« 椿姫から | トップページ | 石川をポタる »

2018年12月15日 (土)

冬の山へ

すっかり冬景色になった多武峰へトレックのカーボンロードで登りました。

奥飛鳥の柏森から下畑~冬野と巡ってハイキングコースで多武峰へ下りて行きます。

下畑へ出るまでの道で。

Dscn1774

泥除けのない自転車で来たことが少し悔やまれます。

Dscn1778

落ち葉の道をザワザワと音を立てながら進んで行きます。

Dscn1780

冬野の景色。

人けの全くない村で、本当に寒そう。

Dscn1784

Dscn1782

冬野からハイキングコースで多武峰へ下ります。

冬野の山里の標高は650メートルほどで、多武峰の県道ピークで520メートルほど、

本当に多武峰へ下りて行く感じです。

Dscn1785

Dscn1787

多武峰の談山神社まで来ましたが、閉まっているお店が多くて、何とも寒そうな雰囲気です。

Dscn1791

すっかり紅葉も終わってしまった談山神社です。

Dscn1797

Dscn1793

下り道は北山林道で下ります。

道は西大門から北山経由で出ています。

Dscn1799

北山林道、

激坂で、ブレーキを握る手がしびれます。

Dscn1802

カーボンロードで走る奥飛鳥と多武峰でしたが、

悪路でも、走りの軽さが快適ですね。

« 椿姫から | トップページ | 石川をポタる »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ご苦労様でした。
勝手な印象ですが景色とのマッチングはランドナーのほうが嬉しいです。
談山神社前は冬の雰囲気ですね。
正月は一時的に変わるんでしょうか。

もりやすさん、おはようございます。

確かに、こんな山里ではランドナーが似合うのですが、
こんな道でも快適に走れるんです。とにかく坂道が軽いです。
どこかで、カーボンランドナーを作ってくれないかと思っているのですが、
貧脚でも坂道が楽々で、絶対にバカ売れしますよ。

談山神社は正月は賑わうでしょうね。雪が心配ですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の山へ:

« 椿姫から | トップページ | 石川をポタる »