« 案山子道とホテイアオイ | トップページ | かかし道と芋ヶ峠 »

2019年9月12日 (木)

40年前の名機

サエクからとんでもないアナログレコードプレーヤーのトーンアームが発売されています。

Saec1

 

40年前に生産されたアームの改良進化版なんですが、驚きはそのお値段です。

 

Saec

40年前に発売されたサエクWE-407/23を原器として現代風に改良したものだそうですが、

値段がすごいことになっていて、119万円とか。

最初にこの記事を見た時は11万9000円かと思っていたのですが、とんでもなく間違いで桁が違いました。

 

こんなトーンアーム誰が買うのでしょうね。

ちなみに40年前のサエクWE-407/23のお値段は6万7000円です。

その40年前の6万7000円です。

Img_6214

 

« 案山子道とホテイアオイ | トップページ | かかし道と芋ヶ峠 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

バランス的にスピーカーは500万ぐらいでしょうね。
となるとリスニングルームは何畳、考えたくないです。

木村さん、こんばんは。

すごいことになりますね。
いくら高級なシステムでも音源が昔のレコードでは、どうなんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 案山子道とホテイアオイ | トップページ | かかし道と芋ヶ峠 »