« 北関東の峠を走る 2日目 | トップページ | 近場へ »

2018年11月 1日 (木)

北関東の峠を走る 3日目

3日目です。

今日は中禅寺湖畔からいろは坂を下り、渡良瀬渓谷沿いに南下して伊勢崎から熊谷、

そして秩父の峠を少し走って東京多摩まで行きます。

早朝、朝食前に散歩に出ました。

朝6時過ぎ、快晴ですがすがしい景色が。

朝焼けの男体山です。

Dscn1054

男体山は見る場所によっていろいろな姿に変わります。

湖畔とか戦場ヶ原からは富士山型の綺麗な山容ですが、いろは坂から見る姿はいかにも火山らしい荒々しい山容になります。

中禅寺湖も抜群に綺麗に見えます。

Dscn1074

宿から徒歩15分ほどで華厳滝の観瀑台まで行くことが出来ました。

観瀑台には時間が早いこともあって誰もいません。

昼間の混雑が嘘のようで、華厳滝を独り占めです。

Dscn1066

中禅寺湖から華厳の滝へ流れ出すところに水量調整用のダムがあります。

華厳の滝は調整されていて、渇水時には華厳の滝が見られないこともあるようです。

Dscn1071

湖畔の宿を後にして早朝の戦場ヶ原を見に行きました。

昨日の雪とか、霜で真っ白な戦場ヶ原を期待して見に行きます。

Dscn1085

残念なことに雪とか霜は降りていないようですが、良く晴れていてきれい。

湖畔にはこんなものが。現役の除雪車でしょうか。

Dscn1077

湖畔の景色もきれい。

山は昨日よりも白くなっています。

Dscn1081

湖畔の道も紅葉できれい。

Dscn1095

いよいよ、激坂のいろは坂を下ります。

Dscn1108

いろは坂については「こちら

Dscn1112_2

日光から日足トンネルを越えれば銅山で有名な足尾の町と渡良瀬渓谷に入ります。

群馬県南部、埼玉県北部を走って秩父へ。

埼玉県熊谷は55歳から59歳まで4年間単身赴任していたところで、懐かしく少し町をうろうろと。

秩父の道も好きでよく走りに行きました。

秩父は狭い峠道ばかりですが、自転車で走っても車で走ってもおもしろい道がいっぱいあります。

イニシャルDで有名になった峠。

Dscn1135

この定峰峠からとなりの白石峠へ進むとこんなものがあります。

Dscn1150

堂平山の堂平天文台です。

昔は東京大学堂平観測所だったのですが、今は現役から退いて観光天文台へと変わっています。

Dscn1147

天文台の敷地からスカイツリーが見えました。

赤城からのスカイツリーもよかったですが、さすがにここからは距離が近くて良く分かります。

Dscn1140

この後、自転車でも走ったことのある思い出の峠へと。

Dscn1153

刈場坂峠と正丸峠です。

正丸峠は東京方面から秩父へ入る入り口みたいな峠。

この刈場坂峠から彼岸花で有名な高麗まで素敵な林道があります。

奥武蔵グリーンロードです。詳しくは「こちら

Dscn1156

この後、東京多摩へ。

多摩にはうちの兄貴夫婦がいて、そこにお世話になりに行きました。

6日間のロングドライブで、走行距離1500キロ、平均燃費15キロ弱、

高速道路は一切使わず一般道路をひた走りました。

暇を持て余した年寄りですから、なるべく安く遊ぶことを考えて高速は使いません。

また、都心を走る時間帯を変えると渋滞なしで通過することができます。

東京多摩から奈良までは、多摩を夜の8時に出発して、

八王子から国道129号線、厚木から国道246号線で御殿場、沼津へと。

国道1号線はバイパス化されていて信号で止まることは少なくって快適です。

名古屋に近づくとおなじみの名四国道、名阪国道で奈良まで走れます。

多摩を夜の8時に出発、途中の休憩を入れて朝の7時には奈良の自宅につきました。

今回、少し無謀な走行もしましたが、安全運転で走ってくれた86に感謝です。

« 北関東の峠を走る 2日目 | トップページ | 近場へ »

トヨタ86」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北関東の峠を走る 3日目:

« 北関東の峠を走る 2日目 | トップページ | 近場へ »