« 今日は雪国 | トップページ | 芋ヶ峠と壺阪峠を行く »

2019年2月 2日 (土)

宝物のBL-91

先日、アンプを新しく買ったのでここで、

私が使っている宝物のレコードプレーヤーを紹介しておきます。

1982年頃に購入したマイクロ精機のBL-91です。

Img_20190201_0001

マイクロ精機は今はありませんが、よき時代のアナログレコードプレーヤーの専門メーカーでした。

このマイクロ精機、ダイレクトドライブ全盛期の1980年台に時代を逆行するようにベルトドライブもしくは糸ドライブのプレーヤーを作り続けたのです。

モーターの振動を嫌って、モーターをキャビネットの端または外へ追いやり、バカでかい軸受と重量のあるターンテーブルで音質重視のレコードプレーヤーに仕上げました。

私の宝物的なマイクロBL-91もそんなレコードプレーヤーです。

私のには、今は使用していませんがバキューム装置まであります。真空ポンプでレコードとターンテーブルを一体化してしまう装置です。

37年前に購入し、今でも現役のシステムです。 今もピカピカにひかり輝いています。

Dscn2393

アームはサエク WE-407/23 で超精密機械みたいなアームです。

Dscn2386

Dscn2384

カートリッジはお決まりのデンオンとオーディオテクニカです。

デンオン DL-103R

Img_5714

オーディオテクニカ AT33ML

Img_5712

写真はオリジナルの軸受です。 

この上に2.8キロのアルミダイキャストの31センチターンテーブルが乗ります。

Dscn2403

吸引なしの軸受、ターンテーブル、吸引式の軸受、ターンテーブルとも保管してあります。

このアナログレコードプレーヤー、

たぶん私が死ぬまで現役で回り続けるでしょう。

Dscn2409_2

« 今日は雪国 | トップページ | 芋ヶ峠と壺阪峠を行く »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝物のBL-91:

« 今日は雪国 | トップページ | 芋ヶ峠と壺阪峠を行く »