登りになります。

Dscn0816

大台口トンネルを過ぎると、伯母谷の深い谷から南側の開放的な景色へと。

このトンネル付近で標高は970メートル。

Dscn0815

遠くに和佐又山への道と山小屋が見えます。

Dscn0759

ここまで登ってくると紅葉もきれいに見えるように。

Dscn0762

Dscn0766

Dscn0773

Dscn0802

Dscn0788

西大台の台地まで登ると、緩やかなスカイラインになり、山頂はもうすぐです。

Dscn0777

Dscn0795

やっと到着しました。

Dscn0790

平日の木曜日ですが駐車場は登山客の車でいっぱいです。

Dscn0791

下山は同じコースで下りました。

今度は登山靴を履いて来たいものです。

今回のルートラボは「こちら

Photo_2

2018年10月21日 (日)

ホワイトロードへ

石川県白山市と岐阜県白川郷を結ぶ絶景の山岳道路をドライブして来ました。

私と嫁と嫁の母親と3人で一泊二日の旅で、今回は86ではなくって嫁さんの車です。

京都で嫁さんの母親を乗せて湖北を回って北上します。

湖北のマキノでメタセコイヤの並木道を通って福井県へと入ります。

Dscn0584

メタセコイヤの並木道、紅葉にはまだまだ早いのですが、きれいに紅葉したころにまた来てみたいものです。

福井から石川へと、金沢で少し寄り道をして白山山麓へと。

今日の宿泊先は、白山山麓スキー場にある温泉宿です。

Dscn0593_2

この道、以前は白山スーパー林道と呼ばれていたのですが、最近になって白山白川郷ホワイトロードに名前を変えています。

また、うれしいことに、石川県内の温泉宿に泊まるとこのホワイトロードの通行料金が無料になるキャンペーンが11月10日まであります。

Dscn0595

2日目に白山白川郷ホワイトロードを走って紅葉を楽しみます。

Dscn0620

道沿いには多くの滝がありますが、その中で一番大きな落差86メートルの「ふくべの大滝」

Dscn0635

道沿いには、お猿が多くて。

Dscn0604

Dscn0609

紅葉もそこそこ綺麗に。

Dscn0669

Dscn0671

Dscn0673

ホワイトロードを岐阜県側に下りると白川郷中心部の荻町へ出るのですが、

白川郷の駐車場へ行く車で大渋滞でまったく動きません。

さすが世界遺産白川郷。 

でもこんな渋滞に巻き込まれたのは初めてです。

急きょ予定を変えて、ひるがの高原へと向かいました。

その、ひるがの高原での事。

この土日は車のオフ会が多いようで、トヨタ86のオフ会もこの近くで開催されています。

86ではなかったのですが、クラッシックカーのオフ会にも遭遇しました。ロータス、ポルシェ、、アルファーなんかが気持ちよさそうに走っていました。

超豪華なオフ会にも遭遇しました。

Dscn0681_2

たまたま遭遇した、ランボルギーニとフェラーリのオフ会です。

ランボだけでも2~30台はいます。

Dscn0692

Dscn0690

Dscn0685

嫁さんと嫁さんの母親との旅で、

白山の紅葉、白山の温泉も良かったのですが、

こんなイベントに遭遇したことが一番楽しかったような旅行でした。

2018年10月18日 (木)

千早赤坂村を往く

やっぱり峠道が好きだ。

昨日は平坦な奈良の道をひたすら走り斑鳩の里を訪ねたけれど、

やっぱり自転車の楽しみは峠道ですね。

やっぱり峠道が好きですね。

そんなわけで今日は峠道へ。

お隣の村、大阪府千早赤坂村へ。

こちらは、葛城山麓線ピークの棚田から見る大峰山。

Dscn0562

千早赤坂へ往く峠道から。

Dscn0565

県境の金剛トンネル。

Dscn0568

千早赤坂の小さなトンネル。 中津原隧道。 

Dscn0579

道の駅千早赤坂でお昼ご飯を買い求めて。 

Dscn0580

道の駅から水越峠への道へ進みます。 

旧峠道は災害のため通行止めのままで、水越トンネルを走りました。

2018年10月17日 (水)

今日は斑鳩のコスモス

今日は斑鳩のコスモスを求めて走ります。

高田川を北上して。

Dscn0510

斑鳩の法輪寺。

Dscn0528

Dscn0527

こちらは法起寺。

Dscn0557

Dscn0539

Dscn0547_2

2018年10月15日 (月)

紅葉には早いけど

紅葉にはまだ早いけど、

秋の葛城古道を往きます。

Dscn0498

Dscn0495

Dscn0499

柿畑はすっかり秋の色です。

Dscn0502

Dscn0504

2018年10月14日 (日)

藤原京跡の秋桜

見ごろになっています。

藤原京跡の秋桜。

Img_5503

Img_5523

Img_5506

Img_5524

Img_5531

2018年10月12日 (金)

飛鳥から芋ヶ峠へ

久しぶりに飛鳥から芋ヶ峠を往きます。

トーエイスポルティーフで。

いつもの石舞台ですが、高台のベンチが替わっていました。

趣味の悪いロープが張られていて、雰囲気を悪くしています。

Dscn0461

小さなお花畑もきれい。

Dscn0464_2

石舞台前から芋ヶ峠への道へ入ります。

Dscn0468

相変わらずの通行止めのままですが、相次ぐ台風の影響でまたまた荒れています。

Dscn0469

Dscn0472

道は荒れ方は、ものすごい秘境の林道でも走っているような雰囲気です。

ここが飛鳥とは思えない。

Dscn0473

小峠の標識も悲惨です。

Dscn0476

Dscn0480

峠を越えて吉野側へ。

倒木、落石が多くて道は荒れ放題。

Dscn0484

Dscn0485

道路の崩壊現場もあまり進展の無いままです。

Dscn0487

上市から吉野川へ出て五條経由で帰路へ。

Dscn0489

Dscn0491

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »