自転車

2020年9月28日 (月)

葛城山麓の彼岸花

葛城山麓の彼岸花が満開です。

九品寺よこの群生地。

Dscn0220

一本だけ黄色い彼岸花。

Dscn0225a

一言さんへのハイキングコースで。

Dscn0229

一言さんの参道は人がいっぱいで早々に退散です。

 

山麓線をピークまで登ります。

伏見の伏見池には池の周りに彼岸花が並びます。

Dscn0232

Dscn0241

風の森峠に下って。

Dscn0244

 

 

 

2020年9月21日 (月)

彼岸花ランに参加

毎年恒例の彼岸花ランに参加してきました。

P9210007

いつもの公園に集合して走ります。

参加者7名で。

P9210015

P9210025

P9210039

119788554_1330934403904383_5745424913626

彼岸花は咲き始めたばかりで満開は来週くらいでしょうか。

P9210035

P9210047

119971972_538714160270262_20491120077215

メッシュグローブ友の会。

119733786_1330925573905266_6394719244316

P9210060

119948506_1330925690571921_3530609274456

       一部写真は参加者さんからお借りしました。

 

 

2020年9月15日 (火)

黒滝村 地蔵峠を往く

 

P9150069

P9150072

P9150081

P9150084

P9150087

P9150090

P9150097

P9150103

 

奈良県黒滝村  秋野川  地蔵峠  こもれびホール  黒滝森物語  広橋峠

 

 

2020年9月14日 (月)

咲き始めた彼岸花

ぼちぼちと、葛城山麓に彼岸花が咲いています。

P9140056

一言主神社の参道です。

P9140060

P9140065

残暑が厳しくっても季節はそれなりに秋の気配に。

 

 

 

2020年9月13日 (日)

おニューのペダル

久しぶりにペダルをおニューにしました。

P9070268

ラットトラップのペダル、両面踏みのペダルで幅が広くって踏みやすいです。

 

長年酷使してきた三ヶ島ユニークロードを磨きます。

P9110024

40年近く酷使してきたペダルです。

傷だらけで汚いペダルですが、根気よくバフ掛けをします。

P9110030

感激するほどきれいになりました。

 

旅的な走りはシンバルストリームネクスト、

ロード的な走りはユニークロードで。

 

 

 

 

2020年9月 5日 (土)

ぶらっと葛城山麓

ぶらっと葛城山麓の葛城古道を往きます。

P9050232

秋の気配、柿が色ずいています。

P9050235

相変わらず暑いのですが、里山に吹く風は涼しくなりました。

P9050237

P9050238

一言主神社の参道に、気の早い彼岸花が咲いていました。

P9050240

P9050242

何ともいい雰囲気、風の森峠。

いい風が吹き抜けます。

P9050245

P9050247

P9050248

彼岸花にそっくりな花が休耕田に咲いていました。

調べてみたら ネリネ(ダイヤモンドリリー)というそうです。

P9050249

掖上の村の中、なんとなく雰囲気のいい旧街道みたいな。

P9050261

今日は、おニューのグローブをして走りました。

先日、某掲示板で紹介してもらって買い求めたものです。夏向きのメッシュタイプでしっかりとした縫製です。

手のひらの皮の部分がしっかりと丈夫で、ハンドルを握りやすそうです。

驚きは、そのお値段で大量注文をしてもらったので大変安く手に入れることが出来ました。

P9050264

 

 

2020年8月30日 (日)

野迫川村避暑ツーリング

今日は自転車仲間の野迫川村避暑ツーリングの日なんですが、

雲海を見たいがために2時間ほど先行してソロで走ります。

今日のコースは、

高野山奥の院駐車場~桜峠~天狗木峠~高野辻~高野豆腐伝承館~林道平川釜落線~池津川~荒神口~荒神社~野迫川口~高野龍神スカイライン。

 

私の指定場所、奥の院駐車場に車を止めて、6時15分に出発です。

P8300082

P8300083

摩尼隧道東側から望む雲海。

P8300085

県道高野天川線で桜峠から天狗木峠へと行くまでの景色。

標高1000メートルの稜線を走ります。

P8300091

県道西側の山並み。

P8300095

高野辻はガスの中。

P8300104

県道高野天川線で下ります。

雲の中へと突入です。

P8300113

P8300118

高野豆腐伝承館前の公園。

P8300136

平川釜落林道を登ります。

P8300141

切通の峠。標高は890メートルほどです。

P8300147

P8300154

池津川から県道高野辻堂線で荒神口まで登ります。

P8300165

池津川の旧小学校。この奥にも校舎があります。

P8300173

荒神口。

P8300180

荒神口で昼ご飯にして、仲間を待つことにしました。

しかし、時間が経つに天候が不安定になってきて高野山へと戻ることにしました。

車に乗り換えてスカイラインを南下して様子を見に行くことに。

スカイライン野迫川口の空き地で休憩をしているのを発見。

Dsc04040

    写真は某掲示板からお借りしました。

8a17d4c99b4332e3477d21433079594e_1004877

     集合写真は某掲示板から拝借しました。

 

皆で高野龍神スカイラインを下ります。私は86でしたれけどね。

P8300192

P8300219

P8300207

P8300211

P8300198

     高野山へと戻り、お店でお茶をして。

     標高1000メートルの稜線ツーリングこの時期、最高にいいですね。

 

 

2020年8月29日 (土)

芋が峠を越えて

芋が峠を越えて津風呂湖まで行きます。

 

早朝なので木漏れ日がとてもきれいに。

P8290037

P8290043

芋が峠、

いつも変わらない景色ですが、いつ来てもいい感じの峠です。

P8290044

下りの道も木漏れ日が綺麗です。

P8290046

P8290051

千股から龍門の山麓を行き、津風呂湖 平尾つり橋へと。

P8290058

P8290063

P8290061

日陰の湖周道路を行きます。

P8290064

津風呂湖ダム

P8290071

P8290073

吉野川左岸を走って吉野川を下ります。

P8290079

P8290080

 

明日も早朝から走ります。

 

2020年8月27日 (木)

ぼちぼちと

ぼちぼちと、

涼しくなって、走りに行こうかな。

P8270023

2020年8月 3日 (月)

野迫川村へ

梅雨も明けたことですし、どこかへと走りに行きたいのですが、

暑くてなかなか涼しげなコースはありません。

本当は信州の高原でも走りたいのですが、長野県には大阪近郊の人は歓迎されないようなので。

奈良県の避暑地、野迫川にでも行くことにしました。

 

コースはいつもの高野山奥の院駐車場に86デポで走ります。

奥の院駐車場を朝の6時出発です。

P8030012

コースは県道高野天川線で南下して桜峠~天狗木峠~高野辻~役場前~北股~大股~北今西~

桧股~方峠~高野龍神スカイラインで高野山まで戻るコースで、林道弓手原線、林道桧股線経由です。

 

P8030010

桜峠を越えると標高900メートルから1000メートルの尾根道へと上がります。

そう、展望が最高にいい。

雲海でも出ていたら最高です。

P8030015

なんかいい感じ。

P8030019

高野辻では完全に雲の中って感じです。

P8030021

少し長い休憩をするのですが、なかなか雲の量が減りません。

もう少し雲が引いてくれないと綺麗な雲海が見えないのですが待つもの何なので先を急ぐことに。

P8030032

P8030037

P8030044

役場のある北股へと下りて行きます。

P8030052

北股の村の中、アジサイがまだ咲いています。

P8030056

P8030057

小さな切通を通って。

P8030073

ここから先は深い谷、渓谷美を楽しみます。

P8030077

北股川と川原樋川との合流点。水量が多くってめちゃめちゃ綺麗です。

P8030087a

P8030111

P8030122

P8030133

弓手原から高野龍神スカイラインへと登りたかったのですが、

桧股から弓手原間が災害のため通行止めです。

自転車を担いで通れそうなのですが、工事中で通してもらえませんでした。

仕方なく林道桧股線で方峠からスカイラインへと登ります。

 

桧股、のどかな山村です。

P8030149

旧桧股小学校、朽ちかけて崩れそうです。

P8030150

P8030152

峠に近づくと、災害の傷跡。

P8030156

高野龍神スカイライン、方峠へと登り花園物産販売所のあじさい園へと。

旬は過ぎていますが、まだまだきれいです。

P8030166

抜群の展望のスカイラインを走ります。

P8030168

鶴姫。

P8030170

P8030172

高野山へは300メートルほどの下りが続きます。

P8030176

高野山へと戻ってきました。

朝の6時に出発して、野迫川村の展望最高の尾根道と、深い谷の渓谷を満喫して、13時には戻ってきました。

P8030001

この時期の野迫川村、標高1000メートの避暑地とてもいいです。

雲海も。

 

 

より以前の記事一覧

フォト

アルプススポルティーフ

  • Dscn7278
    私の愛車 アルプススポルティーフです。

トーエイスポルティーフ

  • Dscn9901
    私の愛車 トーエイスポルティーフです

ラレーカールトン

  • Dscn7710
    私の愛車 ラレーカールトンです

トレック

  • Img_3889
    私の愛車  トレック エモンダ SL6です。

トヨタ86

  • Img_3497
    私の愛車 トヨタ86です
無料ブログはココログ