« チューリップフェア― | トップページ | 86旅1日目 ヤビツ峠 »

2019年4月13日 (土)

美山を往く

京都府美山を巡って来ました。

美山は京都府の真ん中あたりにある茅葺の里で有名な山里です。

道の駅美山ふれあい広場に86をデポして、

美山の茅葺の里~佐々里峠~花背~周山と定番コースを時計回りに走ります。

その、道の駅美山ふれあい広場を出発です。

Dscn3926

由良川沿いに走って茅葺の里へ。

Dscn3928

みやま茅葺の里。

Dscn3929

Dscn3936

自宅を4時過ぎに出発して一般道路をひた走って7時には道の駅に到着。

 

時間が早いこともあってこの茅葺の里には観光客は一人もいません。

しずかな茅葺の里を巡ることが出来ました。

Dscn3940

Dscn3944

Dscn3951

Dscn3953

佐々里峠を目指して走ります。

さすが林業の村って感じです。

Dscn3958

由良川の渓谷。

Dscn3969

Dscn3967

佐々里の村まで来ました。

ヤマメのふるさとですって。

Dscn3975

Dscn3981

峠道の道端にはまだ雪が残っています。

さすが標高735メートル、佐々里峠の峠道です。

峠道は走っていて汗ばむのですが、着ているものを脱ぐと途端に寒くなって、

暑いのか寒いのか分からなくなるような空気です。

Dscn3985

峠に到着です。

峠にある石積み造りの峠小屋です。

中にはお地蔵さんと長椅子があります。

何に使うんでしょうね。

お地蔵さんの社、バス停、山仕事の休憩所、ハイカーの休憩所、避難小屋。

昔はこんな風景は普通だったのですが、今では珍しい小屋です。

また、石を積み上げて作ったのがいいですね。

Dscn3987

峠の北側は南丹市美山で、由良川の源流があり川は日本海に流れます。

峠の南側は京都市左京区大河原で桂川の源流があり川は太平洋に流れます。

そんな分水嶺みたいなところです。

Dscn3995_1

峠を下って、

広河原にあるスキー場。

Dscn4001

広河原の景色。

ここは京都市左京区です。

Dscn4006

個人宅用の吊り橋でしょうか。

吊り橋には門があるのですが、門が閉まっています。

Dscn4016

最近の台風によるものでしょうか、倒木が民家まで迫っています。

Dscn4018

花背から国道477号線で周山へ。

綺麗な桜の景色が続きます。

小さな、発電所にある枝垂れ桜です。

Dscn4037

お寺の参道に続く道で。

Dscn4044

周山街道を走って、

美山に戻って来ました。

 

Dscn4052

久しぶりに走った京都北部の山々でした。

若いころは良く走ったものですが、このところ遠のいていました。

 

このあと、

自転車から86に乗り替えて爆走して帰ります。

Dscn3925

今回のコースは「こちら

走行距離 79.8キロ

最大標高差 527メートル

獲得標高 911メートル

最大標高 佐々里峠 735メートル

412

 

« チューリップフェア― | トップページ | 86旅1日目 ヤビツ峠 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

美山の風景にピッタリの新型自転車ですね。
日本海に注ぐ大河の由良川も美山ではまだ小さな川だったんですか。

もりやすさん、こんにちは。

自転車はいつものトーエイです。

今の時期の川は、奈良なんかでは水量が少ないのですが、
こちらでは雪解けで水量が多くて、なんか雰囲気が違います。

今週末には、また、別の旅サイを計画中です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チューリップフェア― | トップページ | 86旅1日目 ヤビツ峠 »