自転車

2019年7月21日 (日)

夏の気配ですけれど

なかなか梅雨が明けません。

少しの晴れ間、蒸し暑いのですけれど走りに出ました。

Dscn3467

飛鳥から藤原京跡へと向かいます。

Dscn3469

Dscn3473

Dscn3482

Dscn3483

 

2019年7月 7日 (日)

今日の吉野川

結構、増水しています。

今日の吉野川です。

Dscn3419_20190707220501

夏ならではの光景です。

Dscn3446

Dscn3453

Dscn3459

Dscn3465

Dscn3447_20190707220501

 

2019年7月 5日 (金)

レトロなトンネルへ

一週間ぶりの晴れ間。

梨畑を越えて、紫陽花の道を下って、レトロなトンネルを見に行きます。

Dscn3438

Dscn3421

Dscn3430_20190706093701

Dscn3423

近鉄吉野線には、こんなトンネルがいっぱいあります。

 

2019年6月28日 (金)

梅雨の晴れ間に

今年は例年になく遅い梅雨入りで、

梅雨に入ったらと思ったら台風までやって来て、

今日は台風一過の晴れ間です。

 

小さな峠を越えて古墳の村へ。

Dscn5109

村の小道を進んで。

古墳へと。

Dscn5122

きれいな まん丸古墳

Dscn5116

Dscn5118

普段は走らない、

知らない道を選んで村の中を行きます。

Dscn5123

 

2019年6月13日 (木)

お隣の村 千早赤坂村へ

またも、お隣の村へ行ってきました。

大阪府で唯一の村、千早赤坂村へ

下赤坂城跡の下に広がる棚田を見に行きます。

金剛トンネルで大阪府へ入り、水越トンネルで奈良へ帰ってくるコースを行きます。

金剛山麓、風の森峠を越えて五條へ。

Dscn5067

高鴨神社の前を通って山麓線へと登ります。

Dscn5069

五万人の森で一休み。

Dscn5072

金剛トンネルで大阪府へ入ります。

Dscn5074

石見川を下って。

Dscn5081

下赤坂の棚田へやって来ました。

Dscn5086

Dscn5088

道の駅ちはやあかさかでお昼を頂いて。

Dscn5097

きみのとりこ❤ セット、

卵かけご飯です。

Dscn5092

道の駅そばには、こんなものも。

Dscn5099

お隣の村、千早赤坂村でした。

 

2019年5月22日 (水)

お隣の村へ

ちょつと、お隣の村まで。

カーボーンのトレックに乗って峠を越えて。

Dscn3372

トンネルを幾つかくぐって。

Dscn3378

棚田に来てみたけれど。

Dscn3384

まだ、水は張られていませんでした。

でも、景色はきれい。

Dscn3387

 

2019年5月 9日 (木)

アルプス展望街道を行く 小川村から鬼無里、嶺方峠へ

アルプス展望街道を行く、

2日目です。

宿から車で移動することなく、自転車で出発できるのはいいですね。

山の宿は朝ごはんが早くて7時でした。皆さん早々から山支度で出掛けて行かれます。

私も7時30分には自転車で走りだしました。

今日のコースは木崎湖畔から昨日行った居谷里湿原の横を通って小川村へ出て、

大洞峠を越え鬼無里へ、鬼無里街道で嶺方峠を越えて白馬村へ下りて帰ってくるコースです。

約75キロで、信州の山岳コースではその程度のコースが無難だと思います。

湖畔を後にして小川村へと標高を上げて行きます。

田植えが始まっていて、水田の逆さアルプスです。

Dscn4770

小川村への峠道を登って行きます。

小川村の町は標高500メートルほど、それに対して、大洞峠(おおどう)の標高は1000メートルです。

今日も500メートル越えです。

Dscn4786

Dscn4794

この道、「小川アルプスライン」と名付けられていて所々にアルプス展望デッキと言った休憩所があります。

同年代の人に写真を撮ってもらいました。

平日にこんなところをうろうろとしているのは、私と同じ年代の物好きですね。

でも、ほとんどの方が関東からの人で関西人は少ないです。それもご夫婦で。

Dscn4805

峠道に綺麗なお寺があります。

綺麗な三重塔の高山寺です。

Dscn4810

峠道は、いたるところが撮影ポイントです。

Dscn4820

小川村の観光の目玉、小川天文台です。60センチの反射望遠鏡だそうで。

Dscn4831

天文台を過ぎると大洞峠はすぐそこです。

峠と言うよりは高原に出てしまった感じで、いつの間にか峠を越えてしまいます。

鬼無里まで下りの激坂が続きます。

Dscn4837

鬼無里の道の駅でお昼を頂いて、鬼無里の資料館を見学して、

鬼無里街道で嶺方峠へと。

鬼無里には東京とか西京とかの地名があります。昔、都を懐かしんで付けたようです。

その地にある、民宿むろが荘です。

Dscn4872

いまは廃業したようですが、たたずまいはそのままに。

私が若い頃に自転車で3回ほど訪れています。

1回目は、

松本~保福寺峠~聖高原~長野~野尻湖~戸隠~鬼無里~嶺方峠~大町

2回目は、

糸魚川~乙見山峠~妙高~野尻湖~戸隠~鬼無里~嶺方峠~大町

3回目は、

車に自転車を積んで訪れました。

20歳から23歳までのあいだに毎年のように走りに行ったのです。

で、今回は40数年ぶりの自転車での鬼無里訪問です。

 

その若いころの、むろが荘の宿泊は1回目と2回目の2泊で、

23歳の時に3回目のむろが荘を訪れたのですが、満室で断られました。

それで、すぐ前にあった別の民宿に宿泊することにしました。

すると、むろが荘の御主人が私の顔を覚えてくれていたようで、

なんでうちに来ないねん、みたいな話になって。

若いころの懐かしい話です。

 

このむろが荘、主が高齢のため廃業したとかですが、残念です。

 

峠道へと進みます。

Dscn4878

スノーシェッドを通って小さなトンネルを越えて登って行きますが、なかかな峠には着きません。

Dscn4867

やっと峠です。

嶺方峠の名はたぶん昔の名前で実際は白沢洞門です。

普通のかまぼこ型のトンネルですが、

東側は鉄骨のスノーシェッドで囲われていて、白馬が見える西側はコンクリートの四角のスノーシェッドで囲われています。

Dscn4883

この景色に憧れて多くのサイクリストがこの峠に登って来たことだと思います。

Dscn4889

Dscn4897

ここ最近は車で来ていましたが、やっぱり自転車で来るのがいいようです。

峠からの絶景です。

やっぱりアルプスまでの距離が近いのできれいに見えます。

               鑓ヶ岳    ↓

Dscn4903

       不帰嶮    ↓

Dscn4905

雪形で一番良く分かるのがこの武田菱です。

Dscn4799

五竜岳の武田菱       ↓

Dscn4906

 鹿島槍ヶ岳   ↓

Dscn4907

峠を後にして白馬へと下ります。

Dscn4922

途中で見たかわいい喫茶店ですが、平日はお休みのようで残念。

Dscn4929

大出公園にも寄って見ましたが、

昼を過ぎていたので逆行気味であまり綺麗ではなくて、また、明日朝からくることにしました。

Dscn4936

白馬から仁科三湖へ下って宿へ戻ります。

Dscn4762

自転車旅はこれでおしまいにして、

明日は86で奈良までドライブです。

 

今日のコースは「こちら

走行距離 75.6キロ

最大標高差 598メートル

獲得標高 1367メートル

最高標高 峰方峠 1098メートル

59

 

2019年5月 8日 (水)

アルプス展望街道を行く 小熊黒沢林道

アルプス展望街道を行くと題して、

信州の小熊黒沢林道と鬼無里街道の嶺方峠をトーエイスポルティーフで走って来ました。

木崎湖畔の宿に2泊して走ります。

道中は86で爆走して朝の10時には宿に到着。

一日目は小熊黒沢林道を目指します。

Dscn4623

宿を出て500メートルも走れば仁科神社、林道の入り口です。

Dscn4632

仁科神社で今回の交通安全を祈願して。

Dscn4628

Dscn4625

小熊黒沢林道を走るのは、

埼玉単身赴任時代に2回走っていて、今回3回目です。

それほどの激坂でもないのですが、

残雪の残るアルプスが見えてくるとペタリングも軽くなります。

Dscn4633

小熊黒沢林道は木崎湖畔から小熊山に登り鹿島槍スキー場へと続く林道で、

4月下旬に冬季通行止めが解除されて、この時期の人気のコースです。

登り着くと、蓮華、爺が岳、鹿島槍、五龍遠見と白馬連峰の山々が見え隠れします。

ほどなく、絶景へと。

Dscn4636

カシミールでお遊び画像。

Kashimagoriyu

木崎湖畔の標高は765メートル。

林道のピークは1300メートルほどで結構な標高差です。

Dscn4646

パラグライダーの離陸地へと。

平日なんで飛んでいませんでしたが、傍で見るとなかなかスリリングな光景です。

Dscn4649

ここから木崎湖全景を見ることが出来ます。

今日はすごくいい天気で、南アルプス、八ケ岳などまで見えます。

Dscn4657

アップダウンを繰り返し絶景を楽しみながら、どんどん登って行きます。

Dscn4664 

林道のピークは鹿島槍スキー場です。

Dscn4675

まだ桜が残っています。

Dscn4689

残雪もいっぱい

Dscn4694

スキー場の窪地に水芭蕉が群生しています。

Dscn4697

下山は中網湖へと下りて行きます。

下りてくると回りはお花畑です。

Dscn4708

青木湖を一回りして。

Dscn4713

上から、青木湖、中網湖、木崎湖と階段を下りるように下っていきます。

道中のお花畑。

Dscn4744

Dscn4746

木崎湖畔から少し東側にある居谷里湿原を見に行きます。

Dscn4748

小さな湿原です。

水芭蕉の群生を期待していたのですが、咲いていなかったです。

Dscn4761

木崎湖へ戻れば今日の宿があるのはいいですね。

玄関わきに自転車を置いて、風呂に入って、晩御飯を待つ。

なんか、すごくいいですね。

 

明日は小川村から鬼無里へ入って嶺方峠を越えて白馬村へと走ります。

今日のコースは「こちら

走行距離 36.6キロ

最大標高差 548メートル

獲得標高 785メートル

最大標高 鹿島槍スキー場付近 1304メートル

58

 

2019年4月22日 (月)

86旅4日目 道志を行く

86旅4日目です。

この日は「道志みち」を自転車で走ります。

「道志みち」も昔からサイクリストに愛されていて、よくニューサイクリング誌に取り上げられていました。

「道志みち」は神奈川県相模原市から山伏峠を越えて山梨県富士吉田市の山中湖へ通じる街道です。

そう、峠を越えると富士山が見えるかもしれません。

今では道が良くなって昔のような街道の姿はないのですが、それでも当時を偲ばせる山村の風景が少しはあると思います。

 

道志道の駅近くに宿をとり、早朝から車を置かせてもらって出発します。

コースは道の駅近くの宿から山伏峠(トンネル)を越え山中湖、富士吉田から都留市へと下って道坂峠(トンネル)への峠道を登り返して戻ってくるコースです。

今日の宿は道志にある山小屋風の民宿です。

Dscn4251

道志みち、まだまだ桜がきれい。

この付近で標高700メートルほどです。

Dscn4254

ほどなく山伏トンネルを越えます。

Dscn4273

トンネルを抜ければ山中湖村。

Dscn4281

峠からの下りの道は地図で見ると富士山めがけて一直線なんですが、

残念なことにトンネルを抜けても富士山を見ることが出来ませんでした。

富士山が見えたのは山中湖近くまで下りて来てからです。

中腹に雲のがかかった富士山です。

湖を周回するサイクリングコースを往きます。

Dscn4287

山中湖には白鳥がいます。見ていて飽きません。

Yamanakako

富士吉田へ出る前に忍野八海へ。

観光バスが何台も来ていて、嫌な予感です。

お隣の国から来た観光客でいっぱいで、川沿いを散策して、早々に退散です。

Dscn4325

富士吉田の富士浅間神社へ、今回の交通安全を祈願しにお参りに行きます。

Dscn4347

さすがにここでは静かにお参りできました。

Dscn4353

富士吉田から都留までは下りで、約400メートルも下るんです。

富士急大月線が走っていて三つ峠駅に行ってみました。

Dscn4357

三ツ峠山、御坂峠の奥にある山ですね。

以前、御坂峠の天下茶屋でほうとうを食べたことがあります。

都留から道坂峠(トンネル)への道へと進みます。

標高差500メートル越えの峠越えです。

その道坂峠。

Dscn4374

激坂を登って下って、

道志村に戻って来ました。

Dscn4376

あとは宿に戻るだけで、コースの終点で宿泊できるのはいいですね。

 

来年のオリンピックでは自転車ロードレースの会場が道志村になっています。

Dscn4392a

 

今回のコースは「こちら

走行距離 60.4キロ

最大標高差 625メートル

獲得標高 1030メートル

最大標高 山伏トンネル 1112メートル

422

 

 

2019年4月21日 (日)

86旅3日目 奥多摩を行く

86旅 3日目です。

日曜日で特に予定は入れていなかったのですが、家にいてゴロゴロしていても兄夫婦に迷惑がられるので、自転車で走ることにしました。

行先は迷子にならないように簡単なコースで多摩川をさかのぼって奥多摩へと行くことにしました。

昨日走った多摩川サイクリングロードを上流に向けて走ります。

サイクリングロードは多摩の家から、羽村の多摩川取水堰まで20キロほど続いていて、

そのあと青梅街道で奥多摩まで行きます。

Dscn4231

Dscn4219

Dscn4229

青梅線終着駅 奥多摩駅に到着です。

帰りは同じコースで帰ります。

多くのローデーでにぎわっていた奥多摩ですが、ランドナーで走っていたのは私一人と寂しいものでした。

Dscn4224

奥多摩の渓谷美を堪能した一日でしたが、走行距離90キロほどで少し疲れました。

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー