« 五新線と梅街道 | トップページ | 津越の福寿草を見に »

2019年3月 5日 (火)

下市 広橋梅林を行く

下市原谷地区と広橋梅林をトーエイスポルティーフで走って来ました。

 

原谷は下市の奥、東側に広橋峠、西側に樺の木峠の間にある山里です。

 

休校中の下市南小学校前から狭い山道を登って行きます。

 

Dscn2987

 

原谷への道で、

 

最近では珍しい農機具置き場です。

 

Dscn2991

 

ひたすら狭い急な道を登って行きます。

 

標高300~400メートルの山里です。

 

Dscn3003

 

Dscn2999

 

Dscn3011

 

広橋峠に続く道に出ました。

 

紅梅、白梅がきれい。

Dscn3014_2

 

広橋峠を望むところから。

 

Dscn3021

 

標高450メートルの峠に建つ旧広橋小学校。

 

Dscn3046

 

峠の茶店で甘酒を頂きます。

 

Dscn3036

 

Dscn3024

 

Dscn3034

 

Dscn3035

 

Dscn3049

 

Dscn3058

 

峠道を下りきったところの、2年前の台風21号被害の傷跡です。

 

国道は復旧して通れるようになったのですが、村の中の旧道はなかなか復旧が進みません。

 

今回この道を無断で通りましたが、一般車は通行止めのままです。

 

Dscn3065

 

奈良では、あまり目立たない広橋梅林ですが、紅梅、白梅、八重咲と大変綺麗でした。

 

今回のコースは「こちら

走行距離 46キロ

最大標高差 400メートル

獲得標高 713メートル

最大標高 梨子堂付近 477メートル

 

35

« 五新線と梅街道 | トップページ | 津越の福寿草を見に »

自転車」カテゴリの記事

コメント

下見ですか?

いいえ、個人的な走りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下市 広橋梅林を行く:

« 五新線と梅街道 | トップページ | 津越の福寿草を見に »