« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

3月の走行距離

今月の走行距離です。

トーエイスポルティーフ    走行距離 351キロ 走行日数 7日

トレック エモンダ SL-6 走行距離 258キロ 走行距離 6日

 

86の方は

トヨタ86 走行距離 483キロ 平均燃費 11.7キロ/L

2019年3月29日 (金)

今日の藤原京跡

今日の藤原京跡です。

菜の花はすっかり見ごろになっています。

桜はこれからですね。

Img_5830

Img_5844

Img_5846

 

2019年3月27日 (水)

生石高原を往きます

和歌山県の生石高原にトレックのカーボンロードで走って来ました。

生石高原は紀美野町と有田川町にまたがる、

標高870メートルの生石ヶ峰山頂に広がるススキのきれいな高原です。

道の駅しみずに86をデポして走り出しました。

 

Dscn3369

 

道の駅しみずの標高は250メートルほど、ここから標高800メートル越えの生石高原へと走ります。

まずは、県道180号線で札立峠へと。

札立峠は生石高原への入り口みたいな峠です。

貴志川沿いの野上から登るのが一般的ですが、帰りの道考えて清水から登ります。

道の駅しみずにしたのはこの景色を見たいこともあって、

あらぎ島です。

Dscn3373

 

県道180号線で札立峠へと登りますが、どうも災害で通行止めのようです。

少し気になりますが、自転車なら何とかなるかと先へ進みます。

Dscn3382

 

何とかなりました。自転車なら通れる程度の道でした。

工事現場の人がいれば通してもらえないこともあるのですが、

何とか通れました。ただし何かあっても自己責任ですが。

Dscn3390

 

札立峠を越えて生石高原へと入っていきます。

生石高原レストハウスでお昼を頂いて。

Dscn3430

 

生石ヶ峰へと登るのですが、残念なことに自転車は進入禁止です。

靴はSPDシューズですが意外と歩きやすくて、高原をハイキングします。

Dscn3424

 

春霞で霞んでいますが、西側には紀伊水道が見えます。

Dscn3422

 

県道184号で下山します。

Dscn3432

 

尾上まで下って小原から大月峠へ出て二川ダム湖へ出ます。

大月峠への道で。

Dscn3444

 

その大月峠にある、何となくいい感じのお地蔵さま。

Dscn3447

 

大月峠からはダム湖までは、激坂を下っていきます。

その二川ダム湖。

Dscn3456

 

Dscn3460

 

ダム湖の周辺の桜も咲き始めています。

Dscn3463

 

有田川には、早咲きの桜が満開です。

Dscn3466

 

国道480号線であらぎ島まで戻って来ました。

Dscn3472

 

あらぎ島の道の駅で一息ついて。

お店のキャラクターがかわいい。

Dscn3470

 

デポ地まではもうすぐです。

道中は早咲きの桜で綺麗。

Dscn3479

 

今回のルートラボは「こちら

327

 

2019年3月24日 (日)

こんなものがありました

3月22~23日
フェスティバルホール
大阪フィルハーモニー交響楽団定期演奏会
20190322
3月24日
ザ・シンフォニーホール
道上洋三の春休みファミリーコンサート
2019324_2


2019年3月20日 (水)

春の気配

今日は一段と春の気配が進みました。

Kimg0744

いつの間にか、つくしがいっぱい出ています。

Kimg0755

明日香村の立部の彼岸桜も満開です。

Kimg0756

2019年3月15日 (金)

春の気配

もうすっかり春の気配です。

今日はレーサータイツを冬物から春物のタイツにして走ります。

なんかペタリングが軽くなったような。

Dscn3162

飛鳥の景色も、梅の花が終わって、桜を待っているような。

Dscn3165

稲淵の棚田も春の景色です。

芋ヶ峠を越えて津風呂湖へと。

Dscn3170

水辺の景色も何となく冬から春へと。

Dscn3172_2

2019年3月 9日 (土)

津越の福寿草を見に

津越の福寿草をトーエイスポルティーフで見に行きます。

先日は車で嫁さんと行ったのですが、毎年の恒例行事みたいな福寿草見物は自転車で行かなくてはなりません。

今日も五新線で城戸まで行きます。

Dscn3079

長いトンネルは通行止めになっていて通ることが出来なくて迂回するのですが、

その迂回する梅畑もいい感じです。

Dscn3084

賀名生付近 五新線の旧バス停にある枝垂れ梅。

Dscn3086

また迂回路に入って、

五新線が高架橋で通って行きます。

Dscn3093

丹生川に架かる吊り橋ですが、2年前の台風で被害を受けてそのままの状態です。

Dscn3094

西吉野発電所でまた五新線に戻ります。

Dscn3103

五新線の旧バス道の終点、 城戸はすぐそこです。

Dscn3104

津越へは陰地を経由して入ります。

津越の稱名寺の枝垂れ梅。満開です。

Dscn3105

Dscn3107

西日本での最南端の福寿草の自生地 津越です。

福寿草のピークはもう終わっていますが、それでも綺麗です。

Dscn3110

Dscn3121

Dscn3112

ここは仙人が住むような山深い山里。

Dscn3116

帰りの道は県道20号、県道118号で十日市から八ツ川経由で五條へ戻ります。

西吉野川岸付近の景色。

Dscn3132

八ツ川経由で行くのですが、2年前の台風被害で通行止めになっています。

自転車なら何とか通れるかな程度の気持ちで通行止めの道へ入って行きます。

Dscn3136

その災害の場所ですが、ほとんど手つかずの状態です。

波宝神社(銀峯山)への分岐から西へ2キロほどのところです。

Dscn3138

何とか通過して五條へ戻って来ました。

Dscn3144

Dscn3146

今回のルートラボは「こちら」です。

39

2019年3月 5日 (火)

下市 広橋梅林を行く

下市原谷地区と広橋梅林をトーエイスポルティーフで走って来ました。

原谷は下市の奥、東側に広橋峠、西側に樺の木峠の間にある山里です。

休校中の下市南小学校前から狭い山道を登って行きます。

Dscn2987

原谷への道で、

最近では珍しい農機具置き場です。

Dscn2991

ひたすら狭い急な道を登って行きます。

標高300~400メートルの山里です。

Dscn3003

Dscn2999

Dscn3011

広橋峠に続く道に出ました。

紅梅、白梅がきれい。

Dscn3014_2

広橋峠を望むところから。

Dscn3021

標高450メートルの峠に建つ旧広橋小学校。

Dscn3046

峠の茶店で甘酒を頂きます。

Dscn3036

Dscn3024

Dscn3034

Dscn3035

Dscn3049

Dscn3058

峠道を下りきったところの、2年前の台風21号被害の傷跡です。

国道は復旧して通れるようになったのですが、村の中の旧道はなかなか復旧が進みません。

今回この道を無断で通りましたが、一般車は通行止めのままです。

Dscn3065

奈良では、あまり目立たない広橋梅林ですが、紅梅、白梅、八重咲と大変綺麗でした。

今回のコースは「こちら

35

2019年3月 2日 (土)

五新線と梅街道

西吉野の五新線と梅街道を2台のロードで走りました。

Cimg4104

Cimg4125

Dscn2849

Dscn2951

Cimg4102

Dscn2926

                            一部画像はモゼールさんから頂きました。

2019年3月 1日 (金)

3月です

早いもので、もう3月です。

始まっています、高取土佐町並み「町家の雛めぐり」。

Dscn2826

少し前から様子を見に行っていたのですが、今年も始まりました。

_

写真は2月中頃の様子です。

まだ顔が入っていない製作途中の雛人形です。

2007年から始まって今年で13年目だそうで、

地元の人は大変ですね。

Dscn2503

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »