« 宝物のBL-91 | トップページ | 高天彦神社と橋本院 »

2019年2月 5日 (火)

芋ヶ峠と壺阪峠を行く

久しぶりに芋ヶ峠と壺阪峠を越えてきました。

 

2年ほど前の台風で道路が崩壊していたのですが、復旧工事も終わって通れるようになっている様です。

 

飛鳥の石舞台で一息いれて芋ヶ峠へと。

 

Dscn2412

 

久しぶりに乗ったトーエイです。

 

正月の網掛け神事できれいになった男綱、女綱。

 

Dscn2415

 

Dscn2417

 

今日の芋ヶ峠の道はひかりの具合が幻想的。

 

こんな光景はランドナーが良く似合います。

 

Dscn2429

 

Dscn2434

 

Dscn2430

 

Dscn2439

 

通行止めも解除されて、

 

芋ヶ峠にローディーが戻って来ました。

 

Dscn2447

 

千股の山里。

 

Dscn2450

 

木の香りの吉野上市。

 

Dscn2453

 

椿橋を渡って。

 

Dscn2467

 

椿橋の上から見ると、

 

暖かくなって吉野川の魚も元気に泳いでいます。

 

Dscn2455

 

50センチはありそうな大物。

 

Dscn2458

 

越部から壺阪峠へと入ります。

 

壺阪古道

 

安産の滝。

 

Dscn2469

 

Dscn2474

 

壺阪峠

 

Dscn2479

 

壺阪寺

 

Dscn2484

 

今日は暖かくって、春の気配の奥飛鳥でした。

« 宝物のBL-91 | トップページ | 高天彦神社と橋本院 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芋ヶ峠と壺阪峠を行く:

« 宝物のBL-91 | トップページ | 高天彦神社と橋本院 »