« 奈良公園紅葉ツイードランに参加 | トップページ | 初冬の野迫川村へ »

2018年11月27日 (火)

リコール

トヨタ86のリコールが大変なことになっています。

工業製品ですから多少の不具合はつきものですし、リコールしてその製品が良くなるのだったら対策部品に交換するのは当たり前のことです。

でも、今回のトヨタ86のリコールはその部品が大変なところにあって難しい作業になります。

その部品とはバルブスプリングの不具合です。

スプリングの材質が悪くて、破損することがあるようです。

交換作業をするためには、

水平対向エンジンを搭載するため、エンジンそのものをエンジンルームから降ろして作業をしなくてはなりません。

初期型の86が対象で、平成24年3月発売から平成25年7月ころまでの生産台数26800台ほどがリコールとなるようです。

発売から6年ほど経っているのになんで今頃に初期生産分の車がリコールなのかも疑問がわきます。

私のトヨタ86は平成25年10月納車だったので何とか逃れたのですが、こんな大修理となったら86が嫌になってしまうかもしれません。

8614

写真はネットから引用したものですが、そのバルブスプリングは写真の中央少し左の部品です。

エンジンを車体から降ろし、ヘッドカバーを外し、カムを抜き、タペットをばらし、やっとスプリングを外せるところまで来ます。

仮にベテランの整備士が作業する場合でもすごく難しい作業で、作業日数も2~3日は掛かりそうで、リコール作業が何ヶ月も続くようです。

しかも、普段扱うことのないスバル製のエンジンをトヨタの整備士が作業するのですから。

本当に自分車でなかってよかったと思うのですが、困ったものです。



出来の悪い子を洗車してワックスもして、とりあえず、今日もご機嫌な86でした。

Img_5575

« 奈良公園紅葉ツイードランに参加 | トップページ | 初冬の野迫川村へ »

トヨタ86」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リコール:

« 奈良公園紅葉ツイードランに参加 | トップページ | 初冬の野迫川村へ »